2006年08月31日

沖縄の惨劇を繰り返さないためにはどうすればいいのか

沖縄の集団自決問題:右も左も相手を間違えてないか?の続編を書くとお約束しましたが、実はあの時点ですでに考えていたりします。ええ、もちろん例の反米一直線モードで(笑)。ところが、アップしようとして急に考えが変わりました。ちょっと勢いつけて書きますので、コメントをくれたみなさんごめんなさい。

といっても、急に親米になったりしないから安心してね。


続きを読む
posted by 非国際人 at 08:55 | Comment(9) | TrackBack(9) | 平和・国防
2006年08月30日

沖縄の集団自決問題:右も左も相手を間違えてないか?

私たちの頭の中に、しつこくこびりついているのが「日本は戦時中非常に悪いことをした」史観、つまり自虐史観ですが、次々にその虚偽が明らかにされてきています。

それは、確かに歓迎すべき事ではあります。しかし、なぜ、今この時期に真実が明らかになったりするのか、その背景を考えなければなりません。


続きを読む
posted by 非国際人 at 03:33 | Comment(4) | TrackBack(2) | 平和・国防
2006年08月26日

若者諸君、これが社会というものだ。

特に社会を知らない若い人は、両の瞼を見開いてよく観察しておいて欲しいものです。本なんて読まなくても、これが世間というものかとよくわかります。仮にも国民の代表といわれている人たちがこれからすることを注視してください。

この人たちは、表に出れば公平な競争社会がどうたらこうたらと言っていたはずです。しかし、自分たちのしている事はなんなんだろうと思います。自分たちだけ如才なく立ち回っておいて、下々の民には労苦を強いる、その事を恥とは思わないのですか。
続きを読む
posted by 非国際人 at 22:50 | Comment(9) | TrackBack(10) | がんばれ安倍ちゃん!
2006年08月24日

真剣に心配になってきませんか?

こりゃ早いうちに一時帰国して美しい日本の見納めをしないといけないという気になってきました。遅れれば遅れるほど私の美しい日本は見るも無残に破壊されてしまう。それが妄想でなく、現実になりつつあるのです。

たかがタブロイド紙の記事ですが、普通の感性を持つ人間ならこれを読んで心配にならない方がおかしいと思います。
続きを読む
posted by 非国際人 at 23:40 | Comment(7) | TrackBack(8) | がんばれ安倍ちゃん!
2006年08月23日

騙されるとはこういう事だと思う

騙されてはいけないと、私は常々書いて来ました。我々国民にとって、騙される究極の形とは、戦争に駆り出されることだと思っています。たとえどんな理由があれ、戦戈を交えてしまったらおしまいなのです。

終戦記念日からはずいぶん日が経ってしまいましたが、話題になったらしい木走日記さんのこのエントリーを読ませていただきました。読んでない人も、一読の価値がありますのでぜひ。
続きを読む
posted by 非国際人 at 08:46 | Comment(6) | TrackBack(7) | 平和・国防
2006年08月20日

あえて要領の悪い生き方を選んでみる勇気

こうして私たちは毎日のように政治ブログを書いては誰かを批判しているわけですが、実は、人を批判することほど容易いことはありません。時には、批判される側に回る勇気も必要ではと思います。

一億総評論家時代といわれて久しいです。誰もが批判されることを恐れて、常に外側から事態を眺めています。

続きを読む
posted by 非国際人 at 12:02 | Comment(2) | TrackBack(4) | 非国際人講座
2006年08月19日

加藤紘一氏の実家に放火:これは国民全体に対する挑戦である

この事件は単に影響力のある政治家を狙った、古典的かつ偶発的なテロ事件ではないような気がします。これは利権争いであり、かつその政治的効果を狙って、周到に練られた事件だと思います。

自分は左翼じゃないから大丈夫などと安心していてはいけません。ターゲットは国民全体に向けられているのです。
続きを読む
posted by 非国際人 at 05:01 | Comment(4) | TrackBack(11) | 陰謀論あるいは妄想
2006年08月16日

不毛の地に知の果実が実るとき

前回書いた、表と裏の話ですが、この両者の緊張関係が成り立つためには、表がちゃんとしていなければならないわけですが、日本ではこれが壊滅状態なわけです。それは確かに、潰されたという側面もあったわけですけど、それ以上に、自滅という感もあります。

しかし、国民の知的レベルがこのままで推移するならば、立て直すのも容易ではないでしょう。

続きを読む
posted by 非国際人 at 12:05 | Comment(2) | TrackBack(4) | 非国際人講座
2006年08月15日

闇の勢力に乗っ取られた日本

小泉政権下の5年間というものを将来の歴史家が振りかえってみるならば、それは日本史における重大な転換期であったと捉えられるに違いないと思ったりします。

それは、その場に居合せている私たちにとっては革命的にも見えます。しかし実は、日本の歴史上何度も出現したパターンのバリエーションに過ぎません。


続きを読む
posted by 非国際人 at 00:20 | Comment(6) | TrackBack(16) | 陰謀論あるいは妄想
2006年08月10日

靖国麻生私案の背後にあるもの

終戦記念日を前にして、本来政治問題になるはずではなかった靖国神社の問題が大きな争点になってきました。この背後にはアメリカ議会からの圧力があったらしいという仮説をてっくさんが立てていらっしゃいます。
Let's Blow! 毒吐き@てっく: [靖国]報道されなかった米議会決議[いわゆる戦犯]

似たようなことは私も予想していましたが、私のはあくまで山勘でしかないので、その証拠を探し出して証明しようとしているてっくさんにはただただ尊敬の一言です。
続きを読む
posted by 非国際人 at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(11) | 陰謀論あるいは妄想
2006年08月09日

麻生太郎氏の靖国私案 脱宗教国家ニッポンへの道

麻生太郎外務大臣が靖国問題について論文を発表されましたね。もうちょっと原理原則を大切にされるか方かと思いましたが、形容詞を外してみるといささか軽いなあと思ったりします。

吉田茂元首相のお孫さんにして、日本のエスタブリッシュを代表するこの人にはもうちょっと違うものを期待していたのですが・・・



続きを読む
posted by 非国際人 at 06:07 | Comment(3) | TrackBack(5) | 日本の政治
2006年08月08日

田中康夫は敗れ、長野県の冒険は終わった

田中康夫というちょっと変わったことが好きなだけの男のペテンに引っかかって、6年間という貴重な年月を無駄に費やしてしまった長野県民の皆様に、私は心より同情申し上げます。

また、それ以外の国民の皆様にも、田中康夫のような輩は相手にしないよう、十分に注意していただきたいと思うわけであります。


続きを読む
posted by 非国際人 at 06:16 | Comment(4) | TrackBack(15) | 日本の政治
2006年08月05日

八百長は亀田だけにしておけ

ボクシングの亀田選手の八百長判定疑惑に関連して語らせていただきます。八百長という社会現象は考察の対象として、なかなか興味深いものがあります。

言いたいことは、簡単です。八百長なんてどこの世界にでもあるじゃないですか。君たち想像力が足りないぞ。


続きを読む
posted by 非国際人 at 20:54 | Comment(7) | TrackBack(16) | 日本社会
2006年08月04日

田中角栄の逮捕から三十年目、日本は亡国の道を歩むのか

もう三十年も経つのですね。ずいぶん昔の話になってしまいました。しかし、まだ事実は私たちに知らされていません。

とは言え、真実はみんながすでに知っています。角栄はただの金の亡者ではありませんでした。我々凡人より、はるかに先を見ていたのです。ただ、あまりに先が見えたのでその価値が誰にもわからなかったのです。続きを読む
posted by 非国際人 at 08:33 | Comment(11) | TrackBack(3) | 日本の政治

ワーキングプアについて 城内実氏の記事を紹介します

話題になった番組だったようですが、もちろん地球の反対側に住む私は見ていません。

なので、見てきたようなコメントは差し控えたいのですが、この城内さんのブログの記事が大変よくまとまっていて、しかも切実に訴えかけるものが感じられましたので、是非ご紹介したいと思います。

続きを読む
posted by 非国際人 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(3) | 経済問題

歴史と伝統の継承 その重要性を論ず

前のエントリーで私が言いたかったことは、英語を話す以前にちゃんとしたものの考え方をマスターすることが大切だということでした。

つまり、よく言われるように、英語を習う前にまず日本語を習得せよということです。


続きを読む
posted by 非国際人 at 05:18 | Comment(2) | TrackBack(12) | 非国際人講座
2006年08月03日

英語で何を話すか、それが問題なのだ

英語ができさえすれば国際人だ。私が非国際人という言葉を発明したのは、こういう風潮に対する反発の気持ちがありました。

外国語なんて、極端な話専門家に任せておけばいいのです。言葉は手段であり、目的ではないのです。かつて非常に英語の堪能な総理大臣がおられましたが、その英語の技能と政治能力とは全く関係がなさそうに思えました。続きを読む
posted by 非国際人 at 06:12 | Comment(10) | TrackBack(7) | 非国際人講座
2006年08月02日

韓国カルト教祖、女性信者十数人が被害

被害者はほとんど成績優秀な女子大生なんですね。サークル活動を装って勧誘って、二十年前から全く変わっていませんね。

気の毒なのは彼女たちが人生に対していい加減でいられないが故に、逆に社会の悪に対する免疫がないからカルトの餌食になってしまうことです。

加筆訂正しました。


続きを読む
posted by 非国際人 at 08:29 | Comment(2) | TrackBack(5) | 中国・韓国・北朝鮮

プール監視は「丸投げ」

呆れました。これはひどいっすね・・・

誰が悪いっていうか、関係者全員悪い。
でも本当は、目を離した親が一番悪いと言ったら厳しすぎ?



続きを読む
posted by 非国際人 at 08:21 | Comment(2) | TrackBack(14) | 日本社会

今、日本に「非国際人」の登場を願う

昨日予告いたしましたように、これからこのブログのタイトルの通り「非国際人」を養成するプログラムを始めてみたいと思います。ええ、相変わらずの見きり発車です(苦笑)

まあ本当はそんな変な名前じゃなくて、もう少しスマートなネーミングにしたいと思っているんですが・・・とりあえず行ってみましょう♪
続きを読む
posted by 非国際人 at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記その他

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。