2005年12月02日

過剰な狂騒の裏側にあるもの



強度偽装問題。もちろんこれ自体とんでもない事件だと思うのだが、私が素直でないせいか、妙に勘繰ってしまうのだ。つまりこのように、誰も反論できないような明らかな正義を振りかざしてマスコミが一斉に騒ぎだす時は、陰で何か仕組まれているのではないかと思ってしまうのだ。

つまり、西村真悟議員逮捕についてのエントリーでも似たようなことを書いたのだが、こういう不正は程度の問題はあれみんなやっていることだろう。特に建築なんて分野は多少手を抜いたって、素人が一目でわかるわけないんだし。

で、昔からゼネコンはそうやって浮いたお金をプールして政治献金の原資にしてきたはずだ。だから、それをわざわざ問題にするということは当然特定のつながりのある政治家をターゲットにしているはずだ。これが可能性のその1。

私が疑うのには理由があって、行政の対応が早過ぎるのだ。しかも、気前がいい。得意の「自己責任」はどこへ行ったのだ。つまり、既に用意されていたシナリオに沿って動いているとしか考えられない。


ちなみに私は小泉政権のやることなすことはすべてペテンであるという前提でモノを考えるようにしている。物事が発生するタイミングは地震とか台風でもない限り、すべてが調整可能である。しかも今回の所轄官庁は公明党大臣のいる国土交通省だ。その気になればなんだってできるはずだ。


単なる特定の政治家を狙ったスキャンダルであれば、まだいい。国民保護に名を借りてゼネコン業界に圧力をかけているのかもしれない。何しろこの業界は伝統的に旧橋本派の資金源であったのだから。しかし、これからはそうは行かないということだ。

おそらく武部幹事長の心配するような、業界全体への波及などないであろう。木村建設も突然倒産してしまったし、今問題になっている姉歯氏周辺の範囲で追及はぴたっと止まるはずだ。しかし業界はさぞかし震え上がったであろう。もう政権の意向に背くことなどできまい。

言葉は悪いが、これは政府による業界全体への脅しではないのか。これが可能性その2。


しかし私は、それ以上の意図があるのではと妄想をたくましくしている。

ちょうど並行して、皇室典範の改正へ向けた作業が着々と進んでいるが、これなどかなり怪しいと思えないだろうか?私はこの事件は、皇室改革に国民の目が向けられないように、タイミングを見計らって仕組まれたもののように思えてならない。

もっとも通常国会が始まるまでにはまだ日数があるので、幾らなんでもこの問題でそこまで引っ張るのは苦しいと思われるか。

しかし、考えてみて欲しい。有識者会議の結論が提出されて、国民の関心が高まると思われた時期は、既にマスコミは強度偽装で盛り上がっていたはずだ。何しろ高い代金を支払ってやっとの思いで手に入れたマンションが、いつ倒壊してもおかしくないと言われたら、心配でないはずがない。

また、12月になってしまえば忘年会やらクリスマスやら正月休みやらで政治のニュースなんて気にしている時間もそれほどないであろう。15日を過ぎればテレビもバカ番組一色になるだろう。そして正月が明ければ、あっという間に通常国会だ。

つまり、撹乱効果は十分にあったのだ。

上記のような心配は、すごく大げさに思われるかもしれない。しかし、小泉は本気である。皇室開闢以来二千六百年間、日本で誰も成し遂げなかった革命を起こそうとしているのである。手持ちの駒は何だって使うに違いない。

ここで、年が明けてからまた別の事件でも起きてみろ。そうして大多数の国民の目を逸らしてしまえば、どれだけ憂国の士が頑張っても風向きを変えることなどできはしまい。国会はすでに無風状態である。国民の関心がなければ、国会などあっという間に通過してしまう。


強度偽装問題は『小泉』構造改革の問題点として、小泉批判者には便利に取り扱われているようだ。しかし今や、小泉構造改革の本丸は皇室改革であることを我々は忘れてはいけない。

私は武部幹事長の「これ以上騒ぐな」という発言を非常に怪しく思っている。あの時点でそう言えば火に油を注ぐ結果になることは子供だってわかりそうなものだからだ。彼の真意は煽りにあったに違いない。もっと騒いで、女系天皇の是非をめぐる議論などかき消してしまいたかったに違いない。

メディアは「女性」天皇と「女系」天皇とをあたかも故意に混同しているように思う。その上で、「天皇を男性に限るのは男女平等の精神に逆行する」などと畳みかけれれたら、少なからぬ国民は改定案に賛成してしまうに違いない。

それに加えてその騒ぎである。これで国民の良識がどこまで発揮されるのであろうか。


banner_04.gif
よろしければご協力お願いします。
この記事へのコメント
始めまして、日本で暮らしていると見えづらい問題をざっくり斬る切り口に目からウロコをぼたぼた落としてます。
マスゴミが騒ぐときは何か裏がある、という気持ちで見張ってますが、そのウラがまさか皇室崩壊条例(の可能性がある)とは。

実は私、いわゆる小泉信者で、前の選挙もその前も徹底的に応援していました。
マンセーばっかりしてるのも気味が悪いと思ってましたので、こちらのブログを見つけてよかったです(笑)
今も基本的には支持してますが、皇室崩壊条例だけは絶対に許さない。(人権擁護某は論外)

>メディアは「女性」天皇と「女系」天皇とをあたかも故意に混同しているように思う。その上で、「天皇を男性に限るのは男女平等の精神に逆行する」などと畳みかけれれたら、少なからぬ国民は改定案に賛成してしまうに違いない。

これが心配の元凶です。
エチオピア帝国も崩壊した今、現存する世界最古の歴史を持つ皇室はできる限りお守りしたいです。
私は、皇室の中の人たちが話し合って決めて頂ければそれで十分ですが、首相は何をとち狂ったことをしてくれますかね。。。
長々と失礼しました。これからも更新を楽しみにしてます!
Posted by 一筆書き at 2005年12月02日 19:29
あのオヤジが何かやらかすだけで、世間・メディアも勝手に怒り狂ってくれますしね。
武部は「小泉の偉大なるイエスマン」ですから、矛先を自分に向けるためにそれを自覚してやってるのかも知れません。
これは武部に好意的な解釈。

実はそうですらなく、武部がバカだから、愚民共・アホメディアの怒りの矛先として使うに申し分ないからやらせているか。

いずれにしろ、私も工作ではないかと疑うところがあります。
Posted by 諸行無常 at 2005年12月02日 23:06
TBありがとうございます。皇室典範に限らず、ずいぶん色んなものが隠されていますよね。
私は天皇制には反対ですが、しかし、憲法改正には天皇自身、内心反対なんじゃないですかねえ。いまの象徴天皇が、なんにも責任が無くて、本人にとっては一番オイシイんじゃないでしょうか。まあ、ご本人に聞いてみないとわかりませんが。
Posted by 明月 at 2005年12月02日 23:11
>一筆書きさま
コメントありがとうございます。
皇室典範問題は一つの例なんですが、どうも騒ぎの盛り上がり方がバカに不自然な気がして記事を書いてみました。この件についての首相の意地の張り方がどうも異常なもので。
もちろんそれが、人権なんたら法や、共謀罪であってもいいんですけどね・・・。大体こういう騒ぎは為にするもの、マッチポンプである可能性が非常に高いと思います。何か適当な手を打って幕引きにしてしまう可能性が高いかと。で、本命は藪の中・・・
心配なのはどさくさ紛れに法律を通してしまうことです。特に、マスコミまでぐるだと可決するまで報道されない可能性だってありますから。いざとなったらやりそうで怖いです。
Posted by 非国際人 at 2005年12月03日 02:13
>諸行無常様
どうもです。いろいろありましたが変わらずご活躍で嬉しく存じます。
武部さんは、あれっすね・・・小泉劇場にはまさにうってつけのキャラクターではないかと思います。陽動作戦担当ですな(困)、っていうか、前総理もそういうキャラクターだし、杉村某とか・・・んなのばっかりかい!って感じですか?
もしかして、国民舐めてますよね?
Posted by 非国際人 at 2005年12月03日 02:21
>明月さま
コメントありがとうございます。
いや実は、この記事のアイデアそのものは貴殿の記事をヒントにいたしました。結論が似ても似つかぬものになってしまいましたが。
でも多分もっともありそうな線は、ご高察された通り、業界秩序を揺さぶることで、外資の参入のための地ならしをすることかな、と考えています。バカに対応が早いので絶対に落としどころは決めてあると思います。
西村議員の逮捕の話題もそうですが、なんでこのタイミングで事件が起こるのだろう。偶然にしてはできすぎると感じています。
Posted by 非国際人 at 2005年12月03日 02:34
 
朝日新聞が認める 「 強制連行は無かった 」
http://nikaidou.com/column02.html
 
Posted by zyx at 2005年12月03日 18:14
北側大臣は勿論のこと、ヒューザーの小嶋も姉歯も、みーんな創価がらみですね。
北側大臣のあわてぶりといったら・・
Posted by boro at 2005年12月06日 01:52
この一件の裏側には独裁色を強める官邸と、学会との暗闘があるような気がします。またまた憶測ですが(笑)
Posted by 非国際人 at 2005年12月06日 20:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

尊重や尊敬といった概念の欠如(皇室典範改正問題)
Excerpt: 皇室典範改正問題、女系天皇制については、これまでにもたくさん記事を書いてきましたが、いろんな方々の女系天皇制賛成意見を見てみると、「象徴天皇制だから男系でも女系でも大差ない。」「どっちでもいい。今は、..
Weblog: 小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
Tracked: 2005-12-02 06:31

ついに、皇室典範改正準備室が設置された。
Excerpt: 本日、内閣官房に「皇室典範改正準備室」が設置されました。女性及び女系天皇を容認し、皇位継承は第一子を優先するとした「皇室典範に関する有識者会議」の最終報告書を踏まえて、来年の通常国会に間に合うように、..
Weblog: やまぶし萬力発電
Tracked: 2005-12-02 06:56

皇統はどう議論されるべきか
Excerpt: 朝日新聞の世論調査によると、女系天皇を認めるという人の割合が71%に上ったという。世論に任せればこんなものだ。国民統合の象徴である天皇の問題だから国民を巻き込んでの議論を、という意見はもっともらしい..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-12-02 07:40

永遠に普請中な日本
Excerpt: 森鴎外の小説に「普請中」という短編がある。1910年に発表され、日本の近代化=西洋化を論ずる標語として語られてきたというが、周囲を見回すと、1世紀近く経った今も日本は「普請中」であるのに呆然とする。
Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
Tracked: 2005-12-02 08:45

第21号 真の右翼はこうして排除される
Excerpt: 西村衆院議員が11月28日をもって逮捕されると言う情報が流れているが、捜査が拙速に過ぎると言う事に疑念を抱かざるを得ない。真の右翼とも呼べる氏が何故排斥されるのかを論じた。
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2005-12-02 09:37

田原総一朗氏の天皇陛下に対する暴言!
Excerpt: 11月26日(土)1:20〜4:20に放送された、『朝まで生テレビ』(テレビ朝日)において、司会の田原総一朗氏が信じられない暴言をおっしゃられました。 ※田原氏の経歴に??
Weblog: 新・へっぽこ時事放談
Tracked: 2005-12-02 10:49

へっぶしん:小泉首相、日本国民は怖くてマンションを買えなくなりました
Excerpt: へっぶしんのニュースや日記です。  姉歯一級建築士の耐震構造設計書偽造問題の昨夜からテレビのニュース報道では、方針を転換させたのか、姉歯一級建築士への個人攻撃に変わっているように見受けられます。発注..
Weblog: へっぶしんのニュースや日記
Tracked: 2005-12-02 13:08

第24号 皇室典範改悪問題とチベット仏教
Excerpt: 皇統断絶により、我が国は精神的な支柱を失うと言っても過言ではない。これは、ある国と同じ事をしているのである。そう、チベットに対して弾圧を繰り返す支那である。
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2005-12-02 13:13

「皇室典範改悪」の背景
Excerpt: 皇室典範改正の危機に瀕して、「国家解体に使命感」を燃やす左翼勢力と、それを許してなるものかという愛国勢力のぶつかり合いが、ここにきて激しくなっている。この皇室典範の改正は、「皇室制度」の崩壊を意味する..
Weblog: たいげろの日記
Tracked: 2005-12-02 17:44

有識者会議の非常に疑問のある結論
Excerpt: 皇室に対して何の知識も持たず、敬意も払わない、小泉の指摘諮問機関の出した回答は、やはり皇室の歴史を認めない回答であった。最悪の回答は今後の日本をどう変えるのだろうか。
Weblog: 三輪のレッドアラート!
Tracked: 2005-12-02 21:22

全国・各省庁に広がる構造書偽造問題の余波
Excerpt: ■事の発端 耐震計算、偽造認める 建築士「仕事増やしたくて」 ■制度上の歪み 構造計算書偽造問題における業界の歪に対する認識について
Weblog: 九十九研究所@企業コレクション〜じゅげむ本店
Tracked: 2005-12-02 23:39

皇室典範改正準備室を設置
Excerpt:  政府は一日、皇室典範改正案の次期通常国会提出に向け、「皇室典範改正準備室」(室長・柴田雅人内閣総務官)を内閣官房に設置した。十五人態勢で準備を進める。 安倍晋三官房長官は同日の記者会見で「通常国会提..
Weblog: 浮世
Tracked: 2005-12-03 11:22

「皇室典範を考える集い」に行ってきた。
Excerpt: 「皇室典範を考える集い−「有識者会議」の見識を問う−」 11月30日(水)場所は、虎ノ門の駅から5分、ニッショーホール(日本消防会館)が会場、この会場の直ぐ隣の道は、仕事で通るので直ぐに分かった..
Weblog: 憂国、喝!
Tracked: 2005-12-04 15:00

建築認可役人の性善説?に思う
Excerpt:  マンション耐震計算偽装問題は、各地に広がる。建築士、設計監修コンサルタント、認可お役所、施工建築会社、施工主どれも自分は誠実にやったが、他の部門が偽装をしていてはわからないという。  挙句の果てに..
Weblog: やぶにらみトーク
Tracked: 2005-12-04 16:35

マンション購入も不動産投資の一種
Excerpt: あらかじめ断っておきますが、マンションの住人に全ての責任があるとは思っていません(間違って最初「います」と書いてしまいました^^;)。 このことについて触れるのは、嫌だったのですが、そうも言ってられ..
Weblog: 兄やんの一言モノ申す
Tracked: 2005-12-06 18:29

「谷垣財務相・中国女性買春疑惑」でさらに霞む「皇室典範改正」と<共謀罪>
Excerpt: 以下、ZAKZAKより該当記事を引用。谷垣財務相文春を告訴へ…中国人女性“買春”報道  1日発売の週刊文春(12月8日号)は、告発スクープとして「谷垣禎一財務大臣 中国人女性『
Weblog: いいげるブログ
Tracked: 2005-12-07 00:31

石綿&耐震偽造一粒で二度美味しい仮説
Excerpt: 今年、アスベスト(石綿)による中飛腫と耐震偽造設計が発覚したのは、単なる偶然なのか? どちらも住み続けると危険、建て替えを迫る事件だが、いずれにしても建設業界は潤うのだ。
Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
Tracked: 2005-12-08 08:38

■耐震強度偽装問題 森派にヒューザー200万円ERI100万円 公明党とも緊密
Excerpt: 耐震強度偽装問題で政府が6日まとめた当面の支援策  政府は6日、マンションなどの耐震強度偽装問題に関する関係閣僚会合を首相官邸で開き、耐震強度が偽装された分譲マンションの解体支援や入居者の移転支援策..
Weblog: 読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)
Tracked: 2005-12-08 18:03

■[耐震強度偽装]日本ERI 建築確認を申請する建設会社がオーナー??トホホ、、
Excerpt: 12月8日付・読売社説 [耐震強度偽装]「全容解明し再発防止策を講ぜよ」  耐震強度の偽装事件は、ますます深刻化し、その影響が広がっている。  姉歯秀次・1級建築士による構造計算書の偽造が判明した建..
Weblog: 読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)
Tracked: 2005-12-10 15:36

皇室典範に関する有識者会議報告書一
Excerpt: 大日本帝國憲法第一條 大日本帝國ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス第三條 天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス第十一條 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス日本国憲法第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2005-12-10 20:16

フリースクールで不登校をごまかすな
Excerpt: 政策の失敗をごまかすための暴挙を止めよう。 先進諸国で不登校を放置したままなのは
Weblog: 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
Tracked: 2005-12-24 01:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。