2005年12月14日

誤発注問題 どう強がってもカモはカモ



一応充電中(笑)なんですが、気になったのでコメントしたくなりました。私の発想は、いつもと同じパターンです。つまり、何でもかんでも新聞発表を鵜呑みにせず、疑ってみることです。そう、こんなことでも、やっぱり疑ってみます。

ていうか、本当は疑うつもりはなかったのですよ。ところが、さるところを読んだら、これはまた危うく騙される所だったのだと、気付いたわけです。本人が遠まわしに、言葉を選んで書いているようなので、リンクはしません(笑)

要するに、あの魔の16分間の出来事は、事故ということにして、チャラにできるらしい。胴元と言うのは、そのくらいの権限は持っているのだそうです。確かに言われてみれば、100%自己責任と言うのも、あまりに酷い話です。一つ間違えたら会社一つくらい軽く潰れてしまいます。


みずほ証券なんて名前、聞いたこともない人も多いかもしれませんが、そんなに小さいな証券会社ではありません。もしこれがつぶれるようなことがあったら、社会的にはエライことになります。

マスコミはどこか会社が潰れたからと言っても、社員一人一人の悲惨な末路を一々追ったりはしません。しかし、それは想像してあげなければいけません。また、その煽りでいつ何時、私たちの生活に影響を及ぼさないとも限らないのです。

構造改革で、危機管理の一つもできないダメな会社がまた一つ淘汰されたといって喜んでいる場合でないのです。人事では決してないのです。


話を戻します。そういう特例措置ができることを知りながら、当局がそれをしなかったのは、やはり、ある種の政治的配慮が働いたに違いないと、考えることができます。一番荒稼ぎしたのは、外資だしね。与謝野大臣が、荒稼ぎした証券会社を批判したという記事があったけど、政府はその前になすべきことがあったのです。彼らは幾ら批判されたって、一度もらったお金は決して返しません。

それにしても今回も、またマスコミに叩かれやすい役者が揃ってますね。みずほに、東証に、富士通。そして担当はなぜか竹中さんでなく、たまたま与謝野さん。

うーん、ワンダフルじゃないっすか。

でも忘れて欲しくないのは、大きな目で見たら、またまた巨額のお金が日本から外国に行ってしまうということです。実際に払うのはみずほ・東証・富士通でも、そこで払った分のつけは何らかの形で私たちに回ってくるのです。

だから、みずほや富士通を責めて、日本人同士でケンカしている場合じゃないんです。たかだか16分の隙をついて、大金掻っ攫ってしまう、礼儀知らずな人たちに対して、私たちの財産をいかに守るかということを考えなければなりません。

私たちは公平なルールに従いました。でも丸裸にされましたでは、話にならないのです。

banner_04.gif
こりゃ他人事ではないと思った人
この記事へのコメント
こんばんは。
充電中にご苦労様です。(笑)
私も調べているうちに非国際人さんと似たような結論になりました。
16分の間に完全にやられましたね・・・。
法律と現在の企業モラルの「正論」にやられてしまった気がします・・・。
他人事ではありません・・・。(汗)
Posted by 田舎の神主 at 2005年12月14日 22:48
本来、このような事故を想定して、システム上も、規約上も、安全措置がなされてしかるべきだったのですがね。
Posted by takeyan at 2005年12月14日 23:12
>田舎の神主さま
次回エントリーの結論とも関連するのですが、情報もない、無防備な庶民はホントなすすべがないのですよね。新自由主義の欺瞞を見たような気がします。

>takeyanさま
それもこれも、システムの変化があまりに急速で、管理する方のおつむがついて行っていないという現実があるような気がします。
無批判にグローバルスタンダードを取り入れる、なんてことをしていれば、同じようなことは又必ず起こると思います。
Posted by 非国際人 at 2005年12月15日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10638794

TBS騒動にみる世界の「現実」- ?? 〜シドニーの人脈主義〜
Excerpt:  1934年の春にサム・サックスが逝くと、ゴールドマン・サックスは受難の時代の経営者をゴールドマン家やサックス家から出すのをやめ、シドニー・ワインバーグに据える。ヘンリー・ゴールドマンもサム・サックス..
Weblog: 株式生活者は石油予測の夢を見るか
Tracked: 2005-12-14 11:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。