2005年12月23日

再掲 あなたは煽られているだけなのだ



大変申し訳ないことに、いろいろコメントとか、トラバとかいただいているのですが、まったく対応できていません。もう少しお待ちください。

ところでその代わりと言ってはなんですが、自分が昔書いた記事を載せたいと思います。たいていの場合、古いのは酷く恥ずかしいしろものばかりなのですが、珍しく今読んでも心に響く記事です(って自分で言うなよ)


2005年09月04日

あなたは煽られているだけなのだ


実は私も、3年くらい前までは、日本もアメリカのような競争社会を目指さなければ国際社会では生き残れないと本気で考えていた(笑)

でも今考えてみたら、バカだった。
自由競争は、10人の参加者を少数の勝ち組と大多数の負け組に分けてしまう残酷な制度である。その割合は1:99かもしれない。要はほとんど負けてしまう。しかも、負け組の存在を正当化してしまうと言う恐ろしいイデオロギーでもある。

しかしそれだけではないのだ。ここが大事な点。

競争なんかしなくても、はじめから勝ち組になることが約束されている層が存在するのだ。

実は、特定郵便局の局長と言うのは、それである。だから槍玉に挙げられるのだ。しかし特定郵便局長の問題なんて、全体の不公平から見たら、鼻くそのようなものだ。まず郵政問題を片付けなければならないと本気で思っている人は、だまされている。そういうのを「木を見て森を見ず」というのだ。

本気で自由競争の原理を導入しようと思うのなら、まず最初に小泉が政治家を辞めるべきである。なぜなら、彼は単に親が政治家であるというだけで人より何倍も有利なスタートを切っているのだから。

それから累進課税と相続税の仕組みは絶対に守ること。はじめから勝ち組になることを約束されている者が生まれる余地をできる限り排除することだ。

でもそんな気はさらさらなさそうだ。

つまり、貧乏人同士を競争させて、エスタブリッシュ層はシード校制度のように、あるレベルまでは競争しなくても許されるのだ。機会の平等なんかない。始めから持てるものに有利な制度なのである。


私たちは、もう競争なんかには疲れ果てている、それが本音だ。無理やりクスリを飲んで空元気を振り絞っているのが実態だ。

これから更に激しい競争社会に突入したら、私たちはどうなってしまうのだろう。日本人の大半は狂い死にするのかもしれない。多くのブラジル人のように、サッカーとサンバで憂さを晴らすだけになってしまうのだろう。ブラジルは、実は大変厳しい競争社会だ。私たちのイメージするような、陽気なブラジル人、あれは、実は競争から降りてしまった人たちなのだ。だから、本当のブラジルを伝えていない。

そして、日本もブラジルと同じように、国際資本が民族資本を押しのけて君臨することになるのだろう。自由競争の結果として。だから誰も文句は言えない。日本の中途半端な勝ち組は、そのために利用されているだけなのである。完全に自由競争が実現したら、決勝戦で外資に負けることになっている。シナリオはもう出来上がっているのだ。

そのことがわかっていて自由競争の旗を振っているのなら、とんだお人よしだ。


banner_04.gif
引き続きご協力いただければ励みになります。
この記事へのコメント
非国際人さん、こんにちは。
大晦日、インターネット喫茶に潜り込んでコメントを書いている喜八です。

> 本気で自由競争の原理を導入しようと思うのなら、まず最初に小泉が政治家を辞めるべきである。なぜなら、彼は単に親が政治家であるというだけで人より何倍も有利なスタートを切っているのだから。

まさにその通りです。
しかしながら「政界」を眺め渡すと世襲議員ばかりがデカイ顔をしています。
いわゆる「麻垣康三」などは全員が世襲議員!
「麻」氏などはなんと大久保利通を高祖父にもつ五世議員だそうです。

こういう人たちにとって新自由主義の世の中とは「天国」みたいなものに思えるのでしょうね(笑)。

ちなみに世襲議員サンたちは真に実力のある政治家を嫌う傾向が強いようです。
野中広務・亀井静香・鈴木宗男・辻元清美の各氏は明らかに「冷や飯」を食わされています。皆さん、それぞれ徒手空拳から自ら道を切り開いたホンモノの実力者、と私の目には映るのですが・・・。

それでは非国際人さん、よいお年を!
Posted by 喜八 at 2005年12月31日 14:11
喜八さん。長いことほったらかしにしてしまいましてすみませんでした。
ってよく読んだらなんで大晦日にネット喫茶?

世襲議員はいけませんよねえ。社会の風通しが悪くなりますからね。世襲でいいのは天皇一家だけで十分です。
もっと、なり上がり(@谷沢の永ちゃん)の精神を大切にする日本社会であって欲しいと思います。そうでないと、生まれたときからその人の一生の運命が決まってしまうような社会になってしまいます。それではいけません。
実はこの下に一個おかしなレスがついていたので削除したのですが、こういう、強いものに媚びるスネオみたいな存在が一番いけません。こういう行為を、「機を見るに敏」だと勘違いしている輩がいるからいつまで経っても世の中がよくならないのだと思います。
そのためにも、このおかしなネオ門閥主義は排除しなければと思います。
Posted by 非国際人 at 2006年01月09日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10972278

R. 25 de Marco
Excerpt: R. 25 de Marco ブラジルのサンパウロに行きました。 R. 25 de Marcoへ行きました。 マルソー25番通りというのでしょう。 ここは問屋街です。 今はちょうど、..
Weblog: 軽く背中を押してほしいあなたへ
Tracked: 2005-12-23 21:22

たろうは考える!
Excerpt: たろうは考えている!らしい。 証拠があります。証拠はですなぁ、ご本人のオフィシャルサイトでゆってますからぁ。 太郎は考える(麻生太郎事務所)→http://www.aso-taro.jp/kaman..
Weblog: ブンゴーの日記 人生はすばらしい in Greece !
Tracked: 2005-12-28 08:37

ブログ納めはさよならの歌で
Excerpt: 10月18日の開設以来、実に多くの方々が当ブログを来訪され、また、 少なくない数のブロガーがトラックバック、コメントをお寄せくださいました。 厚く御礼申し上げます。因みに、2005年輝け!「BLO..
Weblog: BLOG BLUES
Tracked: 2005-12-28 20:10

2005年を振り返る
Excerpt: 2005年もあと2日もなくなってしまいました。 このブログを書き始めたのは、20
Weblog: そぞろ日記
Tracked: 2005-12-30 16:41

経済を成長させる 年金改革第三の道
Excerpt: 年金問題は、負担の増加、給付の減少という自民党の「改革」、消費税により国民負担の増加とい民主党の改革案が出されているが、いずれも経済には負の影響をもたらし、しかも雇用形態の変化や少子化などを考慮すれば..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-01-01 16:21

天皇問題??
Excerpt: 初詣のはしごをしてきた。どこも凄い人手だった。絶えることなく続く人、人、人…。数百人は、当たり前のように並んでいた。 やはり日本人は、神道の信徒なのだなあと改めて実感。日本神道は、拘束性が非常に薄い..
Weblog: 時事問題ショートコメント!
Tracked: 2006-01-01 19:08

■世界平和、一般庶民の願いでは厄除け 新年も平和・自由・民主主義を語ってみよう。
Excerpt: 2006年1月  年末年始、日頃の無精がたたり、あれこれと(重要な?)雑事に追われ更新ができませんでした。  まずは、昨年ご縁があり、お世話になった皆様に謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 「イ..
Weblog: 平和・自由・民主主義とインターネット
Tracked: 2006-01-03 16:53

■人口減少時代は消費税引き上げ?庶民の生活に配慮なし?読売路線の変更なし?
Excerpt: 1月1日付・読売社説(前半)  「人口減少時代へ国家的対応を 市場原理主義への歯止めも必要だ(前半)」   (抜粋)現行の社会保障制度は、「ピラミッド型」の人口構成を前提として設計された。人口構成はす..
Weblog: 読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)
Tracked: 2006-01-03 18:27

「若年層小泉支持」の背後にある新自由主義への幻想?(4)
Excerpt:  「何故、エリートでも勝ち組でもない若者たちが、小泉自民党を支持したか?」  騙されたからである。  何故、むざむざ騙され、「新自由主義(=市場原理主義)の推進」という自分にとって不利益になるような選..
Weblog: 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
Tracked: 2006-01-03 23:53

「若年層小泉支持」の背後にある新自由主義への幻想?(5)
Excerpt:  前回(第4回)からの続きである。  何故、エリートでも勝ち組でもない多くの若者たちが、小泉自民党を支持したか? まんまと騙されて、小泉構造改革(=新自由主義、市場原理主義)という、実は自分たちの不利..
Weblog: 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
Tracked: 2006-01-04 00:20

日本経済10%成長論
Excerpt:      早雲党の公約を発表致します。 現在のわが国にとっての最も差し迫って重大な課題は、膨大な政府負債の累積で破綻しきっている国家財政を、国民に負担をかけることなしに再建し、経済を不況・停滞の状況..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-01-04 21:31

国際人 アジア人
Excerpt:  今日ロンドンから携帯に電話がありました。日本歴13年の上海人である親友からの新年の挨拶でした。彼は私が中国語をはじめたきっかけを作ってくれた恩人です。もちろん日本語はぺらぺら。今は更にステップアップ..
Weblog: 中華 状元への道
Tracked: 2006-01-04 22:08

911テロの重大疑惑 1
Excerpt:  今週号の小学館、週刊ポスト誌にも、アメリカの911同時多発テロへの、重大疑惑が載ってた。一つにはツインビルへの攻撃機が、窓のない、民間航空機ではないものだったというものであり、機体に筒状の特殊装置も..
Weblog: 時事問題ショートコメント!
Tracked: 2006-01-05 03:01

朝日の落日
Excerpt: 朝日の社説のリンクです 朝日新聞社説2006年01月05日(木曜日)付  朝日新聞の社説の迷走ぶりは、当ブログや他のブログでも多く取り上げられてきたが、もう終わった感が大きくなりました。勘違い男と..
Weblog: ラッキーゲラン憂国日記
Tracked: 2006-01-05 19:01

小選挙区化するマスコミ、うっとうしい「功名が辻」
Excerpt: テレビで放映されている連続ドラマの人気が落ちているそうです。そう言えば、我が家でも全く観なくなりました。今何をやっているのかも知りません。年齢のせいかと思ったのですが(それもあるかもしれませんが・・笑..
Weblog: Make Your Peace
Tracked: 2006-01-09 22:25

「大変な世の中」とはいうけれど・・・
Excerpt: 「最近、物騒な世の中になったなぁ」 「いろんな事件があって、なんか、すごい不安やなぁ」 「世界各地で紛争とかあって、いやな世界になったなぁ」 ここ数年、社会は悪い方向に変わってしまったんじゃない..
Weblog: Make Your Peace
Tracked: 2006-01-15 18:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。