2006年02月21日

ご紹介 こういうニュースもあります。



<ホロコースト否定>英の歴史家に禁固刑 ウィーン裁判所

 ウィーンの裁判所は20日、ナチス・ドイツによるホロコーストを否定した英国の歴史家、デービッド・アービング被告(67)に対し禁固3年の有罪判決を下した。同被告は自分の主張に誤りがあったことを認め、考えを変えたとして、情状酌量を求めた。しかし裁判官は「被告の謝罪は心からのものではない」と判断した。
(毎日新聞) - 2月21日20時45分更新

いやーびっくりした。

びっくりしたので予定を変更して仕事中に記事を書いています(笑)


ちなみにこのニュースは、ブラジルのニュースサイトで見つけたのですが、AP電だそうなので英語でもどこかで報じられていることでしょう。日本は今のところ毎日だけ。

どういうことかというとこのおっさん、毒ガスによるナチスのユダヤ人大量虐殺はなかったと主張していたようです。

ところがそれが、ヒトラーの生まれた国オーストラリアでは法律に触れる犯罪なのです。つまりこの国では、ホロコーストを軽視したり、否定したり、正当化したりしてはいけないのです。求刑は禁固10年だったらしいです。


聞くところによると、世界中で今密かに、ナチスの犯罪が本当にあったのか研究が進んでいるらしいのです。有名なアンネの日記は捏造であったと言う説もあります。南京大虐殺が実在したか否かで今も論争が続いていますが、これと同じことがドイツの戦争犯罪についても行われているんのです。

でもそれは、世界中のメディアを牛耳っているユダヤ人の手によって報道されないのです。かつてこの問題に手を出した文芸春秋社では、雑誌が一つ潰れました。ですから、実質的にアメリカ=ユダヤ資本の支配下にある日本ではこの話に深入りすることはできません。


でも私たちは、事実を正しく知る権利があります。日本軍による真珠湾急襲がルーズベルトによる謀略だったように、ナチスの戦争犯罪も作られたものだったという説が密かに、世界中の知識人の間で信じられているのです。

もしそれが本当なら、人類史上とんでもないスキャンダルです。しかし今、それをしたのと同じ連中が中東で戦争をしかけようとしているのです。そして少なくてもそれが終わるまでは、ナチスの犯罪を否定するものは決して許すわけにはいかないのです。

そしてせっせと、日本からは資金が貢がれるのでしょう。すべて想定の範囲内です。

banner_04.gif
彼らを決して甘く見てはいけないのです。


《追記》
といいつつ産経がもっと早く記事を上げてました。(汗)

ナチス大虐殺否定 英歴史家に禁固刑 オーストリアの裁判所
 【ロンドン=蔭山実】ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を否定したとして、オーストリアの裁判所は二十日、英国人の歴史家、デービッド・アービング被告(68)に禁固三年の判決を言い渡した。
 オーストリアやドイツでは、ホロコースト否定は法律で禁じられている。イスラム教の預言者、ムハンマドの風刺漫画をめぐる騒動が続く中、今回の判決は言論の自由をめぐる議論に一石を投じそうだ。
 BBCテレビなどによると、アービング被告は極右の歴史家としてこれまでも物議をかもし、一九八九年にオーストリアでの講演などで「ガス室は存在しなかった」などとホロコーストの事実を否定。昨年十一月にアービング被告がオーストリアを訪れたところ、同国当局が逮捕した。
 アービング被告は二十日の公判で、ホロコースト否定は誤りだと気づいたと弁明したものの、裁判所は「現在もホロコースト否定論者」としてその場で判決を言い渡した。
(産経新聞) - 2月21日16時21分更新

やる気のない毎日と違ってずいぶん気合を感じますが。

しかし、「言論の自由をめぐる議論に一石を投じ」と言うのが良くわかりません。もしかしたら、風刺画騒動に懲りて言論の自由に一定の枠を嵌めたとでも言いたいのでしょうか。

それなら結果論で、イスラムはバカにし放題だが、ナチスの擁護はダメよと、エスタブリッシュには実に都合のいい結論になってしまいます。


逆でしょ?

イスラムは信仰の話であり、ナチスは人間の所業です。ナチスの犯罪は科学的に検証されるべきものであって、宗教的教義ではありません。

しかし、ここではナチスはアプリオリに悪であり、それに対していかなる立場からの批判も許さないのです。マホメットはおちょくっても良いが、ナチスはたとえお天道様が西から昇ろうが悪いのです。


今回の一連の経過は、欧州を束ねるイデオロギーが「反イスラム」かつ「反ナチ」であることを明確にしたと言えましょう。そしてこの二つのイデオロギーを推進して、得をする勢力がいると言うことです。

あまりにわかりやすい結論ではないですか。(了)
この記事へのコメント
反ナチス法の国外適用の新たな例ですね。
実は2000年に、オーストラリア人が有罪判決を受けております。
1例目から6年経っておりますので、ホロコースト否定論者の言葉狩りを次々に進めていこうと言う腹なのでしょう。

アメリカでも「実名なしで相手を不快にしたら有罪」と言う無茶苦茶な法律が成立しましたし、Web上における言論弾圧が着々と進んでいます。
Posted by 諸行無常 at 2006年02月21日 23:15
戦後まもなくの間はホロコーストは騒がれていなかったようですが、ある時期から急に騒ぎが大きくなり、結果としてユダヤ人のイスラエルへの移住を促進し、資金援助も増えた様で、目的を持ってどこからか宣伝されたのでしょう。ホロコーストが全くなかったわけでは無いのでしょうが、被害者の人数はどんどん増やされていったようです。
それにしても相変わらず言論の自由もダブルスタンダードですね。
Posted by 早雲 at 2006年02月22日 00:11
>反ナチ、反イスラムで得する勢力
この考え方を深めると、とんでもない謀略の可能性に思いが至りますね!
事実かどうか以上に、考えるだけでスリリングです。もし私が小説家なら一冊モノにしたいくらいです。
それにしても、言論の自由というのが意外に脆いものだということを最近感じます。
Posted by takeyan at 2006年02月22日 23:17
>諸行無常様
人権擁護法案が通ってしまえば日本もいずれこういう事になるのでしょうか。他人事ではありませんね。

>早雲様
じつはわたしはヨーロッパ諸国と言うのはもう少し原理原則と言うのを尊重する所だと思っていましたが、なんだかアメリカとあまり変わりのない何でもありの国ですね。がっかりしちゃいました。一体私たちが目指すべき目標としてきた民主主義はなんだったんでしょうか。

>takeyan様
今回対イランに対しては欧州諸国もアメリカと歩調を合わせるつもりなのだなという感じがしています。前回イラク戦ではとんだ猿芝居でしたが。
結局同じ穴の狢だったのだなと思います。どちらの勢力にも騙されないように気をつけなければいけませんね。
Posted by 非国際人 at 2006年02月23日 03:24
結局、世の中謀略に満ちているのですが、そういう認識がないと完全に騙されますね。
ジャーナリズムはその辺りを伝える努力にかけているのか、確信犯なのか・・・。
Posted by takeyan at 2006年03月01日 05:28
ちょっとしつれいします。ところどころでオーストリアがオーストラリアになってます。
Posted by 通行人 at 2006年05月16日 08:29
お元気ですか〜?

お時間ができたら、更新楽しみにしていますね。
Posted by mew-run7 at 2006年05月21日 11:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13580761

第52号 各国の言論弾圧法
Excerpt: 所謂「先進国」と呼ばれる国で、続々と言論弾圧に結びつく行為が行われている。我が国への言論弾圧の流入を阻止する事は、後の世に対する我々の責任である。
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2006-02-21 23:06

さあ、どうしますか?
Excerpt:  理論派であり行動派のとりあえずさんは、かねてから、翼賛的な報道に終始する大マスメディアを批判しようと「読朝る毎ブロガー同盟」なるものを立ち上げられ、方々のブログでバナーもよく見かけます。しかし、批判..
Weblog: T.N.君の日記
Tracked: 2006-02-21 23:46

わが国の核政策史 その1
Excerpt: 我が国の核に関する政策と施策の実態は一般国民にとってほとんど知られておりません。 核兵器所有の得失、技術的、経済的、社会的な能力について冷静に検討し理解しておくことは、核武装を否定する側にとっても、肯..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-03-04 22:55

「全野」が千葉7区衆議院補欠選で討論集会
Excerpt: 「全野党と市民の共闘会議」は3月19日千葉県松戸市民会館に於て討論集会を開く事に成りました。 2005千葉7区衆議院選結果 上の様に2005衆議院選では得票差一万四千票ほど??
Weblog: 気韻頭日記
Tracked: 2006-03-07 17:19

日本の核兵器製造能力
Excerpt: 前エントリー「わが国の核政策史」の続編です。 槌田氏の2002年10月14日、盛岡での講演録からの抜粋です。 多くの日本人は、日本の核武装はアメリカが許さないと考えています。しかし、アメリカはすでに..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-03-09 00:49

アンケートの結果発表ですッ!
Excerpt: 質問:ライブドア問題について、メディアにどのような報道を望みますか? アンケートの結果が出ましたので、お知らせいたします。 皆さん一人々々にお礼をいたしたいところですが、ままなりませんので、こ..
Weblog: Under the Sun -EQT-
Tracked: 2006-03-09 23:37

毎日のエントリーを始めたいです(3/10)
Excerpt:  皆さんもご存知かと思いますが、先日玄耕庵日乗さんと第3回合宿を行いました。そこで、こんなUnder the Sun面白いんじゃないかなというアイディアをいくつか出しあいました。そのなかの一つが先日リ..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-03-12 01:17

第65号 「人権侵害救済県」における、「言論封殺」と言う名の「人権侵害」
Excerpt: 「人権侵害救済条例」の本性がついに出てきた。新聞社に圧力をかけて広告封殺に出た。遂に「人権侵害救済」と言う名のメッキがはがれた。
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2006-03-12 15:28

第65号 我が国で進む言論弾圧
Excerpt: 「人権侵害救済条例」を巡る、推進派の人権侵害を取り上げたばかりだが、今度はWeb上における活動ができなくなりそうな法案が出ると言う。断固阻止するべし。
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2006-03-12 21:31

??≪?潟?宴?若?????絏??遵??????閶????腑????????????????純????????????鴻?????鐚?鐚?鐚????鐚?鐚???ワ??鐚?鐚?鐚?鐚?膩??????????鐚
Excerpt: ?????≪?潟?宴?若?????絎???純????????????障?????鐚器滋??у??膈?????????帥?ゃ???????????????у??膈?????????帥?ゃ????с???..
Weblog: Under the Sun -EQT-
Tracked: 2006-03-15 23:55

小泉劇場政治にさよならを告げて
Excerpt: どうゆう政治がいいんだろ。どうゆう社会がいいんだろ。 そんなエラそうなことを考え始めても、いいんじゃないかなあ。 何てったって、僕らは、この国の主権者なんだもん。 批判糾弾というスタンスであ..
Weblog: BLOG BLUES
Tracked: 2006-03-24 04:55

エイプリル・フール オフ開催中
Excerpt: T.N.君宅でしんみりと飲み。 T.N.君「で、どうするよ? UTS?」 素楽「そうっすねぇ。盛上がんないっすねえ。」 T.N.君「うーん、僕ら結構頑張っているつもりなんだけど、空回りしてん..
Weblog: 玄耕庵日乗
Tracked: 2006-04-02 11:57

Under the Sunの定期check list
Excerpt:  Under the Sunもおかげさまで3ヶ月が経ちました。中々軌道に乗っているとは言いがたい状態ではありますが、多くの方々のご指導、ご鞭撻を頂きここまで続けることが出来ました。この場を借りて御礼申..
Weblog: T.N.君の日記
Tracked: 2006-04-02 12:35

物語は政治学より政治的--日替わりコラム(火曜日:luxemburg)
Excerpt: 子供が本を読まなくなったといわれるようになって久しいが、その傾向はずっと続いているようだ。「それは活字離れではない、携帯やパソコンのメールなど、文章を読む量は以前と変わらない」という意見もあるらしい..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-04-04 13:48

うどんを啜りながらこう考えた--日替わりコラム(水曜日:玄耕庵日乗)
Excerpt: 山道を登るのはしんどいので、うどんを啜りながらかなり雑にこう考えた。 うどんは讃岐・稲庭・水沢が有名だが、私は讃岐うどんが好きである。セルフうどん屋の前を素通りできずに今日もうどんを食す。 讃岐う..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-04-05 00:44

愛国なら護憲でしょ
Excerpt: 「Under the Sun」の仲間である「とりあえず」が、 またまた素晴らしいエントリーをアップした。「護憲と改憲」である。 改憲賛成という方に、ぜひ読んでほしい内容です。現下の政治状況において..
Weblog: BLOG BLUES
Tracked: 2006-04-05 14:42

日替わりコラム1回目
Excerpt: Under the Sunで日替わりコラムの土曜日担当ということになり、今回はお
Weblog: そぞろ日記
Tracked: 2006-04-08 00:29

日替わりコラム・お題「春」「出発」――「出発は明日を生きるために」(月曜日・華氏451度)
Excerpt: 共通のお題を設けてみようということで、今週は「春」「出発」。前座を務めるのは、月曜担当の華氏451度でございます。これがほんとの、「1周遅れのトップ・ランナー」だなあ。UTSの企画なのでピシッと正座し..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-04-10 01:12

ブッシュが画策する知られざる日本のエネルギー危機?
Excerpt: 日暮れて途遠しさまからの ブッシュが画策する知られざる「日本のエネルギー危機」 というTBを拙エントリー 「核再処理試験稼動とプルサーマル計画合意」 に対していただきました。 それによると 核反対とか..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-04-10 21:54

変な英語の「STOP THE KOIZUMI」バナーじゃ恥ずかしい。日本語のバナーに変えよう。
Excerpt:  定冠詞の「THE」の使い方もおかしく、「STOP」の語法も変なこんなバナーは反
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2006-04-15 01:20

100万回生きたねこ――日替わりコラム(月曜日:華氏451度)
Excerpt: 月曜担当、つまり毎週前座を務めさせていただきまする華氏451度です。個々に代打も頼んでいこうということになって有り難い話ですが、何せスタートが遅れたものですから、2度目にして代打に登場していただくのは..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-04-17 17:56

日替わりコラム-今週のテーマは「愛」だぜ!
Excerpt: チキンレースのトリを受け持っていることに今日気がついた私であります。 (もっと早
Weblog: そぞろ日記
Tracked: 2006-04-22 01:19

循環が解決できること、できないこと
Excerpt: リサイクルと言うことについてその意味と限界を考えます。 以下国際連合大学 安井 至氏の記事から紹介します。 リサイクルということ 地球はエネルギーを太陽から受け取り、廃熱を宇宙空間に捨てている。 物..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-04-22 23:54

共謀罪に関するTBセンター(4・23)
Excerpt:  Under the Sun-TBC- (暫定Wiki version)に共謀罪に関する記事のTBをお願いします。  政府は執拗に共謀罪を通そうとしているようです。今回はかなりメディア対策も周到のよ..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-04-23 13:27

緊急アンケートです【共謀罪について】(4月26日21:00締め切り)
Excerpt:  アンケートを実施しております。  再度審議されている共謀罪について、賛成か反対か、TBで回答するタイプです。よろしければ回答お願いします。  今回は時間が短いですが、積極的なご参加を、お願いいた..
Weblog: Under the Sun -EQT-
Tracked: 2006-04-23 23:41

山笑う忘れて恥ずかし己の非--日替わりコラム(水曜日:玄耕庵日乗)
Excerpt: 先週、実家に出戻った。私が寝起きするスペースがない。3人の子供の進学・就職、父の単身赴任の度に出戻ってくる荷物達が、二部屋を占拠し何処から手をつけていいかわからない。 今日、市の清掃センターと最終処..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-04-26 01:22

日替わりコラム-「忘れていたこと」
Excerpt: …2時間経過 やっと終わったよ!!毎週1人でドキドキはらはらしてますよ…。いつ遅
Weblog: そぞろ日記
Tracked: 2006-04-29 03:20

不法移民なしでは立ち行かない米国農業
Excerpt: 不法移民なしでは立ち行かない米国農業・アグリビジネス 不法移民取締り論争で露呈 という農業情報研究所(WAPIC)06.4.27を紹介します。  豊かな土地、大規模化と高度の機械化と専門化、最先端の..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-04-30 00:29

アンケート結果発表ですッ!
Excerpt: アンケートの結果が出ましたので、お知らせいたします。 皆さん一人々々にお礼をいたしたいところですが、ままなりませんので、この場をお借りしてお礼申し上げます。 トラックバックしていただいた方、本当に..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-04-30 01:12

臓器移植医療と「脳死」判定
Excerpt: 「脳死」を人の死とすること、および臓器移植医療について、臓器移植を推進する側の言い分は大凡次の様になります。 1、脳死は確実に判定できるのだ。 2、本人がドナーカードを持っていれば、反対する理由はな..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-05-06 23:50

死ぬ権利、死なす権利、死ぬ義務
Excerpt: 臓器移植を問う市民れんぞく講座からお送りするシリーズの最後になります。  この臓器移植と脳死の問題を弊ブログで取り上げ理由は今回の記事を載せるためです。医療という切り口から見えてくる今日の社会の有りよ..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-05-09 22:30

日替わりコラム-「25歳のころ」
Excerpt: 職場がたいへんなことになっているので、ブログがプラチナウィークになってしまってお
Weblog: そぞろ日記
Tracked: 2006-05-12 23:41

臓器移植法改正の動き
Excerpt: 1997年に制定された臓器移植法の改正案が昨年8月、国会に提出されたが、衆院解散に伴い審議入りせず廃案となっていた。このたび自民、公明両党の有志議員により二つの臓器移植法改正案として3月31日、衆院に..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-05-15 19:20

臓器移植は患者を救わない?
Excerpt: 臓器移植に関して当ブログでは 生きたまま臓器摘出:中国での臓器移植  臓器移植医療と「脳死」判定 治療費を理由に臓器提供を要請 命を金儲けの道具としたアメリカ 臓器移植法改正の動き で臓器移植と脳死判..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-05-22 21:06

TBCを閉鎖します
Excerpt:  Under the Sun-TBC-は思い返せば、昨年の11月にTBC構想が湧き上がり、12月17日、FC2ブログにてUnder the Sun-TBCを立ち上げました。その後、exiteブログに移..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-05-28 22:40

非核三原則?
Excerpt: マスコミでは米軍再編の話題が、日本側の負担金額を中心にして報道されています。また米軍再編は日本国内の基地負担の軽減の為であるかのようにも報道されています。しかし実態は米軍の極東からの撤退ないし縮小とい..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-05-30 19:04

みどりの会議にラブコールを!
Excerpt: 「Under the Sun」の仲間である「doll and peace」より、 「木枯し紋次郎」について語った前回のエントリーに対し、 コメントをいただいた。僕同様、紋次郎ファンであり、中村敦夫..
Weblog: BLOG BLUES
Tracked: 2006-06-07 18:28

NHKが共謀罪法案へ悪質なミスリード!
Excerpt: 今朝の7時のニュースからと、MLで流れました。 よくもこんな政府与党への「提灯アンケート」が遣れたものです。 世論を無知の侭「旧治安維持法の再生」に向わせ様との悪意その??
Weblog: 気韻頭日記
Tracked: 2006-06-13 13:24

「麗子嬢お茶屋へ行く」の巻--日替わりコラム(水曜日:玄耕庵日乗)
Excerpt: はっきり言って今回のコラム、遊び心のない素楽はまだ意味がようわかってない。何書いたらいいんや?こんな芸まで強要されるとは、よっぽどのMでないとムリ。素楽どっちか言うたら血も涙もないS、ネット上は猫かぶ..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-06-14 01:50

リハビリテーション医療の打ち切りに反対する署名活動について
Excerpt: 本日「再出発日記」さんより頂いたTBの中に「リハビリテーション診療報酬改定を考える会ホームページ」へのリンクがあり、恥ずかしながら今頃ネット署名のことを知りました(情報が抜けてばかりです・・・)。詳細..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-06-15 12:38

新TBC構築について (玄耕庵日乗のワガママ)
Excerpt: 私個人があまり閲覧時間が長くとれず極々決まった方々のブログしか巡回しないので、個人的にUTSに希望するものとして、一旦閉鎖したもののやはり話題別のトラックバックセンターが欲しいなと思い、現在新しいもの..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-06-17 11:14

人はなぜ繋がりを求めるか--青年マルコの冒険(2) by McRash
Excerpt: (何故か寄席のお囃子風に音楽が流れ出す。Peter Gabrielの"San Jacinto"が出囃子とは…。そして高座に上がってくるのは、頭頂部の薄い蓬髪に無精ひげ、着物が似合いそうにない格好の、ど..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-06-23 01:37

つながり&UTSが好きだ---(水曜日:玄耕庵日乗)
Excerpt: みなさんマルコの物語を紡いでいかれる力量と技量にただただ感服しております。いや??楽しい&参りました。 本日は本来なら連載4回目なのですが、あんまり話が進むと後続の方もお困りになるだろうと思い(..
Weblog: Under the Sun -HOME-
Tracked: 2006-06-28 09:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。