2006年07月01日

金英男さん会見 日朝合作?の茶番劇



確かにめぐみさんは非常に気の毒としか言いようがありません。ご両親の心痛を思うとこちらも胸が痛みます。

しかし、それを政治的に利用しないでほしいのです。


金英男さんが会見 「めぐみさんは自殺」と説明
 横田めぐみさんの夫だったとされる韓国人拉致被害者、金英男(キム・ヨンナム)さん(44)は29日、母姉との再会のため訪れている北朝鮮・金剛山で記者会見した。韓国の代表取材団によると、英男さんはめぐみさんが「94年に自殺した」と語るなど、これまでの北朝鮮側の主張を展開。自身は「海で漂流中、北朝鮮船に救助された」と拉致を否定したほか、ニセのめぐみさんの遺骨を渡したとする日本の主張を「北への謀略」などと批判した。

小泉首相にしても、安倍官房長官にしても、拉致問題を解決する気はさらさら無いように感じます。なぜなら、解決しないほうが彼らにとって有利だからです。


特に安倍氏は、拉致問題で名を売りました。しかし、それが彼の唯一の、国民の記憶に残る業績です。もし彼にほかに国民に対してアピールできるものがあれば、拉致問題なんてもうとっくに解決していてもいいのです。

もし、金正日の気が突然変わって、全員日本に返すなんてことになったら、もう彼の出番はありません。ですから、拉致問題は解決しないほうがいいのです。

しかし、まったく解決するそぶりも見せないのは最悪です。解決しようとしている振りをしなくてはなりません。そのためにネタを小出しにしているのです。もちろんネタは将軍様承認済みの安全なネタです。

最近は国民の方でもうすうす猿芝居らしいことに気づいてきましたが、そうすると、伝家の宝刀であるめぐみさんのご両親に登場してもらいます。

ご両親は、心の底からめぐみさんのことを思って心配しています。そりゃそうです。実の親なのですから。しかし、ご両親があちこちで活動できるのは、それによって利益を得る人々がいることを忘れてはいけません。


確かに、拉致は許せないことです。しかし、人が絶対の正義を振りかざす時、絶対そこには何か打算があるのです。特に日本人は人がいいですから、簡単に騙されます。

安倍さんは、一生拉致問題の解決を唱えていれば、自分の政治的立場は安泰だと思っているのです。それは、一生日本軍の残虐非道を罵って暮らしている中国人や韓国人と大変よく似ています。

きっと、総裁選が近いということで、英男さんを「発明」したのでしょうね。ええ、もちろん将軍様と安倍ちゃんの合作です。


いろいろなブログを眺めていると、「あれでは日本に逆効果ですね」と言うのがありました。当たり前です。わざと日本国民が怒るように芝居を打っているのです。

将軍様だって、馬鹿じゃあの仕事は勤まりません。そのくらい計算済みです。そうやって戦後60年間生き延びてきた国なのです。私たちは、あまりにナイーブです。将軍様の挑発に乗ってはいけません。

あ、テポドンなんて話もありましたね。


そうそう忘れてはいけないのは安倍ちゃんの背後にはアメリカさんが付いているんですよ。知ってましたか奥さん(笑)。

アメリカさんにとっては、北朝鮮はいつまでも邪悪な国家のまま存在してくれたほうがいいんです。そうしておけば日本はいつまでも俺から離れられないと思っているからです。

好きな子の前でヒーローを演ずるためにチンピラに頼んで襲ってもらうようなものですね。ショッカーがいなくなれば仮面ライダーの存在価値がなくなるようなものです。


それにしてもご両親は本当にお気の毒だと思います。言いにくいことですがあえて記事にして見ました。トラバ送らせていただいた皆様、貴ブログの趣旨に合わなければ削除なりしていただいて構いませんので。






みなさま、お久しぶりです。ちょっと思うところがありまして、ブログの更新を休止しておりました。

以上は、私がここ以外の場所向けに書いたものですが、書いてしまってから初めて、ああこれはこのブログにこそ発表する記事であったなと気がつきました(笑)


冷静にネットの世界を見渡してみます。世の中は、やっぱり安倍ちゃんならこの問題は何とかしてくれるだろうと思っている人が多いんですね。もうすっかり、騙されちゃってます。

こんな土俵では、ちょっと戦えそうにありません。

いや、それが無駄とはいいませんが、戦略は選ばなくてはいけません。人生の時間は限られているのに、無駄に消耗するわけにはいかないのです。

というわけで、やっぱりこのブログは必要に応じて使っていく積もりでいます。


banner_04.gif
安倍ちゃんにだけは騙されないぞという貴方はぜひ
この記事へのコメント
はじめまして。興味深く拝読しました。私もかなり近い憶測を抱いています。(証明するすべがないので憶測の域は出ないのですが。)金英男さんの会見について書きましたので、トラバさせていただきます。お読みいただけたらうれしいです。
Posted by starstory at 2006年07月01日 08:00
初めまして。
拉致問題は政治的には北朝鮮としては決着済み。内政問題に国民の目が行ってほしいですね。遊びまくっている首相もなさけない。
金英男氏が「個人の問題だ」というように、個人としても横田夫妻は動けばいいのです。時間は戻せないから。
韓国は政治的に引き裂かれた同民族なだけに、何が政治で何が個人でできるかを分けて考えている。それぐらいの芸当が出来る日本国民になりたいですね。
韓国はバブルで物価高騰とか。そちらのほうが心配です。

バランスの取れた考え方が出来るのはやはり経済の安定生活の安定があってのこと。日本も同じで、拉致に目が向けられているのは残念です。
Posted by サンタ at 2006年07月01日 08:11
祝!再開。首を長くして、待っておりました。ご存知かと存じますが、スルーしまくりのマスゴミを尻目に、ブログでは、北朝鮮国家と統一協会と安倍晋三の関係を糺す「祝電キャンペーン」が燃え盛っています。帰って来た貴兄の健筆に、大いに期待する所存です。
Posted by BLOG BLUES at 2006年07月04日 12:22
starstoryさん
記事拝見しました。全く同感です。
確かに、こちらの正義が則、向こうでも正義になるわけないですね。

でも、どう考えても本当のことを言うわけないのに、何を期待しているんだろうと思います。つまらない三文芝居ですね。
Posted by 非国際人 at 2006年07月04日 22:43
サンタさん
こちらこそはじめまして。

韓国国民にとっては何と言っても同民族ですから、現実的にならざるを得ないでしょう。

日本政府も現実的な対応をしようとすればできたはずですが、戦争をしたがっている勢力にまんまと利用されてしまいましたね。

めぐみさんは、日本が戦争を始めるその時まで絶対に帰ってこないでしょう。
Posted by 非国際人 at 2006年07月04日 22:59
BLOG BLUSE殿
お久しぶりです。

安倍晋三は自分が世界史においてどういう役割を割り振られているかもわからない大ばか者だと思っています。

その上、安倍はイコール統一教会だと思っています。愛国者の振りをしたとんでもない男です。
Posted by 非国際人 at 2006年07月04日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

#644 朝から立腹
Excerpt: 昨日の記者会見というのか独演会は公共の電波を使って放送されるべき性質のものだったのだろうか?疑問が残る。 曰く「子供のころから頭に障害があった」「結婚前から鬱病の症状があった」「それが悪化し神経異常の..
Weblog: おおなかこなか
Tracked: 2006-07-01 06:24

金英男(キム・ヨンナム)さん会見に思うこと
Excerpt: == 横田めぐみさんの夫だったとされる韓国人拉致被害者金英男(キム・ヨンナム)さんの記者会見を聞いて == 自分は北朝鮮に拉致されたのではなく、遭難して北朝鮮の船に助けられたのだ、「北の人たちの..
Weblog: キリスト者として今を生きる
Tracked: 2006-07-01 08:01

メディア操作とファシズム。安倍ヨイショで馬鹿笑いお笑い芸人を利用する御用評論家やマスゴミの破廉恥。
Excerpt:  独裁者、モダンタイムスのチャップリンを例に出すまでもなく、本来「笑い」と言うの
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2006-07-02 01:26

産経新聞に「安倍官房長官、統一教会に祝電」の記事は掲載されたのか!?
Excerpt: 6月20日のエントリー、「祝電事件、全国紙でも報じられました」で 読売新聞 安倍官房長官、統一教会系団体集会に祝電 朝日新聞 統一教会系の集会に安倍氏の祝電 弁護士が公開質問状 毎日新聞..
Weblog: 薫のハムニダ日記
Tracked: 2006-07-02 18:25

祝電キャンペーンはつづくよ、いつまでも
Excerpt: 純一郎クン。この人は、戦後日本史上サイテー総理だが、めっちゃ、 悪運が強い。その悪運をジーコにも分けてほしかったよ。あっちゃ。 国会が延長されていたならば、いま頃、安倍官房長官への 祝電質議..
Weblog: BLOG BLUES
Tracked: 2006-07-04 12:26

テポドン2効果
Excerpt: 安倍晋三内閣官房長官がカルト集団「世界基督教統一神霊協会(統一協会)」が主催する「合同結婚式」に祝電を送った「事件」が、いま意図的に風化されようとしています。新聞やテレビなどマスメディアには、..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2006-07-04 20:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。