2006年07月12日

北朝鮮のミサイルは本当に飛んだのか



こんなことを書くと気が狂ったと思われるかもしれません。

しかし、発射したことを証明する物的証拠はあるのでしょうか。でなければ、それが捏造である可能性もまた否定できないと思います。すでにあの911の事件について、いろんなことが言われているように、です。

そもそもおかしいのは、先週も書きましたが、着弾地点と言われるものが時間と共にロシア側に動いていることです。しかも、ロシア側ではまったくそれを認識していないというおかしさ。いくらロシアの防空能力がお粗末といっても、ウラジオストックといえば、極東ロシアでは最も重要な軍港です。そんなことが、あっていいのでしょうか。


たとえばこれが陸上にでも落ちたのであれば、何らかの跡が残ってしまいます。しかし、海上であれば証拠は残りません。現に、ミサイル発射の根拠といわれるものは日本政府なり、米国防関係者の証言といわれているもの、つまり、物的な証拠はどこにもないわけです。捏造しようとすれば、いくらでも捏造できてしまうのです。

公式データを公表してもらえるのならともかく、どうせ公表しないと思います。だから、真相は永遠に闇の中でしょうね。


また、北朝鮮の関係者が現にこれについていろいろな談話を残しているのが動かぬ証拠と思われるかもしれませんが、これすら打ち合わせ済みでないという証拠はどこにもないのです。そして、その割には友好国である中国やロシアの腰がいまいち定まらないのも不自然です。


だから私は、もしかしたらアメリカと北朝鮮がグルで一芝居打った可能性があると考えているのです。中国・ロシア・日本には知らされていないでしょう。

なんのために?

それは、なんとかして日本を巻き込みたいのです。未だに平和国家だのなんだの寝言みたいなことを言っている日本に、憲法改正・再軍備をさせようと思っているのです。


なぜなら日本は、軍需産業にとっては最後のフロンティアだからです。これだけの購買力を有しながら、国力に見合わぬ軽装備。これを本気にさせれば、いったいどれだけの需要を喚起できるのか。中南米の小さな国相手とは比べ物になりません。

また、日本を本気にさせれば、中東でいまいちぱっとしないアメリカにとって強力な援軍になるでしょう。日本が極東で中国・ロシアに対峙してくれれば、アメリカはもっと思う存分イランに対して交渉できるはずです。

ここでの北朝鮮の役割は、911事件におけるビン・ラディンのようなものです。敵対している振りをして、実は裏ではしっかり手を握っているのです。中国が表向き北朝鮮をコントロールしているようでいて、実は肝心な所でしきれていないのはこういう事情があるのかもしれません。

そもそもアメリカは、北朝鮮による武器や麻薬の輸出をとんでもないといいながら、実際はかなり恣意的にお目こぼしをしている気配があります。決して繁栄はさせないが、適当に戦えるだけの力までは奪わない。何かの時に利用価値があるからです。

何かの時というのは、日本に対する時です。北方領土をわざと未解決にして放ってあるように、北朝鮮も、いつまでも中途半端に存続し続けるのです。


たとえば、世の中には、アメリカの月面着陸すら作り話だと主張する副島隆彦さんのような人もいます。そのことを考えたら、ありもしないミサイルの発射をでっち上げるくらい朝飯前でしょう。

日本にはいよいよ反中・反朝鮮の世論が熟成されつつあります。もうあと一押しなのです。必要とあれば、かの国からミサイルは無尽蔵に出てくるでしょう。

だからこちらの方でも、プレスリーくらいは許してもいいかもしれません。馬鹿な振りをしてでも、うっかり乗せられて、戦場に送り込まれないように気を付けなけれがいけませんね。

人生生きたもん勝ちですから。死んでしまったら身も蓋もありません。


banner_04.gif
絶対に騙されないぞと思う皆様は、ぜひクリックをお願いします。
この記事へのコメント
あの人物は壷売り晋三と呼ぶのがいいかもね.
(統一教会の霊感商法と)まったく同じ手口です.
EUがMDに転びそうになってますね.
カナダはまだしっかり断ってるみたいですが.
Posted by exod-US at 2006年07月14日 00:04
気など狂っていません。アメリカの発表など、これくらい疑ってかかる姿勢が肝要です。真偽はともかくとして、懐疑の精神は持ち続けなければならない。あの国は、どんな情報操作もするし、でっち上げも辞さない国であることを、世界中がもっと認識しなければならないでしょう。(もっとも、アメリカの言ってることなんか丸呑みにしているのは日本人くらいのものか)
Posted by submarin at 2006年07月14日 01:13
exod-US様
なるほど、MDはあの壷なんだ〜(笑)

っていうか晋三、おまえこそ壷買って英霊をちゃんと弔えって。
祟られてるのはお前だぞ。国民に不幸を押し付けるな!!
Posted by 非国際人 at 2006年07月14日 08:42
submarinさま
コメントありがとうございます。

思うんですけど、実際この騒動でアメリカが得られる利益を考えれば、一芝居打っても十分ペイすると思うんですよ。そのくらい冷静に考えられないのかなあと思いますね。
Posted by 非国際人 at 2006年07月15日 00:00
無きにしも非ずですが。
だとしたら北朝鮮には何のプラスがあったと思いますか?あれだけ多方面から非難されて、それに見合う見返りがないと動けないですから。
Posted by a at 2006年07月15日 13:37
aさん
コメントありがとうございます。

北朝鮮は、日本のように国連だけを向いている国ではないのですよ。かの国の主な収益源は闇経済です。

まず、あれでミサイルが売れるかもしれません。そりゃあ、一流の国は買いません。三流の国は買いますよ。

それから、あれを条件にアメリカはこっそり金融の制裁を緩めるはずです。誰にも知られないように。特に日本にはね。
Posted by 非国際人 at 2006年07月16日 11:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

事実の作り方
Excerpt: 映画「東京湾炎上」は全くつまらなかったが、その原作の「爆発の臨界」は非常に優れた緊迫感のある小説であった。映画「カプリコン1」と共に「事実の作り方」という謀略を教えてくれたという点で衝撃的な内容であっ..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2006-07-12 08:29

安倍晋三先生、やりがったな!他
Excerpt: 1.昨夜は23時に就寝、8時に目が覚めたので、これはいけると思ってねニュースチェックしたが、いざブログを書こうと思ったら、頭が回らない。 うーん、昨日の疲れがでたか。 ただ、ウツの症状とは違うみた..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2006-07-12 08:43

北朝鮮ノドン発射準備?
Excerpt: 北「ノドン」発射準備か「新型スカッド」可能性も 北朝鮮が、日本のほぼ全域を射程に入れる中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程約1300キロ)2基の発射準備とも見られる動きを見せていることが、日米の偵察..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2006-07-12 08:44

核武装に向かう日本の歴史
Excerpt: 前エントリ「非核三原則?」の続編です。 以下槌田教授の盛岡講演録からの抜粋。   1957年、岸首相が初めて核兵器問題について発言しました。 「日本が防衛的核兵器を持つことは許される」。憲法の九条..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-07-13 01:34

非核三原則?
Excerpt: マスコミでは米軍再編の話題が、日本側の負担金額を中心にして報道されています。また米軍再編は日本国内の基地負担の軽減の為であるかのようにも報道されています。しかし実態は米軍の極東からの撤退ないし縮小とい..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-07-13 01:37

第92号 幻のミサイルテポドン
Excerpt: 読者諸氏は、「北朝鮮のミサイル」と呼ばれるものに疑念を抱いた事があるだろうか。これは、筆者が一個人としての疑問を率直に書いた文章である。
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2006-07-13 23:13

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)元首の金正日総書記はこの国家存亡の秋にどこに雲隠れしたのか?
Excerpt: 金正日が雲隠れして公式の場に姿を現さなくなるというのは今日に始まったことではない.North Korea Todayによると,1980年から2003年までの23年間に金正日が1ヶ月以上不在だった期間は..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2006-07-14 00:05

北朝鮮のミサイル?はブッシュ、小泉、金正日の自作自演の陰謀だった?!
Excerpt: ★遊牧民★です。(転送転載は自由とします) 6月13日の午前3時過ぎに、複数のメーリングリストと私のブログ「★遊牧民のメディア棒読み!」に配信しました「北朝鮮は国際法にも国際条約にも違反してい..
Weblog: ★遊牧民★のメディア棒読み!
Tracked: 2006-07-18 10:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。