2006年07月13日

北朝鮮問題、英仏は議長声明に傾く



ほ〜らね、言わんこっちゃない。

やっぱり形勢逆転されてしまいました。それにしても日本ってちゃんと外交してるんでしょうか。一体この二三日、彼らは何をやっていたんでしょうか。私も悲観的なことを書いてきましたが、実は報道に騙されてちょっとは期待してしまいました。愚かでした。北ミサイル問題 英仏、議長声明採決を優先 安保理「決議案」へ2段階
 【ニューヨーク=長戸雅子】フランスのドラサブリエール国連大使は11日、北朝鮮のミサイル発射に対し国連安全保障理事会が取る措置として議長声明を最初に採決し、その後に決議案を採決する「2段階の方法」を検討していると述べた。英国も議長声明採決を視野に入れていることを明かした。議長声明採決を軸に安保理内で交渉が進む動きが出てきた。
 安保理の7月の議長を務めるドラサブリエール大使は、記者団に「最初のステップとして非常に強い内容の議長声明を得ることを検討している」と述べ、次に決議案採決を行うとの考えを明らかにした。英国のジョーンズパリー国連大使も「議長声明の可能性を検討するのは妥当なことと考えている」と述べフランスに同調する考えを示した。
 英仏両国とも北朝鮮制裁決議案の共同提案国だが、ジョーンズパリー大使は「採決が行われていたら、結果が得られなかったことは明らか」と述べ、中国の拒否権行使で安保理が何のメッセージも打ち出せなかった恐れがあったとの見方を示した。
 同大使によると、中国は3度にわたって議長声明案を提示。最初の議長声明案は「外交プロセスの継続」を求める「弱い」ものだったが、10日に安保理に提出された最後の議長声明案には、北朝鮮のミサイル開発に関連する物資・技術の移転阻止を加盟国に求めるなど、制裁決議案の要素が盛り込まれた。
 ただ、同声明案は、制裁決議案から経済制裁を可能にする国連憲章7章や「ミサイル発射は国際の平和と安全への脅威と判断する」とした部分が削除されている。これは「脅威」の文言があることで将来の武力行使の根拠となることを中国が恐れているためだ。
 日本外交筋は「ミサイル発射は明らかな『脅威』でそれへの言及がないことは根幹にかかわる問題」としている。
(産経新聞) - 7月12日15時57分更新

あらら、フランスだけでなく、イギリスまで日和ってしまいましたか。ロシアは今回、最初から大勢につくことしか考えていなかったようですから、これで日本に味方してくれるのは実質アメリカだけになってしまいました。


結論としては、やっぱり中国の仕掛けた罠に落ちてしまったようです。中国は、はなから北朝鮮を説得するつもりなんてなかったのです。時間を稼ぎたかっただけなのです。その間、猛烈に日米以外の国々に猛烈な工作を仕掛けていたに違いないのです。

そして、最初に落ちたのはやはりお前か、フランス。

フランスはとにかく利には敏い国です。また、妙にプライドが高くて意味もなくアメリカに対抗意識を持っている国です。そこを中国は上手く利用したに違いないのです。

しかも、これにイギリスまで乗ってきたのは痛いですね。イギリスはアメリカと一心同体かと思っていましたが、最近はどうも微妙になってきたようです。


と、ここまでは私の後付けの素人解釈でした。私も中国が何か企んでくるとは思っていましたが、まさかここまで見事にひっくり返すとは思っても見ませんでした。

誰とは言いませんが、私にとある所のコメント欄で中国もいよいよ追い詰められたかざまあ見ろ、というニュアンスのことを書いた人がいました。それに対して私は、中国の外交力を甘く見てはいけないと答えたのですが、やはりその危惧は当たってしまいました。

それと言うのも、マスコミが無責任に「北の暴発で中国は窮地に陥った」というような記事を書き散らしたからです。まあこれはおそらく日本政府の非公式な本音でもあったのでしょう。

だから、中国が採決の延期を提案した時、余裕でそれを受けてしまったのです。日本はもう「勝ったも同然」で泰然としてました。裏で中国が猛烈に工作活動をしていたとも知らずに。


そもそもイギリスやフランスにとって、日本海に何発ミサイルが落ちようが関係ないんですよね。それも、まだ興奮の覚めやらぬ先週のうちならともかく、もう12日にもなると、損得考える余裕が出てきます。

で、損得考え出しちゃうと、もういけません。やっぱりここは中国の顔を立てておいた方が良いかな、と思い出したに違いありません。もちろん中国の熱いプロポーズもあったのでしょうが。


それでもアメリカは、一応日本の宗主国ですので、そうは簡単に転ぶわけにもいきません。形勢不利ですが、頑張った振りをしています。

対北制裁決議案、日米採択目指す…安倍・米大使会談
 安倍官房長官と米国のシーファー駐日大使は12日、首相官邸で会談し、あくまで国連安全保障理事会での対北朝鮮制裁決議案の採択を目指す方針で一致した。

 当面は北朝鮮に譲歩を促す中国の外交努力を見守ることも確認した。

 大使は会談後、制裁決議の前に議長声明を採択する2段階方式について「(会談では)話し合わなかった。日米は決議がベストだと考えている」と語った。

 麻生外相も同日夜、ライス国務長官と電話会談し、同様の方針を確認した。
(読売新聞) - 7月13日1時11分更新

それにしても、どうしてこのニュース、こんな時間に配信してるんですか。まるでアリバイ作りでもしているかのように。

結局最終的にはアメリカが日本を説得して決議案を引っ込めさせるつもりでしょう。つまり、負けです。北朝鮮は、まだまだだらだらと生き延びます。そして、ミサイルの脅威は続きます。


そう、この一連の騒動で大きな収穫があったことを忘れてはいけません。敵基地攻撃力整備に向けての地ならしができたと言うことです。これで北朝鮮が国際的制裁を受けてしまっては、敵が消滅してしまいますので意味がありません。

しかし、制裁されないならば、かの国は引き続き日本の脅威であり続けます。状況は何も変わっていません。変わったのはミサイルが落ちたという事実だけ。実に良くできたシナリオではありませんか。


北朝鮮も中国もアメリカもロシアも、誰も損をしていません。罠に嵌められたのは、他ならぬ日本なのです。六カ国協議でさんざん期待させておいて何も解決せず、さらには国連にまで裏切られてしまいました。

ここで国連についての私の考えを言うと、長くなりますので書きません。しかし、国連を中心とする世界の枠組は日本にとって将来も決して心地よいものとはならないと思っています。


独自の世界戦略を持たない日本は、これからも中国に外交戦で負け続けるでしょう。もう、勝負は見えています。勝ったと思った瞬間が負けの始まりとは良く言ったものです。

慌てて軍備を整えるより、せめて外交術を学んで欲しいものです。しかし、もう手遅れかもしれません。

《追記》とかなんとか言っているうちに状況が変わってきたようなので、続きはこちらをお読み下さい。北朝鮮問題は中国・ロシアが主導権


最後に、最新の株式日記と経済展望から特にみなさんに読んでいただきたい部分を引いておきます。

増田俊男の愉快な暴言:日本の負け
さんざん世界の注目と心配を集中させておいて、アメリカの金融制裁緩和の裏取引をする。そこで北朝鮮が6カ国協議を受け入れ、日米とその他の国との共同提案の安保理決議を取り下げる。日本はアメリカをはじめ共同提案国を加えたために、アメリカや他の提案国が決議案取り下げ動くと無抵抗になる。ブッシュは初めから、「この問題は米朝二カ国問題ではない。6カ国会議で解決すべきである」と言ってきたので、北朝鮮が6カ国協議を受け入れれば、中国やロシアが強硬に反対する安保理決議に固執することはない。一人日本が固執すれば、日本が孤立するだけである。今になって初めて「日本が乗せられた」ことがわかったはず。韓国の大統領が「日本は大騒ぎしすぎる」と言ったが、乗せられて大騒ぎをしたため恐ろしい結果に追いやられるのである。大騒ぎの結果、国民を怒らせ、制裁を当然のものにしてしまった。日本独自の制裁決定はやがて高い対価を支払わねばならなくなる。北朝鮮は日本の制裁解除を6カ国協議受け入れの条件に出すだろう。日本を除く5カ国が北朝鮮の6カ国協議復帰を望む中で、もし日本が制裁を断行すれば日本は孤立する。まだ北朝鮮のミサイル発射が日本を陥れる関係国の共同謀議であったことが分からないのだろうか。6カ国協議は北朝鮮の核廃絶が目的であって、どこの国でもやっている軍事訓練は大した問題ではないと誘導され、結局日本の対北朝鮮制裁は問題にされなくなる。日本はバカの見本になるだろう。

(以下は、tora氏の地の文)
アメリカは中国をアジアの覇権国として認め、日本を永久的な半植民地にしておくつもりだ。表向きは日本は同盟国と言いながら、実質的なアジアとの政治交渉は中国との交渉で決めて行き日本はアジアから除外されてゆく。北朝鮮問題もアメリカはもっぱら中国と交渉して日本を相手にしていない。国連安保理決議でも日本は動き回ったがアメリカに裏切られた。




banner_04.gif
真剣にこの国難を憂える皆様は、ぜひクリックをお願いします。
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
ご趣旨の通りだと思います。小泉外交路線の失敗に気付いて退任前に軌道修正をはかるか、「お手並み拝見」といって後任者にほうりだすか。こんなことを賭けるようでは日本も最後ですね。本当に。
Posted by ましま at 2006年07月13日 09:35
TBありがとう!お説の通りに結果になりました。しかしまだ結論が出たわけではありません。最後まで頑張ってもらわないと日本は腰砕けと言われます、こうなりゃさいごまでやらなくちゃ!
こんごよろしく
Posted by hontino at 2006年07月13日 15:12
金王朝を瓦解させ、拉致問題の決着をつけるには、中露との外交関係の構築が前提なのに、それを放擲したまま。想定外の突発事に、我と客観情勢をコロッと忘れ、自分で撒いた反北朝鮮プロパガンダに自分が踊って、気がつけば逆包囲網が形成されつつある、って一体!?ー「非国際人養成講座」とは、用意された国際教育を通じてではなく、泥臭い思索と実践の積み重ねを通じた真の国際人の養成を勝手に試みるものです。ー 与党政治家にこそ、このブログが必須ですね。
Posted by BLOG BLUES at 2006年07月13日 20:22
ましま様

そうですねえ。せめて失敗したかも?と思うくらいの謙虚さを見せてほしいですよね。なんだかもう完全に他人事って感じなんだなこれが。
Posted by 非国際人 at 2006年07月14日 08:26
hontino様

うーん。当たったからって自慢にならないですよ(苦笑)
大勢は決してしまったようですが、何とか将来につながる成果を見せてほしいですね。残ったのは軍拡だけだってことのないように・・
Posted by 非国際人 at 2006年07月14日 08:29
BLOG BLUES様

ホント仰る通りです。政治家はアホばかりだからいいとしても、外交官どもはいったい何をやっていたんでしょうか。もしかして、同レベル?

要はマニュアルじゃなく自分の頭で考えろってことなんですけどね。所詮受験秀才の集まりです。
Posted by 非国際人 at 2006年07月14日 08:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ミサイルも結構だが拉致を忘れるな!!
Excerpt:  日本がとりまとめた北鮮制裁決議案を巡る情勢は予想可能な展開の中でもっとも口にしたくなかった経過を辿っています。  武大偉の公式な北鮮滞在予定は今週いっぱいですから、最短でも今週いっぱい..
Weblog: 佐藤 健の溶解する日本
Tracked: 2006-07-13 08:22

No.356:堪忍袋
Excerpt:  おはようございます。北朝鮮のミサイル発射問題には、さすがに「堪忍袋」の緒が切れそうになります。 ? 安倍官房長官と米国のシーファー駐日大使は12日、首相官邸で会談し、あくまで国連安全保障理事..
Weblog: !? びっくり&はてな
Tracked: 2006-07-13 08:30

安倍晋三氏らの軽々しい言動
Excerpt: 安倍長官、敵基地攻撃「検討研究必要」  安倍官房長官は10日の記者会見で、北朝鮮のミサイル発射を受けて議論されている敵基地攻撃について「誘導弾等による攻撃を防ぐために他に手段がないと認められる限りに..
Weblog: S氏の時事問題
Tracked: 2006-07-13 09:15

ネオコン気取りの安倍晋三
Excerpt: 読売新聞 安倍氏が外交理念発表へ、自由・民主をアジアに拡大  (引用開始)  自民党総裁選の有力候補である安倍晋三官房長官が政権構想としてまとめた外交に関する論文を近く米国の外交雑誌などに発..
Weblog: 大和ごころ。ときどきその他
Tracked: 2006-07-13 10:33

北朝鮮制裁決議案、採決先送りに
Excerpt: 北朝鮮のミサイル発射問題に対し、日本が国連安全保障理事会に米英などと8カ国で共同提案した北朝鮮制裁決議案の採決が先送りされることになりました。 7月10日の会合で、中国政府の「採決を遅らせてほしい」..
Weblog: Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜
Tracked: 2006-07-13 10:35

北朝鮮問題(4)??コレは日本の今後のあり方について考えるいいチャンスかも??+ジダン頭突き
Excerpt: 北朝鮮問題でバタバタしているうちに、ワールドカップが(ウィンブルドンも)終わ ってしまった。^^; 本来ならイタリアの優勝がもっと讃えられるべきなのだが<そし てジダンをはじめフランスの活躍も..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-07-13 11:42

北決議案変更の可能性
Excerpt: 麻生外相、表現修正に含み・対北朝鮮制裁決議案 麻生太郎外相は11日の閣議後の記者会見で、北朝鮮制裁決議案の採決を延期したことに関連し「決議案は出すが、どういうものにするか、内容に差が出てくる。中身は変..
Weblog: coool!
Tracked: 2006-07-13 12:22

権力側がよろこんぶ調査 ー世論調査考ー
Excerpt: 昨日の地元の西日本新聞朝刊を見ると「ポスト小泉 安倍氏上昇48%」という見出しで共同通信社が実施した全国電話世論調査の結果が載っていた。北朝鮮のミサイル問題を受け官房長官として当たり前に露出した結果が..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2006-07-13 13:03

弱い犬ほど
Excerpt:  北朝鮮のミサイル発射についての国連の対応が大詰めを迎えつつある。最初、北朝鮮が
Weblog: 反戦老年委員会
Tracked: 2006-07-13 13:47

揉める国連の安保理どうなる! ところで安保理って何?
Excerpt:  中国は北朝鮮の説得に失敗した。もともとあまりやる気もなかったのだと思う。時間稼ぎで米、英、仏の説得で日本を窮地に落とす積りであった。   サンクトペテルブルグで開催されるG8でも、中米首脳会談..
Weblog: やぶにらみトーク
Tracked: 2006-07-13 15:35

≪北朝鮮ミサイル≫制裁決議案の採決メドが立たず、政府に手詰まり感
Excerpt: 北朝鮮ミサイル:採決メドが立たず、政府に手詰まり感  北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話が難しい日..
Weblog: 局の独り言。
Tracked: 2006-07-13 17:42

従米路線の行き着く先
Excerpt: 北朝鮮のミサイル連発で、日本はどうなるかって話をした。『ミサイル(日朝平壌宣言を
Weblog: 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
Tracked: 2006-07-13 20:51

所詮、中国も北朝鮮と同じ!(動画あり)
Excerpt: 中国の王光亜国連大使は10日、北朝鮮のミサイル発射を受け、日米英仏などが共同提出した北朝鮮制裁決議案について、制裁条項や経済制裁などを可能にする国連憲章7章に言及した部分などが削除されたものなら「採択..
Weblog: One And Only
Tracked: 2006-07-13 21:25

北朝鮮ミサイル問題、日米仏中韓
Excerpt: まずは朝韓 7月13日の第19回南北閣僚級会談が決裂。 北朝鮮代表団に言わせると「われわれは6.15共同宣言で謳っている同じ民族同士の理念に合わせて、今回の会談がお互いの理解と信頼に基づき、それに..
Weblog: One And Only
Tracked: 2006-07-13 21:28

決議案採択は談合の論理
Excerpt: 北のミサイルに対する国連決議案を巡る日中の駆け引きが活発化している。当初日本優勢と見られたが中国の狡猾なやり方に押されたか、同盟国の足並みが乱れてきたようである。ここは日本は踏ん張りどころであり、頑張..
Weblog: ヨン様の南中山教室!
Tracked: 2006-07-14 08:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。