2006年07月13日

北朝鮮問題は中国・ロシアが主導権



私が、北朝鮮問題、英仏は議長声明に傾くという記事を書いたのは、昨日の話。

実はまだ、トラックバックを送りたい人も残っていたのですが、もう状況が変わっています。


対北朝鮮 中露が非難決議案 議長声明から立場修正
 【ニューヨーク=長戸雅子】北朝鮮のミサイル発射問題で、中国とロシアは12日、国連安全保障理事会の各理事国に独自の非難決議案を提示した。日米などが提出した制裁決議案から制裁条項などを削除し、ミサイル発射に対し「強い遺憾の意を表明する」として非難色を弱めている。また、中露両国はこれまで法的拘束力のない議長声明の採択を主張してきたが、非難決議案であれば合意できるとして立場を修正した。
 中露両国が示した決議案はミサイル発射に強い遺憾の意を表明し、ミサイル開発に利用され得る物資・技術の移転阻止に向け、警戒するよう加盟各国に要請している。
 日米が取りまとめた制裁決議案は、ミサイル発射を「国際の平和と安全への脅威」と認定し、経済制裁などを可能にする国連憲章第7章に基づき行動すると明記した。
 日本は「ミサイル発射を『脅威』と認定することが出発点」としているが、中国は「脅威」の文言があることが将来の武力行使の根拠になりかねない、と警戒。大島賢三国連大使は「重要な要素が欠けており、このままでは受けいれがたい」としており、対案が出たことで交渉が長期化する可能性も出ている。
 中国の王光亜国連大使は独自決議案を「東アジア地域の平和と安定に資するもの」と説明。制裁決議案が現行のまま採決に付された場合、「拒否権を行使するよう(本国から)指示を受けている」と明言し、15日からの主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の採決を目指す日本を牽制(けんせい)した。
 中国の拒否権行使発言について、大島大使は「拒否権の脅しをかけたもので、(実際に行使すれば)中国自身が重い責任を負うことになる」と強い不快感を示した。
     ◇
≪中露、非難決議案の骨子≫
 ・北朝鮮の弾道ミサイル発射に強い遺憾の意
 ・北朝鮮にミサイル発射凍結の再公約要請
 ・北朝鮮へのミサイル関連物資・技術の提供に警告
 ・北朝鮮と周辺諸国に自制を要請
 ・6カ国協議への即時復帰を要請
  (ニューヨーク 共同)
(産経新聞) - 7月13日15時41分更新

しかしこれって、要請してばかりで、特にどこかを拘束するような文言が全く無さそうですね。一応北朝鮮に対する決議案という体裁は取ってますが、実質骨抜きじゃないですか。

それにしても見事です。もう完全に主導権はあちら側が握ってしまったようです。序盤に飛ばしすぎた日本、完全に足が止まっています・・・ってどこかで聞いたような話。

さらに、

決議への格上げ評価=中ロ案、制裁削除に不満−日本政府
 安倍晋三官房長官は13日午前の記者会見で、北朝鮮による弾道ミサイル発射で、中ロ両国が国連安保理に提示した非難決議案について、「基本的には決議が必要だというのは国際社会の大勢であり、常識、良心だ。そういう理解が広まりつつあると思う」と、これまでの議長声明から決議に格上げしたことを評価した。
 政府はあくまで、制裁条項を削除した中ロ案は「受け入れ難い」(外務省幹部)として、日米両国などが提出した制裁決議案の採択を求める方針だが、厳しい判断を迫られそうだ。 
(時事通信) - 7月13日13時0分更新

事実上の敗北宣言といって良いでしょう。一応は決議ということで日本の面子は立ったからしょうがない、という感じですね。


それにしても中国・ロシアは見事です。まずフランスを切り崩して妥協やむなしという雰囲気にしておいて、今度は一転相手の顔を立てる形で手打ちに持って行く。

考えてみれば思いっきり高値で吹っかけておいて客の度肝を抜いておいて、それでも相場からすればずいぶん高い値段で商談をまとめてしまうやり手の商人のような手口です。

日本には無理なのかなあ。何しろ初めから手のうち丸見えだもの。


しかし邪推かもしれませんが、ある種の人たちにとっては、これでも最初の決議案と同じ、いやそれ以上の効果を得ることができるのです。なぜなら、これで十分に、国民の意識を中国・ロシアにひきつけることができるのですから。そして北朝鮮は、引き続き脅威であり続けるのですから。

しかし、後ろについてるアメリカが最後まで面倒見てくれる保証はありませんよ。


勇ましいことを言っている政治家たちが実際に戦うわけではないのです。また、実際に戦争になれば、自衛隊だけでは足りないでしょう。戦地に赴くのは、私たち自身なのです。私たちの家族なのです。

前にも書きましたが、アメリカの偉い人たちはわたしたち日本人の命なんて何とも思っていません。中国人も、ロシア人も、いざとなったらどんなことでもします。軽はずみに勇ましいことを言ってはいけないのです。

どんなに立派な理念を唱えても、国民を死地に赴かせるような政治家は最低だと思わなくてはいけません。それを避けるためにあらゆる可能性を追及するのが政治家の勤めだと思うのです。


banner_04.gif
これからもこの問題に目が離せないと思われる皆様は、ぜひクリックをお願いします。
この記事へのコメント
おっしゃるとおりです。まことに、国際社会というのは海千山千の世界で、小泉・安倍の知能や心構えで渡れるようなところではありません。早く国民がそこに気づかないと、本当に危ないですね。
Posted by submarin at 2006年07月14日 01:00
submarin様
ご訪問ありがとうございます。

小泉首相もそうですが、安倍氏には人間として何か基本的な常識が欠落しているような気がしています。国を誤った方向に導きそうで本当に心配です。
Posted by 非国際人 at 2006年07月14日 23:50
TBありがとうございます。

国際外交で、自国の権益だけを主張して押し通せたのは、列強の絶頂期か、イラク前までのアメリカぐらいなもので、日本は努力が必要だと、僕も思います。

外交史で「成功」を観てみますと、「人が人を感じる」事によって国を動したケースがいくつかありまして、北の水際外交では長続きしませんね。
Posted by RYU at 2006年07月15日 00:28
RYUさま
ご訪問ありがとうございました。

そうですね、そんなに簡単に自分の主張が通ったら苦労しませんわね。考えてみたらヨーロッパ諸国にしたって、現状に100%満足ってわけでもないでしょう。

「人が人を感じる」を実現できそうな人といったら田中の角さんみたいな感じになるのかな?あれほどの人でも中国には一杯食わされたらしいですが。況やそれ以下の人材ではね。

それにしても、人がいないなあ・・・
Posted by 非国際人 at 2006年07月15日 07:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

緊急アンケートです!【日本の国防について】(7月21日0:00締め切り)
Excerpt: ただいま「Under the Sun」では、アンケートを実施しています。 北朝鮮のミサイル発射にゆれる日本。 北朝鮮の真意、今後の国際情勢の展望はまだ知れませんが、日本の国防に関して、皆さんの..
Weblog: Under the Sun -EQT-
Tracked: 2006-07-13 23:08

人はなぜ繋がりを求めるか――青年マルコの冒険(10)by愚樵空論
Excerpt: 当エントリーは、Under the Sunに掲載のコラムと同じ内容のものです。TBを当ブログより送らせてもらいますが、当コラムへのTBはUTSのコラムの方へお願いします。   草原を歩くマルコの背後..
Weblog: 愚樵空論
Tracked: 2006-07-13 23:13

「制裁決議」陣営の崩壊
Excerpt: 北ミサイル問題 英仏、議長声明採決を優先 安保理「決議案」へ2段階 2006年 7月12日 (水) 15:54  【ニューヨーク=長戸雅子】フランスのドラサブリエール国連大使は11日、北朝鮮のミサ..
Weblog: Dogma_and_prejudice
Tracked: 2006-07-14 02:23

北朝鮮問題(4)??コレは日本の今後のあり方について考えるいいチャンスかも??+ジダン頭突き
Excerpt: 北朝鮮問題でバタバタしているうちに、ワールドカップが(ウィンブルドンも)終わ ってしまった。^^; 本来ならイタリアの優勝がもっと讃えられるべきなのだが<そし てジダンをはじめフランスの活躍も..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-07-14 04:25

たぶんコケますね>日本提出の制裁決議案
Excerpt:  まだまだ予断を許さない状況ではありますが、見かけ上は中共の歩み寄りが大きいことになっちゃうし、対抗決議案では中共が正面に出ずにロシアが出てきてますから中間派は譲りやすい。  僕は基本的..
Weblog: 佐藤 健の溶解する日本
Tracked: 2006-07-14 04:30

日本提出の制裁決議案はコケたけど
Excerpt:  「たぶんコケますね>日本提出の制裁決議案」に、中共ではなくロシアが表に立って対抗決議案を調整した背景、これは日米は当然として、中間派の理解を得やすいからだってなこと書いたんですが、今朝報..
Weblog: 佐藤 健の溶解する日本
Tracked: 2006-07-14 08:06

外交には多角的戦略を
Excerpt: 「日本案反対」で妥協せず=6カ国維持??安保理団結理由に??中国  “中国外務省の姜瑜副報道官は13日の定例記者会見で、中ロ両国が北朝鮮のミサイル発射を受けて独自の対北非難決議案を国連安保理に提出し..
Weblog: 画龍☆天晴
Tracked: 2006-07-14 08:58

自民党政権で日本はやっていけるか。
Excerpt:  ここのところ、小泉政権の5年間の成果を実感する日々です。毎日忙しいし、みんな残業を続けているのに、どうして、こんなに苦しいんだろう。自転車操業も、ついに限界だぁ??。銀行も大っきらいだぁ??。(笑)..
Weblog: とくらBlog
Tracked: 2006-07-14 10:06

ヒル米国務次官補失望
Excerpt: ヒル米国務次官補は「北朝鮮が積極姿勢を見せていないことに少し失望した」と語った。 なにをいまさら。 それも少しですか。そうですか。
Weblog: サイバー サイバー
Tracked: 2006-07-14 19:47

北朝鮮ミサイル問題、日米仏中韓
Excerpt: まずは朝韓 7月13日の第19回南北閣僚級会談が決裂。 北朝鮮代表団に言わせると「われわれは6.15共同宣言で謳っている同じ民族同士の理念に合わせて、今回の会談がお互いの理解と信頼に基づき、それに..
Weblog: One And Only
Tracked: 2006-07-14 19:58

北朝鮮情勢における外交姿勢を評する(つもりでものを書く)
Excerpt:  今日の段階では、中ロで新たに出そうとしている「非難決議案」を巡って、日本側(外務省か?)も検討に入ったと言われている。  安倍官房長官は、この場面に至っても「基本的には制裁措置を盛り込んだ決議案の..
Weblog: Re:F's blogroom
Tracked: 2006-07-14 22:47

平成の眠りを醒ます…
Excerpt: 北朝鮮制裁決議は,中露の非難決議の提出で,かなり怪しい情勢になりました.フランスやイギリスは同調する構えを見せ,アメリカのボルトン国連大使も中露の動きを評価するなど,日本は孤立する可能性が高くなってき..
Weblog: 花崗岩のつぶやき
Tracked: 2006-07-15 11:47

中国外交の屈辱的敗退
Excerpt:  北鮮のロケット発射は、中国も事前連絡は受けていなかったようで、正直におどろいていた。そして、収拾策だが、どうやら英仏の仲介案の線で、今夜中にはおさまる気配が濃厚になってきた。この事態は、北鮮の後見人..
Weblog: 罵愚と話そう「日本からの発言」
Tracked: 2006-07-15 18:25

罰を受けない犯罪者達
Excerpt: <a href="http://pride.arrow.jp/klingon/log/eid385.html" target="_b..
Weblog: 三輪のレッドアラート
Tracked: 2006-07-18 00:13

<日本人が知らない 恐るべき真実 ??研究メモ??:政府紙幣はなぜ発行できないか>へのコメント
Excerpt: あなたがサラ金から10万円を年利28%で借りたとしよう.あなたは多分毎月4000円を支払うことで3年後には完済できるだろう.この場合あなたはトータルで144000円支払ったことになるから,元本に対し4..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2006-07-22 02:51

A級戦犯 ・ 東條英機と菅直人
Excerpt:  7月23日のテレビ番組、サンデープロジェクトで、加藤紘一、菅直人、櫻井よしこ、岡崎久彦が富田メモを話題にしていた。まぁ、台本どおりというか、予想どおりの内容だった。司会の田原総一朗をふくめて、全員が..
Weblog: 罵愚と話そう「日本からの発言」
Tracked: 2006-07-24 11:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。