2006年07月19日

日本の負けが正解?



最近めっきり評判を落としている直言おじさんですが、それでもこういう発言を読むと、普段私たちの情報源がいかに偏向しているのかがよくわかります。


増田俊男の世界:救いようのない日本!

国連安保理で満場一致で「北朝鮮非難決議案」が採択された。日本では与党から野党まで本決議案を評価した。中ロまで含めた形で北朝鮮に強いメッセージを送ったからだと言う。

この決議を受けて、北朝鮮代表は決議を拒否し、「主権に基き今後もミサイル実験を行う」と言い残し席を立った。7章の制裁条項が、北朝鮮側に立つ中ロの要望で外された決議は単なる「口先だけの非難」。なんら強制力がないのだから、北朝鮮にとっては「続けてミサイル実験をしてもいいですよ」と言うメッセージに聞こえる。何度も言うように、中国もロシアも、さらにアメリカも北朝鮮のミサイル脅威は国益上プラスである。北朝鮮は事実上中国の一部だから北朝鮮の核やミサイル脅威は中国の軍事プレゼンスに繋がる中国の国益である。アメリカは北朝鮮と中国を軍事上の仮想敵国として日米軍事指針にしているから、米軍再編成に日本を全面的に協力させるには北朝鮮の脅威のプレゼンスは欠くことができない。強制力のない安保理決議など、どんな強い表現を使っても何の意味もないことは国際政治力学上の常識である。北朝鮮代表が安保理決議を拒否して席を立ったのを見て、私はアメリカと中国の気持ちは丁度郵政民営化法案が参議院で否決された時の小泉首相の気持ちと同じだと思った。「やったぜ!」である。決議が満場一致で採択された直後、中国代表がボルトン米国連大使を見て「にやり」としたのを見逃してはならない。

よく思い出してもらいたい。日本は制裁案にアメリカの強い支持を得て共同提案した。
その後アメリカは日本に7章取り下げを説得、事実上中ロ案に落ち着いた。多少強い「言葉」を加えることで日本は誤魔化されたのが真実。「負け犬」の恥を国民に晒したくないから、何の力(制裁力)もない決議を「安保理一致の強いメッセージ」などと過大評価し、まるで勝利宣言のように吹聴し、また日本のマスコミがまんまと乗せられたのである。

安倍官房長官は「今回の決議に制裁条項はないが、北朝鮮が再度ミサイル実験をしたら今度は制裁できる基盤を築いた」などとピントの外れたことを述べている。

今回の決議は別名「制裁否定決議」である。安保理が一致して制裁を否定したのに日本だけ制裁を決定しているのを忘れてはならない。こんどの北朝鮮のミサイル実験は安保理決議に反して行われる日本の制裁に抗議して行われる事が分かっているのであろうか。だから今度の北朝鮮のミサイル実験は国連問題ではなく日朝単独の問題になる。「こんど北朝鮮がミサイル実験をしらら安保理は制裁する」という安倍氏の論理は成り立たない。

これも米中「織り込み済み」である。ワシントンの主なシンクタンクの友人に今回の決議に関して日本をどう思うかと聞いてみた。「じつにほほえましい国」であった。何という辛らつな皮肉か!

もちろん、彼は自分のビジネスのためにわざと挑発的に言っているという事はあると思います。でも、何しろ今や日本は、右を見ても左を見ても、大本営発表ばかりです。

それでも一時は、ブログというものに期待した時期もありました。しかし、自分の言葉を持っているブロガーがあまりに少ないんですよね。私はテレビは見ませんが、どうせみのもんたか古館伊知郎の受け売りでしょう。

発信者は無数にいるけれども、その内容はあまりに貧弱。右も左もそう。なんでもっと自由な発想ができないのだろう、いったい何に遠慮しているのだろうと思います。


数少ない信頼できるサイトかもしれない、と思ったらこれがどうも、工作員っぽかったり。個人でやっているにしては怪しい、不自然な所がたくさんあるのです。

もちろん直言おじさんのサイトも、怪しさ満載です。でも、始めから商売を謳っているからそれなりに割り引いて読めます。また、土壇場になって、安倍支持とか言い出してももう驚かないと思います。

しかし逆に、100%ボランティアです、アフィリエイトなんてしませんなどといっているところのほうがかえって怪しいと思うのです。自由業でもないのに仕事の傍ら、そんなに完璧なものが書けるはずがないのです。



気のせいかもしれません。しかし私は今回のミサイル事件を機に、空気が微妙に変わった事を感じています。信じられるのは自分の感性だけです。

banner_04.gif
こういう私の考えに同意してくださる皆様は、ぜひクリックをお願いします
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21011584

疾風迅雷>吉田康彦さま早くも更新
Excerpt: (アニメは無断使用可)
Weblog: 佐藤 健の溶解する日本
Tracked: 2006-07-19 23:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。