2006年07月21日

昭和天皇ご発言メモ報道に隠された悪意



やりやがったな。

これがこのニュースを知ったときに、まず私の頭の中に浮かんだ言葉です。政治工作のためによりによって先帝陛下のお言葉まででっち上げてしまうとは。

しかし、こんな子供だましの手口でも。マスコミを総動員して繰り返し流されれば、そのうち多くの人は信じて疑わないようになるのでしょう。

<昭和天皇>A級戦犯の靖国合祀に不快感 元宮内庁長官メモ
 昭和天皇が1988年に、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)について強い不快感を示し、「だから私はあれ以来参拝はしていない」などと語っていたとされるメモが、当時の宮内庁長官、富田朝彦氏(故人)の手帳に残されていたことが分かった。昭和天皇は78年のA級戦犯合祀以降参拝しなかったが、その理由はこれまで明らかになっていなかった。間接的なメモとはいえ、昭和天皇の合祀についての考えが公になったことで、今後のA級戦犯分祀論議や首相の靖国参拝問題などに影響を与えそうだ。
 遺族らによると、富田氏は、74年に宮内庁次長に就任し、88年6月に長官を退任するまでの間、昭和天皇との会話などを日記や手帳に残していた。
 靖国神社についての発言メモは88年4月で手帳に張り付けてあった。メモはまず、「私は 或る時に、A級が合祀されその上 松岡、白取(原文のまま)までもが、 筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが」と記している。
 「松岡」はA級戦犯で合祀されている日独伊三国同盟を締結した松岡洋右元外相(東京裁判の公判中に死亡)、「白取」は白鳥敏夫元駐伊大使(同裁判で終身禁固刑、収監中に死亡)、「筑波」は66年に旧厚生省からA級戦犯の祭神名票を受け取りながら合祀しなかった筑波藤麿・靖国神社宮司(故人)とみられる。
 メモはさらに「松平の子の今の宮司がどう考えたのか」「松平は 平和に強い考があったと思うのに」などとしたうえで、「だから 私(は)あれ以来参拝していない それが私の心だ」と記している。「松平」は終戦直後の最後の宮内相、松平慶民氏(故人)。「松平の子」は、長男で78年10月ににA級戦犯を合祀した当時の靖国神社宮司、松平永芳氏(同)とみられる。昭和天皇は松平永芳氏が決断した合祀に不満だったことを示している。
 昭和天皇は45〜75年に8回靖国神社を参拝した。
 富田氏は警察官僚出身で、72年の浅間山荘事件を警察庁警備局長として指揮し、74年に宮内庁次長、78〜88年まで同長官を務めた。その間の87年には昭和天皇が天皇として初めて開腹手術を受けることを決断した。退任後は国家公安委員を務め、03年11月、83歳で死去した。
 遺族によると、富田氏は昭和天皇とよく御所などで会話し、それらをメモなどに書きとめ本棚に保管していた。靖国神社をめぐる今回の発言については、富田氏が長官を務めていた当時、直接聞いたことがあるという。
 昭和天皇の不快感について、靖国神社広報課は「コメントは差し控えたい」と短く談話を公表した。【桐野耕一】
■富田氏メモ靖国部分の全文■
 私は 或る時に、A級が合祀されその上 松岡、白取までもが、
 筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが
 松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々と
 松平は 平和に強い考があったと思うのに 親の心子知らずと思っている
 だから 私あれ以来参拝していない それが私の心だ(原文のまま)
 ◇内容信用できる
 ▽「昭和天皇独白録」の出版に携わった作家の半藤一利さんの話 あり合わせのメモが張り付けられていて、昭和天皇の言葉をその場で何かに書き付けた臨場感が感じられた。内容はかなり信頼できると思う。昭和天皇は人のことをあまり言わないが、メモでは案外に自分の考えを話していた。A級戦犯合祀を昭和天皇が疑問視していたことがはっきり示されている。小泉純一郎首相は、参拝するかどうかについて、昭和天皇の判断を気にしないのではないか。あくまで首相の心の問題で、最終的には首相が判断するだろう。
 ▽A級戦犯 第二次世界大戦後、ポツダム宣言に基づいて開かれた戦犯裁判で、「中心的指導者」とされた被告。終戦間際に連合国側が定めた「平和に対する罪」に該当するなどとして、首相経験者や陸海軍高官ら28人が起訴された。極東国際軍事裁判(東京裁判)での48年の判決では、全員有罪(公判中に2人死亡)で、東条英機元首相ら7人に絞首刑が言い渡された。78年10月に絞首刑の7人と公判中や収監中に死亡した7人の計14人が靖国神社に合祀されている。
 ◇分祀論議などにも微妙な影響
 昭和天皇がA級戦犯の合祀に不快感を示していたことを裏付ける資料が発見されたことは、小泉純一郎首相の靖国神社参拝がクローズアップされる中、政界に根強いA級戦犯分祀論議に一定の追い風となりそうだ。ただ、靖国神社側は分祀について、これまで強く否定している。
 天皇参拝が途絶えたことは、78年のA級戦犯合祀に配慮したとの指摘がもともと政界に強かった。一方で、75年の最後の天皇参拝と合祀の間に約3年の空白があることから、国会で野党が天皇参拝を追及したことが原因、との反論も根強かった。安倍晋三官房長官は20日の記者会見で資料について「宮内庁からは『個人のメモに基づくもので、詳細を承知していない』と報告を受けている。天皇陛下の参拝については、そのときどきの社会情勢など諸般の事情を考慮しながら慎重に検討して宮内庁で対処してきた」と説明。小泉首相の参拝への影響については「首相自身が判断するものだ」と語った。
 A級戦犯については、自民党の古賀誠元幹事長、山崎拓前副総裁らが神社からの分祀論を提起している。かねて中曽根康弘元首相は「天皇陛下もお参りできるためには分祀が一番いい」と主張しており、今回の資料発見で天皇参拝の復活を求める観点からの分祀論が勢いを得る可能性はある。
 ただ、政界が分祀論議を提起することは政教分離原則に抵触するとの批判があるうえ、靖国神社側は分祀を強く否定しており、状況は複雑だ。【中川佳昭】
(毎日新聞) - 7月20日14時12分更新

まず最初に、これは例によって朝日などの左翼勢力の捏造ではないかと思いました。しかしよく考えたら、そんな事は不可能だと思いました。自分の命が惜しかったら、こんな冒険はできないはずです。

たとえそれが本当であったとしても、そんなことを発表できるはずがないのです。何しろ陛下ご自身が、秘密を墓場まで持って行く事を選択されたのです。それを暴くということは、陛下のご遺志に背く事に他なりません。

でも、発表した。ということは、この情報が特ダネなどではなく、すでにオーソライズされていたということを意味するはずです。日経や朝日の幹部社員はもとより、官邸も、そして宗主国アメリカさまも、認めているはずです。

でなければこんなニュース、流せるはずがないのです。


これが中共の工作でない理由。それは、彼らは口では靖国参拝を批判しつつも、本音では歓迎しているからです。国内をまとめるためには、日本にはまだまだ悪役を演じてもらわなくては困るからです。

だとしたら、これはアメリカサイド=つまり官邸側に有利な仕掛けであるはずです。

すると、昨年から続いてきた一本の線が見えてきませんか。

◆郵政選挙で保守派議員を切り捨て
◆西村議員の逮捕
◆皇室典範改正問題
(これに、「作る会」の内紛問題を絡めてもよい)

つまり、官邸は明らかに左旋回しているのです。小泉首相は愛国者の振りをしていますが、単に靖国神社にお参りに行っているだけです。外堀は着々と埋められているのです。

そしてここでついに、完全に伝統保守の立場から決別する根拠を与えるのが、今回の冨田メモなのです。これによって、密かに進めてきた国立戦没者追悼施設建設に正当性が与えられる事になりました。

つまり、靖国問題はこれによって無効化するのです。


思えば小泉氏が自民党総裁に選出された時に決定的な役割を果たしたのが遺族会の票であったと言われます。その時の公約を果たすために彼は形だけ参拝を続けてはいましたが、どうもやり方に違和感があったのは事実です。

そして選挙に勝ち、さらには北朝鮮問題という追い風を得て、もはや彼らに配慮する必要はなくなったという判断から、このニュースを公表する事にしたのです。

特ダネなんかであるものか。どうせずっと前から準備されていたに違いないのです。(そう考えると、イスラエル訪問の際のあれは実に意味深なモメントに思えます)


さて、靖国問題といえば常にセットになって論じられるのが東京裁判の評価ですが、この一件で靖国参拝をしない事が正当であると確定してしまえば、もう議論の対象にはなりません。

議論されないということは、もう蒸し返さない、つまり、戦勝国が敗戦国を裁いたあの裁判と、その結果としての世界スキームを半永久的に受け入れるということです。

つまり、名実的に属国となることを選んだということなのです。


話はそれますが、ここで取ってつけたように松岡洋右元外相の名前が出てきます。彼は三国軍事同盟を結んだ当事者として稀代の悪役とされていますが、彼ほど不当な評価をされている人もいないと私は思っています。

もっとも彼だけでなく、同時代の政治家すべて、不当にしか評価されていません。それをこの一連の動きは、歴史的評価として確定させてしまうのです。

天皇のお言葉の名の下に。大東亜戦争開戦の真実はどうだったのか、研究することすら制約されてしまいかねないのです。アメリカと中共の都合のいい様に書きかえられた歴史が、これで定着してしまうのです。


それから、この一件で一番得をするのは実は公明党ではないですか。何しろ目の上のたんこぶだった国家神道を排除する事ができるのですから。

中国との融和を主張していた民主党の小沢さんは、残念ながらこのままでは出番がなくなってしまいます。更なる奮起を期待したいところです。

そして安倍さんは、これで思い残すことなくアメリカ追従一直線ですね。ところであなたがあれほど守りたいと仰っていた、美しい国日本は今や風前のともし火なのですが、これから一体何を守るお積もりなのですか。


banner_04.gif
日本は今大変な岐路に立っていると思われる皆様は、是非クリックをお願いします。
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
こちらの不具合でTBできないことがあります。原因が分かりません。
お許しください。
Posted by 斜眼 at 2006年07月22日 22:45
>つまり、名実的に属国となることを選んだということなのです。

論理の飛躍では(汗

アメリカが嫌いなようですが、それでどうしろと(汗
Posted by 滑稽本 at 2006年07月24日 15:40
>斜眼さま

ご丁寧にありがとうございました。
あまりお気にされませんよう。


>滑稽本さま

説明不足かもしれませんが、飛躍ではありません。

A級戦犯分祀は中国韓国の希望だけではなく、アメリカも望むとことです。いやむしろ、アメリカこそが、彼らの復権をもっとも警戒しているのです。なぜなら、彼らを裁いたのは、他ならぬアメリカだからです。

アメリカにとって、日本は永久に犯罪者国家であり、そこに一片の正義もあってはならないのです。それがなりより証拠には、未だに原爆を落とした事を謝罪していない。

>アメリカが嫌いなようですが、それでどうしろと(汗

嫌いじゃないですよ。むかつきますが尊敬しています。

どうしろとお聞きになりますか?

二度と彼らに騙されて、悲惨な戦争に巻き込まれない事。そのためには、私たちはもっと賢くならなければならない。それが一番大切なことだと思っています。


Posted by 非国際人 at 2006年07月25日 04:18
TBありがとうございました。
大変面白い視点ですね。
アメリカと中国が利害を同じくする、このことがどうも忘れられ、単純な反中が横行しているのは困ったものです。
Posted by 虎哲 at 2006年07月25日 10:09
>虎哲さま
コメントありがとうございます。

このニュースで反中になるのも、親中になるのも、相手の思う壺だと思っています。

記事で私のいいたかった事の一つが、中共だってそんなバカではない、黒幕は他にいるはずだということです。
Posted by 非国際人 at 2006年07月26日 20:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21173982

[昭和天皇のお言葉]日経富田メモ タレこみネタ2
Excerpt: あっしのところに送られてきた画像アニメーション ...
Weblog: Let's Blow! 毒吐き@てっく
Tracked: 2006-07-22 04:22

大御心と靖國参拝そして僕
Excerpt:  実にタイムリーにこうゆうものが出てくる。 そして僕はすかさず連想したことがあるのだけれども、それは中川政調会長が主唱する千鳥ヶ淵戦没者墓園の整備拡充構想の政府の推進姿勢とそのことに関する「..
Weblog: 佐藤 健の溶解する日本
Tracked: 2006-07-22 05:53

昭和天皇「A級戦犯靖国合祀に不快感」
Excerpt: 昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感・元宮内庁長官が発言メモ(日経) そりゃこういうのはあったのだろうけど、今時リークするとは、小泉=安倍に大打撃は必至かもね。
Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
Tracked: 2006-07-22 08:28

昭和天皇の靖国発言について
Excerpt: 昭和天皇「私はあれ以来参拝していない」 A級戦犯合祀 (朝日新聞) - goo ニュース 昭和天皇が死去前年の1988年、靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されたことについて、「私はあれ以来参拝して..
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2006-07-22 08:41

最善のテロ対策:第1歩は自民・公明政権を引きずりおろすこと
Excerpt: 2006.7.21.19.50ころ 今年成立した「出入国管理及び難民認定法の改定
Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
Tracked: 2006-07-22 08:52

昭和天皇の靖国神社のA級戦犯合祀に関する発言メモについて
Excerpt: 【コメントを下さった方々へ 有難うございます。風邪気味のため、レスが遅れますが ご容赦下さい。m(__)m】    20日、日本経済新聞が朝刊で、大きなスクープ記事を掲載した。  昭和..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-07-22 09:05

世紀の大スクープ・・・なのか!?
Excerpt: 昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感・元宮内庁長官が発言メモ(日本経済新聞) 日経.
Weblog: ぐっじょぶろぐ
Tracked: 2006-07-22 09:13

昭和天皇 A級合祀に不快感
Excerpt: 昭和天皇、合祀に不快感 靖国のA級戦犯に触れ (共同通信) - goo ニュース 20日の朝 みのさんの朝ズバを見たら当時の宮内庁長官が残したメモが見つかり日経特種となった話をしていた {/usag..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2006-07-22 09:23

朝日、毎日が「天皇親政」を推進
Excerpt: 「昭和天皇が批判しているのだから、尚更為政者は止めるべきだ」というのであれば、「天皇による政治の支配」を認めたも同然。 皇室そのものに関係する皇室典範改正論議の中「皇族は発言を慎むべき」と社説に書いた..
Weblog: さらに僕はぼやき続ける
Tracked: 2006-07-22 09:24

★昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感
Excerpt: 中国訪問中の古賀誠自民党元幹事長に、中国側の王家瑞・中国共産党対外連絡部長が、A級戦犯分祀論に触れ「注目している。日本で受け入れられるなら良い方向だ」って、期待感を示し・・曽慶紅国家副主席も「早期に両..
Weblog: スナフキン・レポート♪
Tracked: 2006-07-22 09:58

昭和天皇「私はあれ以来参拝していない」 A級戦犯合祀
Excerpt: 昭和天皇「私はあれ以来参拝していない」 A級戦犯合祀  昭和天皇が死去前年の1988年、靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されたことについて、「私はあれ以来参拝していない それが私の心だ」など..
Weblog: 局の独り言。
Tracked: 2006-07-22 10:13

だからどうした
Excerpt: 朝から大変なニュースをやっていたのね。 昭和天皇、A級戦犯合祀に不快感 当時の宮内庁長官メモ どういう経緯でこれが出てきたのか、何故今頃出てきたのか、いろいろ背景がわからない以上は、迂闊にこれを鵜呑..
Weblog: 桜日和
Tracked: 2006-07-22 10:40

反靖国キャンペーンが始まりそうですが
Excerpt:  日経新聞が「昭和天皇のメモ」を20日朝刊一面で報じ反日サヨ共の間ではお祭り騒ぎのようです。  なにかと言えば、天皇という存在を否定したがるくせに、これこそ「鶴の一声」と言わんばかりに靖国の元A項戦犯..
Weblog: 電波Blog+(ぷらす)
Tracked: 2006-07-22 10:46

靖国論議
Excerpt: 昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感・元宮内庁長官が発言メモ  昭和天皇が1988年、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に強い不快感を示し、「だから私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ」と、当時の..
Weblog: bar Mafia
Tracked: 2006-07-22 11:17

靖国A級戦犯合祀問題:靖国参拝は首相を辞職して行け!
Excerpt: 少し前にKojitakenさんが 「靖国神社と昭和天皇」という記事の中で問題提起していた「昭和天皇が激怒していたA級戦犯合祀」について、天皇のメモが宮内庁で見つかったことがわかったそうで、「昭..
Weblog: カナダde日本語
Tracked: 2006-07-22 12:23

米国 狂牛病サーベイランス計画縮小へ
Excerpt:  米国農務省(USDA)が20日、04年6月以来の狂牛病(BSE)拡大サーベイランス計画の実施を取りやめ、早ければ8月末にも新たな縮小サーベイランス計画を始動させると発表した。  USDA ANNO..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-07-22 13:10

今だからあえてする靖国論と安倍氏批判
Excerpt: 昭和天皇の意思として、発表された日経新聞の記事が「靖国」問題について新たな波紋を投げかけている。 昭和天皇の意志、明確に——時代の貴重な証言、富田元長官、日記や手帳に。 ..
Weblog: されど歩み続ける
Tracked: 2006-07-22 13:58

[富田メモ]日経の「抜粋」に関する疑問など
Excerpt: さて、こちらの続きを昨日のうちにエントリしようと思っていましたが寝落ちしてしまいました。 まず、このメモに関する記事について、私が最初に思ったことは、 昭和天皇がこのようなお言葉をおっ..
Weblog: BBRの雑記帳
Tracked: 2006-07-22 14:41

宮内庁元長官のメモは小泉・安倍にとって渡りに船
Excerpt: 北朝鮮ミサイルをめぐる騒動について、私はいまだにしっくり来ない。それについては後日あらためてブログに書き残しておこうと思います。自分の感性がどの程度のものか、私のピントがずれているだけなのか、これから..
Weblog: 大和ごころ。ときどきその他
Tracked: 2006-07-22 16:15

昭和天皇メモ???
Excerpt: 昭和天皇が靖国へのA級戦犯合祀に対して批判し、それ以降の参拝を行わなくなった・・・という記事が日本経済新聞のスク−プし、それを元に、国内外のマスコミが大々的に報道されている。 http://head..
Weblog: 手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ
Tracked: 2006-07-22 17:04

靖国神社A級戦犯合祀に昭和天皇が不快感?
Excerpt: 昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀に不快感を持っていたという内容の、元宮内庁長官のメモに関するニュース。 靖国神社参拝の問題に少なからず影響があるでしょうが、くだんのメモの内容は、短絡的に考えず、ま..
Weblog: 独 言 工 房
Tracked: 2006-07-22 18:35

驚き!A級戦犯に対する昭和天皇のご発言(故富田朝彦宮内庁長官が書き留めたメモ)
Excerpt:  新聞をみて、今頃、どうしてタイミングよく、このようなメモが発見されたのであろうか?私は不思議に思った。  大体天皇陛下は、ご自分の感情や意向をお話になることはない、と思っていた。昭和天皇が、A級戦..
Weblog: やぶにらみトーク
Tracked: 2006-07-22 20:40

靖国神社は今のままで何が悪い!
Excerpt: 何か当てつけたように出てくるなあ、野中のカバンもちコガが分祀をおせば、昭和天皇まで今頃になって引っ張り出してきたよ。
Weblog: がんばれニッポン!
Tracked: 2006-07-22 21:00

昭和天皇「A級戦犯」合祀に不快感を?
Excerpt: 昭和天皇が「A級戦犯」合祀に不快感を示す発言をされたとする、 故富田朝彦元宮内庁...
Weblog: 新・だんなの屋根裏部屋
Tracked: 2006-07-22 21:47

先帝陛下の言葉を政治利用しようとする売国奴ども
Excerpt: 昨日の日本経済新聞一面に、昭和天皇が当時の宮内庁長官に語ったとされる内容について
Weblog: 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
Tracked: 2006-07-22 22:43

昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感
Excerpt: 何でこの時期に?と思ったけれど、この時期だから出てきたのかな。 昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感・元宮内庁長官が発言メモ 昭和天皇が1988年、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に..
Weblog: 聞いた、見た、読んだ。
Tracked: 2006-07-22 22:44

昭和天皇のA級戦犯発言のメモについて
Excerpt:  今日通勤途中に電車の中で日経新聞を見ている人がいて、見出しに「昭和天皇」と「靖国」という文字が見えたので日経新聞を入手して調べました。結論から言えば、新聞記者のモラルを疑うほどに偏った記事という印象..
Weblog: 新聞記事・ニュース批評@ブログ
Tracked: 2006-07-22 22:50

靖国問題 天皇メモで得するのは?
Excerpt: 毎年のように終戦記念日近くになると閣僚あるいは首相の靖国参拝が話題になる。 そして9月に自民党の総裁選を控えているこの時期またビッグな話題が日経新聞によってもたらされた。何故今この時期に?の「天皇メ..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2006-07-22 23:04

天皇A級戦犯発言問題暫定トップページ
Excerpt: 7月20日、富田宮内庁長官(故人)のメモとされるものがマスコミで大きく報道されました。その資料事体1988年とかなり前のものであるにもかかわらず、2006年に突然報道された点。また、報道された時期が終..
Weblog: 天皇A級戦犯発言報道に関する簡易まとめサイト
Tracked: 2006-07-23 02:39

A級戦犯合祀に不快感: 天皇メモ。
Excerpt: 一応、同時代にいた人間として感想を記録しておこうと思います。 富田メモから私が読み取ったのは、 A級戦犯分祀は東京裁判を是認することにはならない。 A級戦犯が「国のために命を捧げた人たち」と..
Weblog: 半休眠ぶろぐ
Tracked: 2006-07-23 06:36

天皇メモ、真贋をめぐって御用学者大活躍
Excerpt: 御用学者という存在がいる。たとえば「いわゆる右系」の御用学者は、はじめから「いわゆる右系」の人が喜ぶような結論を想定し、それにあわせる形で、資料などを組み合わせていく。そうすると南京虐殺もなくなってし..
Weblog: ニュースは踊る
Tracked: 2006-07-23 10:39

富田元宮内庁長官のメモ問題1
Excerpt: 元宮内庁長官の手帳と日記 富田朝彦元宮内庁長官が残した手帳のメモと日記(後方)。メモからは、昭和天皇がA級 戦犯合祀に強い不快感を示していたことが読み取れる(20日午後、東京・..
Weblog: 諸葛川
Tracked: 2006-07-23 15:18

富田メモその後の推移>藤尾さんの言葉という説もあるが
Excerpt:  日経が記事にした日の夜には既に当該メモの内容として紹介された部分が、藤尾元文部大臣の言葉ではないのかという指摘があちこちから流れて、一つ間違えば、民主党の偽メール事件同様に日本経済新聞炎上と..
Weblog: 佐藤 健の溶解する日本
Tracked: 2006-07-23 20:14

日本に在住するすべての外国工作員諸君:君が余りにも長く日本に居すぎたことに気付くのはこんなときだ!
Excerpt: "You Know You've Been in Japan Too Long When..." というタイトルのおもしろいリストを見つけたのでご紹介しよう.「こうなったらあなたはもう間違いなく日本人..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2006-07-24 05:55

<昭和天皇>A級戦犯の靖国合祀に不快感 元宮内庁長官メモ
Excerpt: <昭和天皇>A級戦犯の靖国合祀に不快感 元宮内庁長官メモ  昭和天皇が1988年に、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)について強い不快感を示し、「だから私はあれ以来参拝はしていない」などと語ってい..
Weblog: 滑稽本
Tracked: 2006-07-24 15:44

安倍氏への応援は「無償の愛」…山本一太
Excerpt:  「安倍晋三総理」実現へ、歯にきぬ着せない発言を繰り返す“過激派サポーター”の自民党・山本一太参院議員(48)。このほど「なぜいま安倍晋三なのか」(リヨン社)を出版し援護態勢にさらなる加速をつけた。「..
Weblog: 経営者の独り言
Tracked: 2006-07-24 17:00

昭和天皇の靖国問題発言で永田町は大騒ぎ
Excerpt:  今日は朝から、日本経済新聞一面トップの「A級戦犯靖国合祀 昭和天皇が不快感」という記事でどこもかしこももちきりである。 筆者としては、記事内容を読んで「なるほどね」とは感じるものの、政界の大騒ぎや、..
Weblog: 日本大好き、好きです早稲田日記
Tracked: 2006-07-24 22:27

家畜化する日本(狂牛病問題)
Excerpt: 『ツギハギメモ』騒動の裏で、アメリカ病気牛の輸入再々開されようとしている。ふざけ
Weblog: 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
Tracked: 2006-07-25 01:37

靖国参拝 総裁候補は考えを語れ
Excerpt: <P> 朝日新聞の世論調査では、小泉首相が任期中に参拝することに反対する人は57%で、賛成の29%を大きく上回った。次の首相の参拝についても反対が60%を占め、賛成と答えた人のちょうど3倍..
Weblog: 経営者の独り言
Tracked: 2006-07-25 17:20

(画像)富田メモ@昭和天皇発言問題 捏造ですか?>日経さん
Excerpt: 富田メモは昭和天皇ではなく藤尾元文相の発言 日本経済新聞はよっぽど強制捜査の話題を大きくしたくなかったんだろうね。例の日経とっては大問題のインサイダー事件の強制捜査は7月20日でこのスクープの日。 ..
Weblog: Here There and Everywhere
Tracked: 2006-07-26 07:26

死人に口無し、中共流証拠捏造術
Excerpt: 中国の一般的なやり口に「死んでしまった人がこう言っていた」と「その人の死を待って」その後にヘラヘラと公言し始める手口がある。故後藤田正晴氏の場合もそうだった。<a href=&q..
Weblog: 三輪のレッドアラート
Tracked: 2006-07-29 23:00

皇室の政治利用は、慎んでくださいね > 朝日新聞
Excerpt: 朝日新聞、社説に二面性…皇室の発言に対し  朝日新聞が皇室に対する二面性を露呈している。  同紙は21日付の社説で「A級戦犯合祀(ごうし) 昭和天皇の重い言葉」として、昭和天皇が靖国神社へのA級..
Weblog: Dogma_and_prejudice
Tracked: 2006-07-31 14:41

富田メモと十六菊
Excerpt:  「サブカル雑食手帳 」というブログに「菊のタブー」絡みの表現弾圧事件史という更新がある。 所謂右傾化の兆しとしての「菊のタブー」に関する考察で、主に右側からのこれを利用した、あるいは便乗した策動に..
Weblog: 憂国ほにゃらら亭
Tracked: 2006-09-21 10:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。