2006年08月04日

歴史と伝統の継承 その重要性を論ず



前のエントリーで私が言いたかったことは、英語を話す以前にちゃんとしたものの考え方をマスターすることが大切だということでした。

つまり、よく言われるように、英語を習う前にまず日本語を習得せよということです。


このようになってしまった原因はなんでしょうか。私はやはり戦後教育にあると思います。それと、マスコミにあると思います。そして、それはおそらく戦後の日本政府の方針に基づいてのことだったと思います。

古いものを全否定して、新しいものはなんでも素晴らしいかのように教え、論じてきたその態度にあると思います。

そのせいで、私たちは過去の伝統から完全に切り離されてしまいました。それだけではありません。過去を全く反省し、総括することなく、言わば無責任に、白紙の状態で新たな歴史を始めてしまったのです。


実は、同じような断絶が過去にも一度ありました。もうお分かりだと思いますが、明治維新のことです。

この二つの出来事のお陰で、私たちは過去を持たぬ民族になってしまいました。そして、自分の国のことよりも、太平洋の向こう側のことの方が身近に感じられるという、倒錯した国民に成り果ててしまいました。

このことを私たちは、もっと真剣に反省しなくてはなりません。


確かに教科書は悪かった。マスコミも悪かった。でも文化を伝承する手段はそれだけではないはずです。親から子へと、あるいは地域社会内で、なされて然るべきでした。

でもそれは、なされませんでした。いや、正確に言えばなされたのですが、ここ二十年くらいの間に、急激に衰退して行った、そんな印象があります。

私たちは顔こそ日本人でも、心はすでに日本人ではないのです。かと言ってアメリカ人にもなれるわけがない。つまり、私たちは何者でもないのです。民族としての記憶を失って、ただ動物のように本能だけで生きているのです。


しかし、どんなに空虚な存在であろうが、四つの小さな島とその周辺に閉じこもって、日本語を話してさえいれば、それは大きな問題ではありません。問題は経済大国として、改めて国際社会と対峙した時、初めて露呈したのです。

つまり、日本人は、何も、考えていない。

そのことを国際社会から見切られた時、わが国の第二の敗戦が始まったのです。


歴史を持たない民族は、必ず滅びると言われます。

私たちは今こそ謙虚に、先人たちの足跡を辿らなければなりません。そして、私たちが何者であるかを知らなければなりません。

それこそが、国際社会で私たちが生き延びていく上で必要なことだと思うのです。


最後にご参考までに、私が以前に書いた記事です
戦後民主主義の軽薄とツケ
認めよう、我々は騙されていたのだ



banner_04.gif
ご理解していただける皆様は、ぜひ。

この記事へのコメント
おひさしぶりです。
少し前まではブログを覗いていたのですが、更新されなかったので心配して居りました。

TB有難う御座います。
久々に拝見させていただいた記事も素晴らしいですね。
有難いお言葉を胸に留めておきたいと思います。
Posted by 田舎の神主 at 2006年08月07日 00:32
田舎の神主さま

ご無沙汰しております。
テンションが高すぎるせいか、時々行方をくらましてしまいます。ご心配をおかけしました。

ありがっていただくほどのものでもないのですが、なんとか自分の頭で考えようと努力しています。こちらこそよろしくお願いします。
Posted by 非国際人 at 2006年08月08日 08:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21901504

米国に戦争なしの繁栄はあり得るのか
Excerpt: この著作は、トルーマンが政権に就いていた1945〜53年に関するものです。 当時の米国政権が戦争をし続けるしかない状況は、現在のブッシュ政権でも変わるところはありません。  日本の戦後長きに渉る平和..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-08-06 15:17

現代と神道 ????その1????
Excerpt: しばらくの間、いつものようなエントリに挟みまして、最近の主旨とは若干趣向を変え、
Weblog: 田舎の神主の学び舎
Tracked: 2006-08-07 00:33

繁栄と幸福への道(仮)
Excerpt: 今回は前回のエントリの続きではありませんが、うちの会報にこれから連載する原稿の第
Weblog: 田舎の神主の学び舎
Tracked: 2006-08-07 00:34

北朝鮮並みの暴力列島と化しつつある日本:8・9長崎原爆祈念日に右翼街宣車が全国から200台結集
Excerpt: 北朝鮮が国家丸ごと暴力団であることは今回のミサイル乱射恐喝事件からも明らかである.実際北朝鮮の外貨獲得主力産品は偽札・覚醒剤・兵器・偽煙草などすべて禁制品の密貿易ばかりであり,かつこれらの取引には必ず..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2006-08-07 15:00

しつけという「家庭の美学」
Excerpt: パソコン画面を長時間見続けられないので、当分軽めのエントリーになります。 夕べラジオを聴いていたら、なかなか興味深い内容をデザイナーの山本耀司氏が話されていました。ファッションから現在の日本を鋭..
Weblog: 大和ごころ。ときどきその他
Tracked: 2006-08-07 16:03

タナハタの御奉り
Excerpt: 今年は7月31日が、旧暦の7月7日。タナハタさまのお奉りだったのです。 伝統行
Weblog: びーちぇの「ヲシテのクニ」
Tracked: 2006-08-09 17:20

すでに食糧配給制が始まっているアメリカ:二千五百六十万人,全人口の10%近くが配給プログラムに依存
Excerpt: 私が2005年11月17日付の「去年の名残の蝋燭を立てて,今宵早めのメリークリスマス!」と題するエントリで,「これから5年以内に主食の配給制の復活が必要になるだろう」と予言したことを記憶されている読者..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2006-08-10 08:06

よかれと思ってする
Excerpt: □今日のなるほど!英語表現編【中級レベル】□  「よかれと思ってする」 英語で?
Weblog: なるほど!英語表現〜「趣味から始める英会話」火曜日版〜
Tracked: 2006-08-10 11:18

ケネディ政権のときに本格実践された食糧配給制(フードスタンププログラム)は公民権運動の成果でもある
Excerpt: 前便でも書いたように,私がアメリカで現に食糧配給制が実施されているという事実を知ったのは,≪喜八ブログ≫経由で読んだ在米フリーランス・ジャーナリスト堤未果氏の記事によるが,阿修羅掲示板では SunSh..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2006-08-13 11:32

これまでの歴史を検証すると,戦争は「起きる」のではなく,必ず何者かによって「引き起こされている」
Excerpt: このエントリは8月15日にちなんだつもりでもないのだが,阿修羅掲示板のあっくんという多分かなり若い書き手の投稿(下記参照)に触発されて書かれたものである. あらゆる戦争に向かう道は止めるべき。 ..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2006-08-16 01:17

改正入管法からみえるもの:国の情報、データベース管理が外資の意のままになる(SENKI, 200...
Excerpt: 共産主義者同盟の一分派である戦旗日向派(荒岱介)は90年代にマルクス・レーニン主義を放棄して名前もブント (BUND) と変更し,路線をエコロジー運動に切り替えた.SENKIはブントの機関紙であるが,..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2006-08-19 14:21

現代と神道 ????その1????
Excerpt: しばらくの間、いつものようなエントリに挟みまして、最近の主旨とは若干趣向を変え、
Weblog: 田舎の神主の学び舎
Tracked: 2006-08-22 00:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。