2006年08月23日

騙されるとはこういう事だと思う



騙されてはいけないと、私は常々書いて来ました。我々国民にとって、騙される究極の形とは、戦争に駆り出されることだと思っています。たとえどんな理由があれ、戦戈を交えてしまったらおしまいなのです。

終戦記念日からはずいぶん日が経ってしまいましたが、話題になったらしい木走日記さんのこのエントリーを読ませていただきました。読んでない人も、一読の価値がありますのでぜひ。
 「百人斬り競争」の当事者の一人である野田元少尉が戦後1948年1月28日に南京郊外の雨花台で銃殺処刑されるまでに獄中で綴った手記が月刊誌『月刊WiLL 8月号』に掲載されています。

特集南京大虐殺の真実

「百人斬り」野田元少尉銃殺までの獄中日記

月刊WiLL 8月号 P.212〜P224

 これは読み応えがありました。いつ処刑されるかわからぬまま、一日、一日を過ごしていく野田氏。不安と希望に苛まれる日々。手記は処刑当日まで綴られています。

 1947年12月18日に南京の法廷で「百人斬り競争」の罪に問われた野田元少尉は銃殺刑の宣告をついに受けます。

 おそらくその判決を受け覚悟を決めたのであろう12月28日の手記、「一.日本国民に告ぐ」と題した一文は、とても考えさせられる読み応えのある文章でした。

『月刊WiLL 8月号』より12月28日の該当個所を引用。


一。日本国民に告ぐ

 私は曽って新聞紙上に向井利明と百人斬競争をやったと云われる野田毅であります。自らの恥を申し上げて面目ありませんが冗談話をして虚報の武勇伝を以て世の中をお騒がせし申し上げた事につき衷心よりお詫び申上げます。「馬鹿野郎」と罵倒嘲笑されても甘受致します。

 只、今般中国の裁判に於て俘虜住民を虐殺し南京屠殺に関係ありと判定させられましたことに就ては私は断乎無実を叫ぶものであります。

 再言します。私は南京に於て百人斬の屠殺をやったことはありません。此の点日本国民はどうか私を信じて頂きます。

 たとい私は死刑を執行されてもかまいません。微々たる野田毅の生命一個位い日本にとっては問題でありません。然し問題が一つ残ります。日本国民が胸中に怨みを残すことです。それは断じていけません。私の死を以て今後中日間の怨みや讐(あだ)や仇(かたき)を絶対にやめて頂きたいのです。

 東洋の隣国がお互いに血を以て血を洗うが様な馬鹿げたことのいけないことは常識を以てしても解ります。

 今後は恩讐を越えて誠心を以て中国と手を取り、東洋平和否世界平和に邁進して頂きたいです。

 中国人も人間であり東洋人です。我々日本人が至誠を以てするなら中国人にも解らない筈はありません。

 至誠神に通じると申します。同じ東洋人たる日本人の血の叫びは必ず通じます。

 西郷さんは「敬天愛人」と申しました。何卒中国を愛して頂きます。

 愛と至誠には国境はありません。中国より死刑を宣告された私自身が身を捨てて中日提携の楔となり東洋平和の人柱となり、何等中国に対して恨みを抱かないと云う大愛の心境に到達し得た事を以て日本国民も之を諒とせられ、私の死を意義あらしめる様にして頂きたいのです。

 猜疑あるところに必ず戦争を誘発致します。幸い日本は武器を捨てました。武器は平和の道具でなかった事は日本に敗戦を以て神が教示されたのです。

 日本は世界平和の大道を進まんとするなら武器による戦争以外の道を自ら発見し求めねばなりません。此れこそ今後日本に残された重大なる課題であります。それは何でしょうか。根本精神は「愛」と「至誠」です。

 此の二つの言葉を日本国民への花むけとしてお贈り致しまして私のお詫びとお別れの言葉と致します。

 桜の愛、富士山の至誠、日本よ覚醒せよ。さらば日本国民よ。日本男児の血の叫びを聞け。

(月刊WiLL 8月号 P.220〜P221より抜粋)

実は私は、多少割り引いて読んでいます。この首記が書かれた状況が状況だからです。でも、「桜の愛、富士山の至誠」という語句には日本人として心を打たれないわけにはいきません。これだけは借り物の言葉では決してないと思います。


本人が本当に百人斬っているか否かはここでは問題ではありません。問題は、彼がそのことにより当時マスコミの寵児であった事、そしてそれが敗戦で一転して、中国側に断罪される理由とされたという点です。

繰り返しますが、やったかやらないかはここでは問いません。しかし、彼がそれをひけらかしていたのは事実です。それを賞賛するような空気があり、殺した数を競うようなことがあったのでしょう。(そして、それを煽ったのが他ならぬマスコミであったことが木走さんのエントリーの重要なポイントです)

くれぐれも安易に今の道徳では裁かないで下さい。戦争とはそう言うものです。私たちが召集される時は、殺されに行くのではありません。殺しに行くのです。殺人マシーンとしての役割を期待されて行くのです。

たとえ殺す気がなくても、殺さなければ、自分が殺されるのです。国家が、私たちをそういう場所に追い込むのです。愛する同胞を守るためとか、奇麗事を言って、騙して戦地に連れて行くのです。

いくら奇麗事を言っても、やる事は一緒です。ケモノのように殺し合うだけです。あなたは、ゴルゴ13もランボーでもないし、堀部安兵衛でも椿三十郎でもありません。

誰もが恐怖に駆られて、殺して殺して殺しまくる。そこに殺しの美学だの、ましてや人道上の配慮など、入る余地などあるものですか。


その結果、勝てばヒーローです。しかし負ければこういうことになるということです。最後に骨を拾ってくれる国家は、崩壊してすでにない。異国の地で、一方的に裁かれて、こんなはずではなかったと慙愧の念に震えながら悶え死にするしかないのです。

もちろん、今更後悔しても遅いのです。しかし、数え切れない人たちが騙されたことにすら気付くひまもなく軍神になってしまったことを考えると、この時点で騙されたと気付くにはなんと残酷なことでしょう。

中国で裁かれたということは、かなりひどい扱いを受けたであろうことは想像に難くはありません。思想教育もあったと思います。しかし、行間に彼なりの苦悶の跡があったことが私には見て取れます。それが、作り物の文章とは違う感動を与えます。

もちろん、彼は決して悪くないのです。戦争なんですから。殺すのが仕事なんですから。その空気の中で、殺さないという選択肢は存在しなかったのですから。


仮に戦争がなかったら、彼は周囲の期待を裏切らない、職場や地域のリーダーとして何の変哲もない平凡な人生を送ったに違いないのです。少なくても、殺人鬼と呼ばれる事はなかったはずです。

しかし、戦争がすべてを変えてしまったのです。

私たちは、あらゆる手段を使って、戦争を避ける道を模索しなければならないのです。もちろん、ただ平和を唱えていればいいとも思えません。硬軟取り混ぜていろんなオプションを持つべきだとは思います。

しかし、絶対にぶち切れてはいけません。言葉に酔わされてはいけません。苦しむのは、私たち自身です。日本国も日本国民も、もっともっと賢くならなければいけません。


愛と至誠だけでは足りません。そこに智恵が伴わなければいけません。私たちはまだまだナイーブ過ぎます。

banner_04.gif
ご参考になりましたら、ぜひこちらを。

この記事へのコメント
今回の記事、感銘を受けました。

>もちろん、彼は決して悪くないのです。戦争なんですから。殺すのが仕事なんですから。その空気の中で、殺さないという選択肢は存在しなかったのですから。

同感です。軍隊の中で殺さないという選択肢は、ほぼないと思います。
もし戦争がなかったら、平凡であったろう彼の人生、拘束されている中、どのように感じたでしょうか?

>しかし、絶対にぶち切れてはいけません。言葉に酔わされてはいけません。苦しむのは、私たち自身です。日本国も日本国民も、もっともっと賢くならなければいけません。

キレるのは簡単です。ですが、そんなことをしたら、すべて終わりです。「ならぬ堪忍、するが堪忍」ですね。
誰かの安易な言葉に流されてしまいがちな風潮ですが、警戒していかねばなりません。
Posted by 発掘屋 at 2006年08月23日 23:06
実に感動できる記事です。
ブログにおくのはもったいない。
次期総理になるらしい若造は、憲法九条を変えると今から言い出しています。アイツのホームページに叩き込んではいかがですか。
敗戦記念日に私が自分のブログに載せた記事をTrackbackします。
Posted by Count_Basie_Band at 2006年08月24日 10:50
 非常に共感してボタンを押しました!
 戦争を知らない世代として、戦争という大きな選択肢を掲げないで生きようという気持ちを新たにしました。戦争を知らないから戦争ができるのだなどと言うことになりたくありません。
Posted by JIN at 2006年08月24日 12:36
>発掘屋さま
お久しぶりです。コメントありがとうございました。

この記事は、野田元少尉の手記を是非とも沢山の人に読んで欲しくて書きました。私の文章の部分は蛇足です。

これほど日本は平和なのに、さも今にも外国が攻めてくるようなことをいう人やマスコミがいます。

しかし、人はマスコミの言うことは結構鵜呑みにするんですよね。右向けと言われたら向くし。

平和な日常が続くことの偉大さをもっと語り継いでいかなければならないと思っています。
Posted by 非国際人 at 2006年08月25日 22:22
>カウント・ベイシー様
コメントありがとうございます。

トラックバックしていただいた記事も読ませていただきました。先輩は空襲の体験者なのですね。こういう生の体験談は、できる限り大切にしたいです。何十年たっても、読み継がれなくてはいけません。

ところであの人たちは、まさか自分が戦争に直接関係するとは思ってないのだろうなという感じがします。本当に想像力の貧困なやつらです。何様のつもりか。

そろそろ庶民はせっせと防空濠でも掘り始めましょうか。
Posted by 非国際人 at 2006年08月25日 22:36
>JINさん
コメントありがとうございます。

戦争を知らない世代っていうのも歌の文句みたいですけど、私たちは、直接には戦争を体験していませんが、私たちの血には脈脈とその経験が生き続けているのですよ。

だから、腰抜けだなんて言わせない。腰抜けといって動揺するのが本当の腰抜けなのだと思います。
Posted by 非国際人 at 2006年08月25日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22693360

年次要望書
Excerpt:  いわゆる「要望書」については多くの方が存在はご存じでしょうが、内容を読んでみたことの無い方も多いのではないでしょうか? ここでは、その一部をご紹介します。関心のある方は米国大使館HPに日本語訳が有り..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-08-23 21:43

あぁ、バカバカしい。
Excerpt:  今年の8月15日は特に騒々しい。小泉が靖国参拝したからだ。  2002年、某誌から頼まれて敗戦頃の想い出を書き綴っている。2か所抜萃する。 **********************  3..
Weblog: 墓の中からコンニチワ
Tracked: 2006-08-24 10:52

鈴木宗男さん情報
Excerpt: WEB で見つけた鈴木宗男さん(新党大地代表)関連情報です。 ■インタビュー記事 鈴木宗男議員インタビュー【1】 鈴木宗男議員インタビュー【2】 鈴木宗男議員インタビュー【3】 鈴木宗男..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2006-08-24 21:00

安倍の地元で痛撃・追撃!とくら多香子の山口選挙区民主党公認立候補を祝し、断固支持する。
Excerpt: (クリックすると拡大します) ※漫画ができたのでとりあえずのアップ。寝不足でふら
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2006-08-24 22:05

安倍氏の政権構想は、ネオコン色を前面に。 イメージ&公明党とのギャップはいかに?
Excerpt: <10時半に 【 】に小泉氏のことを追記>      世間はジョンベネちゃん事件に次いで、早実フィーバー(斉藤投手+タオルハンカチ・ ブーム)に湧き、亀田興毅選手はランバエダ選手との再選が..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-08-24 23:22

NHKその時歴史を変えた
Excerpt: 8月13日NHKスペシャル「日中戦争 ~なぜ戦争は拡大したのか~」 まーた、もっともらしい番組を作り歴史を偏向報道する。 支那放送局NHK。 というわけで終戦特集として支那事変をいろいろと調べてみる
Weblog: 神のいどころ
Tracked: 2006-08-27 01:45

昭和受難者の本当の気持ちとは
Excerpt: 木走日記さんに月刊Will8月号に掲載されていた「百人斬り競争」野田元少尉の手記(南京軍事裁判での死刑判決後に書かれた遺書)の抜粋が紹介されている。 (「百人斬り競争」や手記の詳細についてはぜひ元のブ..
Weblog: されど歩み続ける
Tracked: 2006-08-31 09:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。