2006年09月05日

引きこもりは決して他人事じゃない



引きこもりという個人に対して発生する問題と、日本「国」の問題とは全く別次元のようで、実は密接に関係しているのではないかと常々思っているのですが、何分テーマが壮大なのでそんな大論文を書き上げる余裕なんてありません。

簡単に言いますと、日本国民全体が軽い引きこもり状態にあると思っています。そしてその症状は、文化人も政治家も外交官も何らかの形で共有していると考えています。

どうしたらいいかと言えば、それは引きこもりの原因を取り除く事しかありません。つまり、自分あるいは自分の国について持っている違和感を取り除かなければなりません。

真に大人になるということは、そういう見たくない現実も丸ごとひっくるめて肯定する必要があると思っています。しかし、言うほど簡単じゃないですね。そうやって、人々をいつまで経っても大人にしないシステムが近代なのかもしれません。

そう、日本は近代化の優等生なのですよ。ある意味、本家の欧米よりも近代化してしまったとも言えますが。


ところで以下の文章を書いた人の考えは、私と決して同じではないのですが、所々ドキッとする所も書かれていましたので、今回ご紹介しようと思った次第です。

元引きこもりの引きこもりから卒業する方法:ロンドンのテロについて
僕が知っている事には限りがあるので、参考程度に読んでください。

ロンドンのテロは、ニューヨーク同時多発テロと同じく、
イスラム教を信仰する人の、犯行でした。

これを知ると、イスラム教は人を殺す宗教で、昔は戦争もしていたので、
何でこんなものを信じるんだと思うかもしれませんが、その認識は間違いです。

先に言っておきますが、僕はイスラム教ではありません、キリスト教でもありません、
仏教でもないです、儒教でもないです。
クリスマスを祝って、除夜の鐘を鳴らして、初詣に行ってます。
無宗教なのか、多宗教というのか、一般的な日本人です。

話を戻します、イスラム教は平和を願う宗教です。
ですが、決まってテロを起こすのは、イスラム教信者なのです。

なぜか?それは捉え方の問題です。
イスラム教の中に、悪いことを、見て見ぬ振りをするのはよくない、
というような教えがあります。

これを過激派といわれる人は、悪いことが、よくならないなら、
自分の力で壊してしまおうという思考になるわけです。

その悪いことというのは、キリスト教です。

歴史上キリスト教とイスラム教は戦争を繰り返してきました。
それも遺恨として残ってます。

ただ、キリスト教でも過激派といわれる人たちもいます、
白人過激派といわれる人たちです、この人たちは、白人こそ世界を制するのに、
ふさわしいといって、黒人を差別したりします。

アメリカで銃乱射事件が起こると、必ずといっていいほど、この団体の名前が出てきます。
これも、イスラム過激派が起こす事件と、やっているkことは変わらないと思います。

そして、日本人の場合は、引きこもりになるのだと思います。

イスラム、キリストの過激派両方に言えるのは、今いる社会に不満を抱いていた、
そして、自分の環境を変えることをするというよりは、社会全体を変えようとしている。

いろんな人を悲しみに追い込む行為を、正義だと思って、実行してしまう、
そうしなければならない状態に追い込まれている。
こんなところでしょうか。

たぶん日本がイスラム国家なら、僕はテロリストになっていたかもしれません。
引きこもっていたとき、何で社会はこんな自分を認めてくれないんだと、
やり場のない怒りをもっていました。

引きこもりと、過激派の共通点は、
社会に絶望していることと、自分の価値を低く見ていること、
そして、常に選択肢が一つしかないことです。

ただ、引きこもりと、過激派の違いもあります。
それは、大きなことです。
引きこもりは原因を自分に持っていくようになります。
過激派は他人に責任を押し付けます。

運がいい事に僕らは日本人で、引きこもりで済んでいます。
引きこもりは他人を傷つけることはほとんどないです。

傷つけるのは、家族と自分だけです。
自殺を考えても出来ないのは、背中を押す人がいないのもいいですね。
集団自殺は、人に臆病だとおもわれてくないという心理から、
歯止めが利かなくなるんです

なので、テロ事件を他人事だとは思えませんでした、
自分がやっていてもおかしくないと思っているからです。

でも、テロはやり直しが聞かないですが、
引きこもりは、やり直しをするためにしているのです。

僕は日本に生まれてよかったなとよく思っています。

人の目を気にせずに、自分を見つめなおせれば、幸せになれるんです。
そのチャンスがもらえる、引きこもりで、よかったと思います。

この方は自らの引きこもり体験を糧にしてネット上でコンサルタント的なご活動をされている方です。


私なりに要約すると、引きこもりも、テロリストも出発点は同じだということです。しかしテロリストはそのエネルギーが外に向かうのに対し、引きこもりはひたすら内に向かってしまうのが大きな違いです。

オウム真理教のような真面目な人間ばかり集まった宗教集団が次第にテロに惹かれていったことを考えると、笑って済まされる問題でもないですね。もっとも、カルトと呼ばれるような宗教を支えているのはたいてい痛いくらいの真面目な信者だそうですが・・・


そういうことを考えると、大量の引きこもりがいる日本という社会はいわばテロリストの予備軍を抱えているようなものなのです。単に今大人しいからといって、これからも未来永劫大人しいとは限らないでしょう。

もっとも、来るべき何かに備えてわざと大量に飼っている、という恐い想像も出来ないでもないのですが。

banner_04.gif
何となくヤバそうな気がする皆さんはこちらを。



この記事へのコメント
「なんとなくヤバイ」の一人です。
わざと飼われてたんですか。。知らなかった。。

「東京のマスコミを爆破したい」などと夢想した事は何回かあります。

電車の中吊り広告にムカついた時など。。
Posted by hirosp at 2006年10月30日 04:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23276362

アンチ安倍氏の教育再生論?・・・成績判断はやめて、人生の損得勘定を養うべき&船橋競馬の火事
Excerpt:  今回は、少しいつもとは違う感じの内容を書いてみたいと思う。  あえて副題をつけるなら「成績によって人格を判断することの問題点」と「損得勘定 を学ぶことの必要性」について・・・だろうか? ..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-09-05 10:41

反植民地体制レジスタンス
Excerpt: 謎の情報工作者「r」さんの「反植民地体制レジスタンス」に関する論考です。ご本人の承諾を得て以下に転載させていただきます。 なお「r」さんは実在の人物です。私(喜八)の「別ハン」だと誤解されて..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2006-09-05 20:56

“悪魔の税制” 消費税
Excerpt: 「デフレ不況」で付加価値税(消費税)を続けることは自国経済破壊行為であり、「デフレ不況」の真っ只中で付加価値税(消費税)の税率をアップするのは“悪魔の所業”である。 それは、デフレの特徴である名目GD..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-09-06 12:08

1周年を迎えて・・・小さな砂利でも、コツコツと.
Excerpt: 9月6日で、このブログを立ててちょうど1年になった。  まずはこれまでブログを読んで下さった方々、TBでお世話になった方々、コメント をお寄せ下さった方々に、心から感謝の意をお伝えしたい..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-09-07 20:02

原点を探して
Excerpt: きょうは政治にやや興味を失いかけている、というよりこの壮絶な狐と狸の化かし合いの世界にほとほと嫌気がさしているわたしは、ブログスタート時の世捨て人の心境にだんだん戻りつつあります。 ブログに参加してい..
Weblog: 石橋を叩いても渡らないかも?
Tracked: 2006-09-11 00:33

A Song of Mozu (with no 3-fold-repetition)
Excerpt: A Song of Mozu (with no 3-fold-repetition) mozu is a songbird who never sings a same song. when..
Weblog: ??????純????刻??鐚?鐚?鐚??????援嘘?????純????醇???????
Tracked: 2006-09-11 19:52

通じるかどうか知りませんが...
Excerpt: 例の朝日出版社( http://www.asahipress.com/)のMLに「辞書にない英語で世界がわかる」というシリーズがあります。その最新号(No. 93)に面白いのを発見しましたので紹介しま..
Weblog: 墓の中からコンニチワ
Tracked: 2006-09-13 09:03

ある人気ブログから
Excerpt: たまたま引っ掛かったブログで面白い文章を見付けました。 ********************** <引用ー1> 「XXXに巣食う連中は陰湿で嘘つきで信用できない」と言っている人はその人自身が..
Weblog: 墓の中からコンニチワ
Tracked: 2006-09-15 05:10

「ある人気ブログから」について
Excerpt: 「ある人気ブログから」と題した記事で「XXX]と「YY]という伏せ字が使われていますが、いずれも元の当該記事にあったものではなく、引用に当たって私が伏せ字にしたのです。 まず「XXX」は、日本で最も..
Weblog: 墓の中からコンニチワ
Tracked: 2006-09-15 05:10

「利潤なき経済社会」と「開かれた地域共同体」
Excerpt: あっしら氏提示の「利潤なき経済社会」と「開かれた地域共同体」の概念が今ひとつ解りにくいと感じる方も多いと思います。 今回は三四郎さんからの質問に答える形で書かれた記事を紹介します。 断片的だったりご..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-10-19 22:17

寄生性と知的謀略
Excerpt: 国際金融家や国際商人の危険性は、「寄生性」と「知的謀略」に尽きる。 − トヨタなど日本の国際商人(輸出優良企業)も“危険因子”を持ちつつある − 引き続きあっしらさんの投稿からお送りします。 「寄生..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-10-19 22:45

「開かれた地域共同体」についての粗雑なイメージ
Excerpt: 三四郎さんとまさちゃんから提示された問いに応えるものです。 三四郎さん:「一読した限りですと、「近代」以前の自給自足的・中世的な世界、(村落などの)共同体社会に近いように思えるのですが、そのような解..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-10-21 17:04

タイ「足るを知る経済」提唱、自由貿易協定見直しへ
Excerpt: タイが、アジア太平洋協力(APEC)の自主的貿易協定を法的拘束力のあるアジア太平洋自由貿易圏に格上げしようとする米国の構想に、それは不要でもあり、実行不能でもあると反対する。米国は、今月18-19..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-11-13 13:07

ベトナム 自然災害と病虫害で米輸出停止
Excerpt:  べトナムが、食料安全保障を確保し、米の市場価格を安定させるために、米輸出の停止に追い込まれた。グエン・タン・ズン首相が13日、貿易・農業・農村開発・財務省、都市・省の当局等に対し、米輸出を直ちに停..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-11-20 17:23

引きこもり一週間脱出法―あなたならどんな工夫をしてみますか |富田 富士也
Excerpt: 引きこもり一週間脱出法―あなたならどんな工夫をしてみますか富田 富士也学習研究社 刊発売日 2003-08 引きこもりは慎重な性格の人に多い。 石橋は何度叩いても完璧を求めたら渡れない。いっそ渡ってか..
Weblog: 引きこもりは克服できる
Tracked: 2006-12-12 11:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。