2006年09月09日

人身売買国家日本だって知ってました?



日本は世界的に人身売買の被害者を多く受け入れている国の一つであるという話です。

別に人身売買に関心があったわけではないのですが、何気なく開いた、全然関係ないメルマガでそのことを知ってしまいました。すごくびっくりしてしまいましたので、是非とも皆さんにご紹介したいと思います。

10秒で読む日経!視点が変わると仕事と投資のネタになる

   _______
   今日のNews
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●国連人口基金が6日発表した2006年版「世界人口白書」によると、 世界の人口は前年より7560万人増え、65億4030万人と初めて65億人を 上回った。人口増が目立ったのはアフリカ(前年比2.2%増の9億2550万人)、 南・中央アジア(同1.6%増の16億3630万人)。人口が減ったのは 欧州(同0.04%減の7億2810万人)。
                 日本経済新聞 9月7日
   __________
   佐々木の視点・考え方
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
★継起の記事のような発表モノは、「原典にあたることが大切だ。」と何回も書いてきた。

 原典にあたることで、
・記事の詳しい内容や背景を知ることが出来るし
・その結果、マスコミが書かないことは何かを知ることが出来るし
・記事を書いた記者やそのメディアの能力や傾向も把握できる
 といったメリットが多いからだ。

 一見、人畜無害の見本のような今日の記事。この原典をあたると、驚く事実が見えてくる。このレポート、日本語訳も出ているので読んで欲しい。
 http://www.unfpa.or.jp/4-1.html

 読売新聞ではこういう記述がある。
「人身売買や暴力、搾取の危険も高まっており、毎年60万人から80万 人が国境を超えて売買され、うち80%が少女を含む女性と推計。」

 原典を読むと「日本は人身売買の犠牲者の受入国」として、世界の中で最も受入数が多い(人を買う)国10カ国の一つとなっており、ひとごとではなく、主犯となっている。

 この日本の活躍のおかげもあって、人身売買は武器密輸や麻薬取引に並ぶ400億ドルにも上る巨大産業になっている。

 輸入先としては、東南アジアだけでなく、旧ソ連諸国や南米からも相当数が人身売買されてやってきている状況が明記されている。
 もっと詳しくはこちらhttp://www.unodc.org/unodc/trafficking_persons_report_2006-04.html

 この報告書は「人口が65億人」などというノーテンキなものではなく深刻な状況が起こっていることがこれでもかと書かれており、真面目に読めば今日の記事のようなニュースにはなりえない。

ただ、新聞だけ読んでいては騙されます。

日経新聞を解説するメルマガやブログは星の数ほどありますが、このメルマガの作者は独自の鋭い視点を持っていらっしゃるので密かに尊敬しています。

しかし、このなにげない記事の中に、これほどの隠された大きな真実があるとは想像も出来ませんね。しかも、この原典ですが、pdfファイルで5.22メガバイトもあるんですよ。

でも、それを面倒くさがりの私たちに提供してくれるはずの報道期間。しかしそれは、都合のいいことしか伝えてくれません。他にも、私たちの知らない重大なことが沢山あるのだろうと思うとぞっとします。


何も知らないで、世界に誇る世界憲法なんて言っていた私たちは、本当に愚かだったのかもしれないと思います。この繁栄の一部分は、人身売買などという卑劣な行為によって支えられていたなんて。

私たちは知らなかったが、外からはしっかりその構造が見えていたなんて、本当に恥ずかしいことです。やはり、日本の闇は私たちが思っていたより相当に深いと言わざるを得ないようです。

banner_04.gif
ご参考になりましたら。

この記事へのコメント
経済大国と呼ばれる国々のシートをめくれば
裏からいろいろ出てきますにゃ
Posted by もかもか at 2006年09月09日 12:13
もかもかさん
まさに、的を得たコメントです。どうも有り難うございました。
Posted by 非国際人 at 2006年09月11日 04:54
おや、御存知なかったですか。
これは、もう少し調べた方が良いかと思います。
日本の外パブタレントなどのことではないかと思いますが。

Posted by 真名 at 2006年09月11日 10:14
正直いって、これを鵜呑みにするのはどうかと思っておりますが。
日本在住の方々に実態をお聞きになられてはいかがでしょうか。
Posted by 真名 at 2006年09月11日 10:20
真名さん。
どうもありがとうございます。

ま、人身売買の定義にもよるんでしょうが、私は直感的にまんざら出鱈目でもないと思っています。

水商売だけの話ではなく、人買いなんて昔からあったでしょう?確かに国連の機関だかなんだか知りませんが、悪意や偏見も入っているでしょう。

でも私たちはそういう世界と、決して無縁ではないと思います。それで社会が回っている部分もあることは否定できません。
Posted by 非国際人 at 2006年09月11日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

三位一体財政改革の狙い
Excerpt: 「財政危機」が叫ばれるなか、「自助努力」や「地方分権」が声高に主張されている。 「自助努力」の中身は、消費税率引き上げ・健康保険適用治療費の“3割負担”・年金保険料の持続的な負担増と給付減などであり..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-09-09 19:23

総裁選で安倍ウォッチングを & 歴史認識をしっかり示せ!
Excerpt:  <コメント欄の投稿に関してのお願いの記事を書いたので、コメントを下さる方々は 前記事orカテゴリーから「コメント・TBについて」を選択して、お読み下さい。>  午前2時??3時台に何十個..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-09-09 20:22

総裁選3候補の「好物」
Excerpt: 安倍晋三(51歳) 焼き肉、ラーメン、アイスクリーム、スイカ 谷垣禎一(61歳) そば 麻生太郎(65歳) カステラ、冷たい牛乳...
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2006-09-09 20:55

安倍は谷垣より早く消費税アップをする予定、小泉首相がこの時期に安倍支持表明をするわけ
Excerpt:  2年目の新たな試み(とりあえずお試し)として、大ネタ小ネタにかかわらず、何か ネタを見つけたり、何か思いついて書いたりしたものは、バンバンとアップしてみると いう方法にトライしてみたいと思う..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-09-10 23:37

「世に倦む日日」は言論人失格
Excerpt: 僕は、「世に倦む日日」に対して、過去「発起人がアホやから同盟ができへん」と 「世に倦む日日にリコールを!」の2つの糾弾エントリーをUPした。 1回目のときは、賛同者も少なかった。「とくらBlog」..
Weblog: BLOG BLUES
Tracked: 2006-09-11 13:07

日本経済をさらに泥沼に押し込め税収も減らす愚かな税制変更
Excerpt:  増税が、必ずしも税の増収に結びつくわけではない。 経済成長促進目的の税制変更が、必ずしも経済成長をもたらすわけではない。  過剰な政府債務に陥った大きな要因は、長期にわたる「デフレ不況」である。 ..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-09-11 20:53

日の丸とは
Excerpt:  “日の丸”の淵源は古い。江戸時代にこれがすでに用いられていたこと、著名であるけれど、それはほんの、最近の話。中・近世といった、浅い歴史ではない。八世紀のはじめの続日本紀、文武天皇の大宝元年(七〇一)..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-11-09 00:26

“君が代”は天皇家の歌ではない
Excerpt:  “君が代”は天皇家の歌ではない。他王朝の歌からの“転用”あるいは“盗用”である。その経緯を略述しよう。  “君が代”に当る歌は、古今和歌集に出ている。賀歌の部である。   題しらず  読人しらず ..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-11-09 00:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。