2006年09月12日

911同時多発テロから5年



早いもので、あれからもう5年もたつのですね。思い出してみれば、当時は随分とびっくりしたのを覚えています。これは大変な時代に生まれついてしまったなと思ったものです。

が、その思いも全く長く続きませんでした。今になってみれば、よくも騙しやがってと思うだけになりました。

あるところ*で読んだんですが、同時多発テロについての公式発表に納得できない人が、本国アメリカでさえも4割もいるそうです。あれだけマスコミの報道統制をかけて、国中を戒厳令状態においてさえ、4割もの人が疑っている。

という事は、まるっきり勝負あったということじゃないですか。あの、単純だと言われているアメリカ国民でさえも、騙せなくなってしまった。そこまでお粗末な陰謀だったということです。

にもかかわらず、未だにこの時期になると、テロは許さないとか言って、泣いてみせる。ばかばかしいと思っても、止められない。もちろん、あれだけ大勢の人を犠牲にして、今更ヤラセでしたと言えるわけもありません。

しかし、常人には決して真似のできない神経です。もうこれは驚き呆れるより他にはありません。


そういえば最近、すっかりビンラディン氏の消息を聞かなくなってしまった。一体どうしたのだろう。テロ容疑が晴れたわけでもあるまいし。

海のものとも山のものともはっきりしない疑いでイランに嫌がらせをするくらいヒマなのに、どうして4千人もの命を奪ったテロリストを追いかけないのかと思います。

人類史上、これほどお粗末な陰謀もなかったと思いますが。でも、嘘も一万回言えば真になるとも言います。勝負はこれからです。もっともその頃私は生きていないでしょうが。哀れなのは未来の人たちです。

もっとも、たかだか140年前のことなのに明治維新の真実がわからなくなってしまった私たちも同じといえば同じなのですけどね。

banner_04.gif


*あるところ・・・副島隆彦氏のサイトでアルルさんが書いてました
この記事へのコメント
今、なぜかアメリカにいます。
別に例の陰謀を暴こうと取材に来ているわけではありません(笑)
単に他の仕事があっただけです。

ニュースはひたすら、911の特集です。

私と話したアメリカ人たち(基本的に教養のあるリベラル層)は、みんなあれ以降、アメリカはおかしくなった、今後アメリカの力は下降に向かうだろうと言います。結構な危機感を持っているようです。

いつものように勘に基づく私見を述べさせてもらえば、911というのは本当にどこまでが「トップレベル」の陰謀かどうか怪しい部分があると思います。確かに陰謀を感じさせる部分はある。しかし、そうだとすればあまりにつくりが杜撰です。マスコミやネット上にも陰謀論があふれすぎです(陰謀論者の私が言うのもおかしな話ですがw)

911というのは、なんていうかわざと陰謀論者向けに仕掛けた「釣り」ではないかと思うことがあります。つまり、ある派閥が、とある別の派閥を陰謀論で失脚させる、あるいは利用するためのネタです。ブッシュもラムズフェルドもビンラディンも、単にネタとして使われているだけではないでしょうか。

本当の陰謀をめぐらす者は、その時点で簡単にばれるような陰謀を仕組むことはしない、というのが私の持論です。(幕末のころの陰謀は、むしろ時間が経って事実が風化してきたから、すこしだけ見えてきたと思う)

リスクvsベネフィットを十分に考え、慎重の上に慎重を期して行うのが「本当の陰謀」であり、そうでなければ世界のコントロールなどできないと思います。

素人に分かる程度の陰謀しか彼らがめぐらすことができなくなったのだとすれば、むしろこの世は安泰ではないでしょうか?

しかし、たぶんそうではないでしょう。ネット上には彼らはそれほどあせっている、とか言う人がいますが、ちょっと私は信じられません。

他のブログのコメントでも見かけた意見ですが、本当の「奥の院」の人たちは実際にバッシングされることはなく、役目を終えた落ち目の人だけが今バッシングされているのだと思います。

そもそもインターネットを作り出し、ここまで発展させた人は誰でしょうか?
ネット上で「ネットの力を使って、陰謀を暴いている」と思う人は、知らず知らずに彼らの手の上で踊らされているのではないでしょうか。

我々がよく馬鹿にするあの韓国人の大統領が当選したきっかけに、ネットの威力があったことを忘れてはいけないと思います。かつて彼のネット上における評価は、リベラル・市民派で「知日派」だったはずです。

ネットは「地味な」資料収集に使うには結構役に立つこともありますが、現在進行系の事象を扱うときは(他のマスメディア同様)かなり注意が必要かと思います。


911はそろそろ911が「陰謀化」することで誰が得するのか、それによってどのような状況が作られようとしているのか、そういう観点で見たほうが良い気がしています。

「奥の院」は、いわゆるユダヤ人でも、メーソンでも、イルミナティでもなく、その時々の「叡智ある強欲どもの集まり」であって、絶対的な特定集団ではないと思います(そう考えるとロマンはありますがw)。
Posted by banabuna at 2006年09月13日 17:18
banabunaさん
なんと、アメリカからですか?しかも、こんなに濃い書き込み(笑)をありがとうございます。

お書きになられたことにはほぼ同感です。私も田中宇氏とか広瀬隆氏とか、陰謀論を売り物にする人たちの陰には、別の陰謀があるような気がしてなりません。

911といえばマイケル・ムーア氏の映画が有名ですが、あれにしても本質的なところに切り込んではいないんですよね。ブッシュとかビンラディンというのは猿回しの猿に過ぎないんですよ。それを、あの映画がそこにばかりにこだわるから焦点がボケてしまった。私はあれも体制批判のようで、実は霍乱作戦だと考えています。


ネットの可能性については、私は端っから怪しいと思っています。そもそも軍事技術から派生したものでしょう?何の利益もなくして軍が利用を解放するわけはないわけで。だから私は、あまりのめりこまないように、多少距離を置いています。

より真実が大衆の手になんてとんでもない!むしろ一層操作されやすくなっただけではないですか。

私たちが想像するよりも、ずっと大きな絵を書いている誰かがいる。しかし、それは百年以上たたないと見えてこないでしょう。

それに比べれば、朝日新聞を批判して国士ぶっている人たちなど、手乗りインコのような存在でしかありませんね。
Posted by 非国際人 at 2006年09月14日 09:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23632001

あれから5年の話題 たくさん
Excerpt: 米同時テロ5年、追悼式に米大統領夫妻 米同時多発テロから5周年の前日にあたる10日、ブッシュ米大統領とローラ夫人は、ハイジャックされた旅客機が突入して倒壊したニューヨーク市内の世界貿易センター跡(グ..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2006-09-12 11:06

今日は9.11テロから5年、朝日もテロとの対決強調
Excerpt:  今日は9.11から5年です。あのときからテロとの戦いが始まりましたが、一向に終息の気配を見せません。そうした中で「テロとの戦いは間違いだったのか」という疑問は当然出ると思います。
Weblog: 新聞記事・ニュース批評@ブログ
Tracked: 2006-09-12 13:59

911
Excerpt: NY同時多発テロ あれから5年・・・・ もう5年? まだ5年? お亡くなりになられた方々の ご冥福をお祈り申し上げます ※911にあわせアルカイダがテロ警告
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-09-12 14:07

9・11
Excerpt: ブッシュ大統領、NYのグラウンド・ゼロで祈り 56k | 300k  9月11日は、アメリカを襲った同時多発テロから丸5年になります。ブッシュ大統領は、ニューヨークのグラウン..
Weblog: 地球の日記☆マーク♪のblog☆
Tracked: 2006-09-12 15:19

日本の911を忘れない
Excerpt: 2005年1月末からこのBlogをはじめた。2005年9月11日冗談かと思ったが日本の衆議院選でコイズミ劇場が満員御礼。郵政民営化が争点だと言っていた。しかし総選挙前に障害者自立支援法などいくつか廃案..
Weblog: ファミリー メンタル クリニック
Tracked: 2006-09-12 16:36

9.11テロから5年
Excerpt: 最も残酷な映像として記憶に残る世界貿易センタービル崩壊。 早いもので5年の月日が経過しました。 犠牲者のご家族の気持ちを察すると胸が痛みます。 以下産経新聞の記事から。 2001年9月の米中枢..
Weblog: One And Only
Tracked: 2006-09-12 20:33

これからの危機管理
Excerpt:  9.11アメリカ同時多発テロからもう5年経ちました。  あの惨劇を考えれば、テロ集団がいかに許し難いものであるかは理解の域を超えないと思います。  危機管理、防衛費 これらは切って放せないも..
Weblog: ブログ らぷぽ
Tracked: 2006-09-12 20:34

9・11
Excerpt: 約3000人が犠牲になったアメリカの同時多発テロ事件から5年が経った。 9・11
Weblog: そぞろ日記
Tracked: 2006-09-12 20:57

あれから5年たちました
Excerpt: ニューヨークの貿易センタービルに飛行機が突っ込むという同時多発テロから5年がたちました。 ニューヨークでは,様々な追悼集会が行われているようです。 911、米テロ対策 9・11テロから5年 NYなど..
Weblog: あれは,あれで良いのかなPART2
Tracked: 2006-09-12 23:51

日本の911を忘れない
Excerpt: 2005年1月末からこのBlogをはじめた。2005年9月11日冗談かと思ったが日本の衆議院選でコイズミ劇場が満員御礼。郵政民営化が争点だと言っていた。ガリレオを例に熱演していた。しかしちょっと法王と..
Weblog: ファミリー メンタル クリニック
Tracked: 2006-09-14 11:11

安倍氏がこだわる国立大9月入学&ボランティア+「予備自衛官補」で若者集め
Excerpt:  今回は安倍晋三氏がやけにこだわる「国立大学9月入学」論をメインに書きつつ、 ちょっと気になる「自衛隊の予備自衛官補の制度」なるものを紹介してみたい。 <ちなみに「予備自衛官補」というのは、1..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-09-15 12:49

米FDA脳・脊髄の飼料利用禁止案を撤回へ
Excerpt: 以前のエントリー 狂牛病飼料規制強化は実行不能  で 米国のような牛肉大生産・消費国では、科学者が推奨するような狂牛病拡散防止策は、そもそも実行不可能なのではないか。巨大な数の牛から生み出される”廃棄..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-09-16 18:14

レバノン戦争と米・イスラエルの石油戦略
Excerpt:  サウジ原油もピークをうち、米国産石油は70年代にピークを過ぎている中、石油減耗が現実味を増している。現在、国際政治の底流にはエネルギー資源の確保を巡る国家間の思惑が大きな流れとなっている。  ここで..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-09-17 13:15

米国はエネルギー戦略で中国とロシアに挟み撃ちに
Excerpt:  米国は、ペルシャ湾岸、中央アジアのカスピ海、アフリカなどの石油などのエネルギー資源戦略において中国とロシアに包囲されている。  米国はブッシュ流の“民主主義”の名の下に高価なイラクの政権交代を強行し..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-09-19 13:06

近代システムの破壊について等
Excerpt: フェニキア・カルタゴに由来するセム系国際商人(国際金融家)の系譜推論は、地理的条件だけによるものではなく、歴史的経緯・商圏・政体などを総合的に勘案したものです。地理的条件に関して言えば、国際交易都市が..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-10-28 16:30

新世界通貨
Excerpt: まっくすさん:「私は通貨的に「開かれた鎖国体制」を構築する方法を考えています。詳述は避けますが、原理的にいえば、既存の通貨を外交・貿易手段として用いることで外に開き、国内に国内のみで通用する別の通貨体..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-11-01 11:53

差異を認め合うとは
Excerpt: 機能的な側面を見ると「国家」のほうが、具体的機能が示しやすいかなと思ったのですが。 「社会」っていうだけだと、一体どこのどういう社会をさしているの?というところがあるので。端的に、空間的に相互的に人..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-11-02 17:29

差異を認め合うようになるために
Excerpt: 「国家」というより、共同体の必要度を超える生産物、必要なのに共同体内では生産され得ないものを、他の共同体の間で配分(交換も含まれる?)するための調整ルール・制度という解釈でいいですか? 権力的判断や..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2006-11-03 17:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。