2005年09月02日

<アフガニスタン>不明の二邦人、遺体で発見か?



どうもそうらしいですね。決り文句ですが、最悪の結果になって残念です。

不明の2邦人か、アフガン南部で男女の遺体発見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050902-00000011-yom-int

 【イスラマバード=平本秀樹】アフガニスタン南部カンダハル州知事は2日、ロイター通信に対し、同州内で男女2人の遺体が見付かったことを明らかにした。

 先月初めから行方不明になっている日本人男女の可能性があり、在アフガニスタン日本大使館は情報の確認を急いでいる。

 同知事によると、2人の遺体は、カンダハル市と首都カブールを結ぶ幹線道路から約7キロ離れた砂漠の中の用水路で発見され、銃で撃たれた跡があったという。

 パキスタンとアフガニスタンの国境地帯では、広島県尾道市の市立中学校教諭、福正純さん(44)と長谷川忍さん(30)が先月8日、パキスタン南西部のチャマンからアフガニスタンに出国したのを最後に行方が分からなくなっていた。

 これまでのアフガニスタン政府の捜査では、同国側の国境検問所には2人の入国記録はなく、カンダハル市内の宿に宿泊した記録もなかったことから、カンダハル州内に入った直後に何らかの犯罪に巻き込まれた恐れが強まっていた。
(読売新聞) - 9月2日16時17分更新


しかしかわいそうですが、どうしようもなかったですよね。戦争地域に入っちゃたんだから。現実は「プライベート・ライアン」のようにはいきません。

ただ、この前も書きましたがあまりに軽率過ぎたと思います。自分の命を軽く考え過ぎです。この二人のことについてはそれほど沢山の情報があるわけではないのですが、(1)教師たるものが2学期を前にして(2)何の準備もなしに戦争地域に入ってしまった。この2点だけでも十分不愉快です。

どんなに辛いことがあったのか知らないが、自分の命を粗末にするのは大嫌いだ。まして、社会的責任を放棄して、多くの人に迷惑をかけて死ぬなんてとんでもないことだ。死んだから解決するという問題ではない。そういう卑怯な死に方は、絶対に許せない。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。