2005年09月09日

38歳男「ブラジル代表戦見せろ」と父絞殺



ブラジル人は切れやすいんです。最近の日本の若者なんてまだまだです、というお話。日刊スポーツの記事だからどうせ面白がって載せたのだろう。

38歳男「ブラジル代表戦見せろ」と父絞殺

 W杯出場を決めたブラジル代表のテレビ中継をめぐって、殺人事件が発生した。5日付のジョルナル・ド・ブラジル紙電子版によると、同国北東部ジョアンペソアで4日、ブラジル−チリ戦のテレビ中継を見られなかった38歳の男が、72歳の父親を絞殺。警察に逮捕された。男は試合直前、テレビに必要な配線コードを家族が洋服掛けに使用していたことに逆上し、テレビを破壊。これをとがめた父親とけんかになり、首を絞めて殺したという。ブラジルはこの日の試合に5−0で勝ち、18大会連続のW杯出場を決めていた。(日刊スポーツ)


たかがサッカーでそこまで逆上するということは、よほどストレスが溜まっていたのでしょうねこの38歳男性。それに加えて、テレビの配線コードにハンガーを掛けてしまうなんて・・・この家の経済状況がおおよそ想像できます。ちょっと痛い事件です


■メルマガ「非国際人養成講座」登録はこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6728287
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。