2005年09月09日

インドネシアで旅客機が墜落、140人以上死亡(9/5)



少し古いニュースですが、忘れないように載せておきます。それにしても、最近飛行機、落ち過ぎです。何か関連があるのでしょうか?
インドネシアで旅客機が墜落、140人以上死亡

 【メダン(インドネシア・スマトラ島)=黒瀬悦成】インドネシア・スマトラ島北部メダンで5日午前、マンダラ航空ボーイング737―200型機(乗客111人、乗員5人)が離陸直後に墜落、死者数は地上にいて巻き込まれた住民を含め、同日夜までに140人以上にのぼった。AP通信が報じた。

 在ジャカルタ日本大使館によると、乗客名簿の中に日本国籍を持つワタナベミオちゃん(3)の名前があった。母親が日本人、父親がインドネシア人で、同機にはインドネシア人の祖父母と共に搭乗していたと見られ、大使館で確認を急いでいる。

 父親、ルスタン・バハリさん(33)は、一報を聞いてジャカルタから現地入り。「こんなことになるなんて。娘は祖父母と一緒にジャカルタに戻ってくるはずだった」と本紙に対し語った。

 地元捜査当局によると、乗客のうち19人が機体から脱出、病院などで手当てを受けた。同機には、北スマトラ州知事も搭乗していた。同知事の生死は不明。

 事故原因は不明だが、生存者の男性は地元テレビに対し、「墜落直前、機体前部で爆発音と同時に炎があがった」と話した。男性によると、機体は4度にわたって爆発したという。また、別の生存者はラジオで、「離陸後、エンジン音が突然大きくなり、機体は激しく揺れた」と証言した。生存者のほぼ全員が後部座席に座っていたらしい。

 事故機が墜落したメダン市内の大通りでは、沿道の商店が数十メートルにわたって焼け焦げ、機体の尾翼と見られる部分が黒こげの無残な姿をさらしている。同日深夜も、遺体や遺留品の捜索活動が続いている。

 墜落を目撃したタクシー運転手は読売新聞に対し、「機体は離陸直後、垂直尾翼が吹き飛び、そのままバランスを崩すように地上に落ちた」と話した。

 犠牲者の遺体はメダン市内のアダム・マリク病院中庭に搬入されたが、ほとんど黒こげで、性別も見分けがつかないものが多い。乗客の家族は、強い雨が降り、異臭がたちこめる中、同日夜になっても必死に肉親の手がかりを探している。

 マンダラ航空は、1969年、国軍関係団体が設立した民間航空会社。国内線を専門に運航している。
(読売新聞) - 9月6日2時47分更新


さすが読売新聞、タクシーの運ちゃんにインタビューしたのか?・・・ってどうやってそう都合良く目撃者が見つかるのだろう。そしてそもそも彼はその時間何をしていたんだろうか。しかし、生存者の話と行ってることがあべこべだが・・・

まあそんなことは問題ではない。ところで最近の飛行機事故だが

・8/16 コロンビア 160名死亡
・8/17 キプロス  121名死亡
・8/23 ペルー    41名死亡

これって多いのか、単に偶然続いただけで大したことはないのか、良くわからない。


■メルマガ「非国際人養成講座」登録はこちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。