2005年09月13日

我先にと、勝ち馬に・・・



選挙が終わった。しかしあらかた予想していたことだが、これほどとは思わなかった。日本を離れて6年、これほど日本が遠く思えたことはなかった。テレビに流れる、地球の裏側の選挙速報がまるで作り物のように見えた。それくらいリアリティーが希薄だった。
例えば、大好きな彼女がいて、振られたりする。私の好きな彼女が選ぶのなら例えそれがどんな男であろうともその事実を受け入れようじゃないかと、珍しく男気を出してみた。しかしわかってみると、こんな男とだけはくっついて欲しくはなかったと思うような最低の男だった。いまの私はそんな気分だ。

あまりに予想を越えたことが起こると、言葉を失ってしまうというのは本当だと思う。

しかし、なってしまったものはしょうがない。私たちにできることはその与えられた条件のもとでどう生きたら良いかということである。もう昔には戻れない。

ただ一つ反省するとしたら、私たち日本国民が健全な対抗勢力を育てることができなかったことである。確かに民主党という受け皿はあった。その昔には社会党があった。しかし社会党も今の民主党も政権担当能力など持ち合わせていなかった。にもかかわらず、判官びいきの国民によって「なんとなく」支持されてきた。しかしそれがいけなかった、それは自民党に対する批判票でしかないのに、国民が自分たちを支持した結果だと彼らは勝手にうぬぼれてしまったのだ。そして、自らの実力を磨くことを怠った。その結果が、社会党の消滅であり、今まさになされようとしている民主党の瓦解である。

実は自民党もたいして能力があるわけではない。しかし民主党との違いは、彼らが曲がりなりにも勝ちつづけているということである。自民党は結党以来、負けたことのない政党である。民主党は結党以来負け続けである。善戦はしているが、負けは負けである。そのことをはっきりと指摘してきたものが今までどこにいたか。今回の選挙結果は、小泉自民党に対する支持であると同時に、民主党に対する積極的な不支持であることを同党の幹部は真剣に考えて欲しい。

国民は今こそ、勝ち馬に乗りにいったのだ。こういう行動は普段の生活ではよくあることである。クラスにいじめられる子がいれば、クラスの9割はいじめる側に回るだろう。会社では失脚した元上司の肩を持つものは誰もいないだろう。

古く歴史を紐解けば、こんな例は五万とある。義経を切り捨てた頼朝に義はあったのか。後醍醐天皇を裏切った尊氏には。豊臣家に叛旗を翻した家康には。さまざまな小説家が彼らの行動を正当化しようとしたが、それでも世間の評価を覆すまでには至っていない。それは、歴史を動かすのはそれが正義か否かではなく、勝ち馬に乗ろうとする庶民の身も蓋もない実利的な行動だからだ。

近くは明治維新すら、怪しいものである。最後まで原理に忠実だった会津藩が逆賊扱いされて、もともとは会津藩とさほど見解を異にしていなかった薩摩がチャンピオンになれたのはなぜか。それは政治力の差である。玉と呼ばれる、当時としては他に比べ物にならないメディアを握ることができたからである。小泉はまさにそれをやっているのだ。小泉率いる自民党を旧幕勢力と喩えると事態の本質を見誤る。彼ら及び彼らのシンパは自分達こそが官軍だと思っているのだ。

いずれにせよ、もう事態は動き始めている。戦後60年を節目にして、眠っていた日本国民の意思が動き出したのだ。衆愚政治だなどと自分だけを事態のカヤの外に置くことは許されない。この事態を、私達は直視しなければならない。小泉とその一味が何をしようとしているのか。そして日本は国際社会という舞台で、どんな役割を割り振られるのか。

そして国民は、世に倦む日日で言っているように、ファシズム化を自ら受け入れていくのだろうか。しかし、それは小泉一代では無理だと思う。ファシズムに走るには、まだまだ日本は豊か過ぎる。ハイパーインフレ下のドイツとでは全く状況が違う。

ただ言えるのは、日本人はかつて社会党や民主党を健全な反対勢力として甘やかしてきた、心のゆとりを失いつつあるようだ。何かに追われているような不安を感じ、我先にと勝ち馬に乗りに行こうとしている。人間なんて臆病なものだ。その心情を誰も批判などできまい。単なる小泉とその取り巻きの戦術の勝利なんてものじゃない。日本の戦後の総決算が近づいているのだ。


banner_04.gif
よろしければご協力お願いします。
この記事へのコメント
TBありがとう御座居ます。
 確かに今の日本は、自分が勝てば他人の事は知らないと言う、米国の暗部を取り入れ、日本古来の(右翼的な意味で無く)美しい心根を失いつつあると思います。
Posted by unclemac at 2005年09月14日 10:46
unclemacさま、コメントありがとうございました。
米国の暗部を取り入れたということは、やはり戦後民主主義が日本本来の美しい伝統的な心を破壊したということなのでしょうね。
Posted by 非国際人 at 2005年09月14日 11:55
よくわからないのは どうして 野党に
政権担当能力が ないと 言えるのか。
あれが 昔から判らない。あまり小さいと
担当能力は無理にしても 民主には あるだろうし。勝手の 社会党にも ないとは
いえなかった時期も あったろうに。
Posted by かものはし at 2005年09月20日 17:36
かものはしさま コメントありがとうございます。

そうですねえ。確かにあるともないとも証明できないのが辛いですね。
振りかえってみると、自民党政権でも、鈴木善光とか、海部俊樹とかの時代は結構ひどいものでしたが、もしチャンスがあったら、あのくらいにはできたかなという気もします。
ただ、有権者にないと判断されたら、どうしょうもないのも事実です。
Posted by 非国際人 at 2005年09月20日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

「小選挙区制度の危険性」の露呈
Excerpt: 今回の選挙は「小選挙区制度の危険性」が、あからさまになりましたね。 与党や与党を支持する人すら、恐ろしさを感じたんじゃないでしょうか。 逆の風が吹けば、真逆の結果が出た可能性だってあった訳ですから..
Weblog: 名無しの芸能観察記
Tracked: 2005-09-13 08:17

植民地ファシズムの壮大な実験
Excerpt:  小泉は任期延長を否定しているが超長期政権になるのではないか、という予測が結構出ているらしい。英雄だと思っていたナポレオンが皇帝になってがっかりするという経験はベートーベンの失望を最後にしてもらいたい..
Weblog: とりあえず
Tracked: 2005-09-13 18:43

どうして、こんなことになってしまったのか?/選挙とblog
Excerpt: ネットの世界では、郵政民営化反対の方が多いように思われた。郵政民営化反対派のblogは、賛成派のそれに比べ、沢山の問題点を掲げて説得力があった。にも関わらず、圧倒的な多数で、自民党は勝利した。本当に、..
Weblog: おしゃれ手紙
Tracked: 2005-09-13 20:49

いま、何が必要か
Excerpt: いま、我々が陥ってはいけないことは、落胆したり、諦めたりすることだ。それは、”知的衰弱”どころか”思考停止”を意味する。 今回の事態が、日本人の”知的衰弱”の結果だとしても、投票総数の半分の有権者は..
Weblog: 報道写真家から
Tracked: 2005-09-14 01:42

異議異見を許さないポピュリズム社会化??容赦ないグローバリゼーションとナショナリズムの共謀の日本的現れー衆議院選挙の結果とこれから
Excerpt: 世界的に見れば今日は「9.11」の4周年だ。 昨年9.11に書いた状況からさらに世界の流れは人々にとって悪化したが、日本では憲法改悪が一気に政治日程に上るかも
Weblog: Radical Imagination - from 鎌倉 with LOVE
Tracked: 2005-09-14 05:20

(49:51)+(51:49)=327:153 ……民意は何か
Excerpt: いま巷では911選挙の結果を受けて、負け犬の遠吠えと戦犯探し、そして同じ「負組み」である国民同士の罵りあいが始まっている。 民度の低さとはこのことを言うのだろう。 ところで、この選挙期間中にはたくさん..
Weblog: blog::TIAO
Tracked: 2005-09-14 12:58

この社会とどう関わっていったらいいんだろう?
Excerpt:  只今11日の20時を過ぎたところです。  テレビ見るの嫌なので、ラジオにしようと思ったら、早速、聞きたくないような情報が流れ始めました。  …これが現実だってーんですか?  もうどういう結果が出よ..
Weblog: 野良狸の巣
Tracked: 2005-09-14 23:13

【転載】 郵政改革」幻想完勝の衝撃波−不可避となった財政破綻(河宮信郎)
Excerpt: 河宮信郎さん(中京大学経済学部教授)からML[citizens-public](市議調査研究費の情報公開を求める名古屋市民の会)への投稿 ???????????????? 以下転載 ??????..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2005-09-15 14:16

ボチボチ行こう
Excerpt: 衆議院選挙での小泉自民大勝という結果を目の当たりにして、すっかり元気をなくしていました。「ノーテンキにボチボチ生きる」を信条にしている私にとって、小泉さん・竹中さんの目指す「市場原理主義社会(またの名..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2005-10-07 21:36

『優しい経済学』
Excerpt: ”小泉改革” や ”郵政民営化” を考えるためにボチボチと読書を続けています。そのうちの一冊に非常に分かりやすい例えがあったので引用します。題して「コップ一杯の水」。   市場原理の下では、ここにコ..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2005-10-23 17:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。