2005年09月14日

昆虫並みの脳みそと言うな



もういい加減政治の話は止めようと思いつつ、まだ書いている。ニュースを見ると、中曽根のボンボンが賛成派に寝返ったとか、政権支持率がまた上がったとか、はらわたの煮え返るようなニュースばかりである。野田聖子の自民復帰・入閣なんて説まである。しかしもっと腹の立つことが二つある。それは、小選挙区制がすべて悪いと言わんばかりの論調、それと、有権者がバカだからしょうがないという論調である。


小選挙区制について言えば、仮にこの選挙がこの制度になって始めての選挙であったならそういう言い訳も許されよう。しかし、もうずいぶんになるのにそんなことを言っているのは無能な証拠である。もうずっと前から自民党は小選挙区制の特徴を研究して公明党と組んでやってきたではないか。それが義に叶っているかはさておき、勝つための戦略をきちんと立てているのである。

しかるに野党はどうか。相変わらず分裂したままである。民主党が小選挙区で勝つためには、民主党候補者の票が自民党+公明党の票を上回らなければならない。しかし、そのために民主党は何をしたか。他の野党は何をしていたか。共産党や社民党の候補者が立っていては、勝てるものも勝てるわけがない。共産党や社会党は、勝てる所だけ候補者を立てて、どうせ勝てそうもないところでは全面的に民主党候補者を応援するべきだったのである。頭の硬い両党のことだから自らそんなことを提案することなどありえまいが、だったら民主党の側でなんらかの働きかけをしたのか、私の知っている限り、そんなことはしていないと思う。それで、そんなことでは、鉄の結束を誇る学会票に勝てるはずがないではないか。敵は政権を維持するためにあれほどの譲歩をしていると言うのに、相変わらずの浮動票に頼る博打戦法では話にならない。しかも、もう何度もこの制度で選挙をして来て、そのたびにもう一歩というところで政権を逃してきたのではないか。しかも、現に今民主党に在籍している大部分の議員はその時の選挙改革法案に賛成していたはずではないのか。そもそも首謀者の小沢一郎も今は民主党員ではないか。話にならないし、勝つつもりなんか始めからなかったのではないかとすら思える。

つまり、今回の選挙の結果を小選挙区制のせいにするのは間違っている。責めるべきは民主党執行部の無能さであるし、大局的な判断能力が欠如している共産社民の両党である。今回こそは悪魔に魂を売ってでも勝つべきだったのに、これで半永久的にチャンスは失われてしまったではないか。これほどの醜態をさらしながら、全体的にみればほぼ拮抗しているほどの票を集めているのに、それだけの支持票を生かしきれないとは、もう何をやってもだめだろう。昨日のエントリーでも書いたが、小選挙区制下では善戦でも、負けは負けである。始めから敢闘賞を狙いにいっても仕方がないのである。


また、今回の選挙が小泉自民党のイメージ作戦に圧倒されてしまったということで、それに乗せられて自民党に投票した有権者を「昆虫並みの脳みそ」と罵倒しているサイトがあった。私もかねがねこの小泉戦略は卑怯だと思っていたものの、この言いぐさには腹の底から不快感を覚えた。あえてサイトのアドレスはここに記さない方がいいと思うが、この文の作者は「昆虫並みの脳みそ」と言っていったい具体的に誰かを思い浮かべているのだろうかと思う。例えば自分の母親なり、妻なりを昆虫並みの脳みそと言われて平然といられる人間がいるだろうか。それとも自分の脳みそだけが特別内容が詰まっているとでも言いたいのだろうか。

このようなメンタリティーのインテリに、現状を分析する資格はない。

先にも述べたように、小選挙区制ゆえ、明暗を分けたのはほんのわずかの浮動票が自民に流れたためである。ではその人達が「昆虫並みの脳みそ」の持ち主だったのか。そうとも言えない。単に面白がって選挙に行くくらいならこの層の人達は始めから投票などしはしない。今回こそは投票しようという強いモチベーションが働いたからなのだ。しかも、従来なら野党に入れていたものが、今回は自民党だ。普通に考えれば自民党を支持するはずのない層が積極的に支持しているのである。この深層に流れるものが何であるか分析しないことには野党に明日はないと思う。

マスコミがどうのこうのなどというのは物事を表面的にしか見ていない。確かにそれも一部荷担しているのは確かだろうが、もっと本質的な何かが起こっているに違いないと思う。小泉とそのブレーンはそれをつかんでいる。だからこれほどまでに打つ手打つ手が当たるのだろう。ヒント:国民は騙された被害者ではない。積極的に騙されようと身を捧げているのだ。


banner_04.gif
よろしければご協力お願いします。
この記事へのコメント
うーん.小沢一郎は小選挙区の事情をわかっていると思いますよ.だからこそ,自分が党首をしていた自由党を解党してまで民主党に合流したわけでしょ.自分で「野党はどうすべきか」の範をしめしたわけですよ.一党に票を集めないと自民に勝てないよ,とね.でも,みなさんはそう見てくれませんからねえ.

小沢が表立って動くと「壊し屋小沢が民主分裂を画策している」とか言われるんですよ.で,民主党内がガタガタして与党や世論が「民主党は鳥合の衆であてにならない」と噂をたてる.だから小沢としては裏方に徹してまわりにハッパをかけることしかできない.で,その結果がこれなんですから困ったもんです.
Posted by ark at 2005年09月14日 13:24
arkさま、コメントありがとうございました。
やっぱり小沢一郎はわかっていても動けないってところですかね。
まあ小沢個人について言えば、過去の失敗の付けがマイナスイメージになっていることもあって、かつての神通力も今はないといって良いみたいですが・・・
でも小沢が目指して来たことを、民主党あれだけ頭数がいて誰にも継承されていないと言うのは悲しすぎます。それは小沢の人徳の無さといえばそれまでですが・・・藤井も落選してしまったし、あとは松下政経塾出身の若手に期待するしかありませんね。
Posted by 非国際人 at 2005年09月14日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6898940

政界マグマの激動
Excerpt:  前々回の投稿で、圧勝した小泉自民党の行方を監視しつづける必要がある、と書いた。
Weblog: 反戦老年委員会
Tracked: 2005-09-14 12:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。