2005年09月22日

Jimmy Pageがブラジルに



20050922.jpgたまに息抜きでこんなネタもやってみます。この、左の人、あのJimmy Pageなんですよ。ジミー・ペイジが誰?って人はお父さんに聞いてください(笑)。それはそれはすごい方だったのです。ブラジルでもやっぱり人気だったのですね。

Folha onlineより(非国際人が自分で訳してます)

ジミー・ペイジが社会プロジェクトに損加し、リオ名誉市民の栄に浴する。

活動休止中のバンドLED ZEPPELINのギタリストジミー・ペイジは20日(火)リオ市南部にあるサンタ・テレーザにあるストリート・チルドレン保護施設「ジミーの家」を訪問した。彼はリオデジャネイロ州の名誉市民の表彰もまた受けている。

「ジミーはリオっ子でもブラジル人でもないが、ブラジルと連帯している」述べたのは、リオ州選出のブラジル民主運動党パウロ・メロ下院議員である。

20050922b.jpgこのミュージシャンから名前を取った「ジミーの家」を含む施設は、ストリートチルドレンを保護し、生活に困っている妊娠中の少女たちを援助する目的で寄付されたものである。施設は1998年以降イギリスのNGOであるTaskによって維持され、毎年1歳から6歳までの子供15人と、6名の若い母親の・倒を見ている。

今回のジミー・ペイジのリオ訪問は、パラリンピックのイベントへの参加と、2005年に契約・れとなっていたリオ市との「ジミーの家」についての契約について、再交渉を依頼するためのものであった。

20050922a.jpgしかし、ハードロックと慈善事業という取り合わせも、なんだか不思議。そんな気がするのは私だけだろうか。


banner_04.gif
よろしければご協力お願いします。




《追記》
この話は朝日新聞のサイトにも載っていました。しかもロイター電。わざわざ報道するような記事とも思えませんけど。
http://www.asahi.com/culture/enews/RTR200509220073.html

この記事へのコメント
ブラジルとジミー・ペイジがつながるとは思ってもいませんでした。
色々な人が、色々なことをやっているのだなと思いました。
でも、今のブラジル人はジミー・ペイジを知っているのでしょうかね。
お父さんも知らないかも。
Posted by Sao Paulo at 2005年09月23日 11:21
ヘビメタは未だに流行ってるみたいですけどね(笑)
ツェッペリンはスタイルがストイックすぎるのでブラジル人には難解かもしれません。
Posted by 非国際人 at 2005年09月27日 10:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。