2005年10月01日

めくらましの達人



選挙のほとぼりも冷めてきたら、全く政策が論じられなくなってしまったような気がする。重要法案が目白押しなのにである。小泉チルドレンなんて追いかけている場合じゃないっていうの。

野良狸の巣より引用します。このように単刀直入に書いていただけると大変ありがたい。

 政権与党がやりたいことは、まずは米政府が手ぐすね引いて待っている「郵政民営化」。
 そして、「人権擁護法案」。「共謀罪」。
 そして、「憲法・改正」。

Speak Easy社会では、「小泉首相が人権擁護法案提出を約束」というタイトルで、いろいろな人の意見をまとめて下さっている。

ところで不思議に思っているのは、この問題に限って沈黙を守っているブロガーが少なからずいるということだ。今国会中で首相はやる気だと報じられているにもかかわらず、である。

あれだけの議席を与党に与えてしまったから、もう何を言ってもムダ、と諦めているのだろうか。しかし、郵政に続いてスケジュールに上がっている数々の法案は、郵政と同じか、あるいはそれ以上に注意を払われて然るべきモノである。よしんば済々粛々と通過するだけだとしても、われわれはその過程を注視し、記憶に焼き付けておかねばならないと思う。

なぜ人権擁護法案が郵政改革法案以上に大切なのかというと、それは古賀誠の動きを思い出せばわかる。さんざん反対派を煽っておきながら、いざとなったら棄権して自民党に居残ってしまった。そして、平沼赳夫をはじめとした大物議員も、派閥の領袖である堀内光雄も、愛弟子の野田聖子も自民党に戻れなくなった。多くの議員が政治生命を失った。つまり古賀は郵政問題を隠れ蓑にして、自分の進める人権擁護法案に反対する議員達をだまし討ちにしたのである。そこまでしても古賀はこの法案を通したかったわけだ。

その割には法案、郵政問題に比べると余り一般に関心が持たれていない。特に左翼護憲派の人達の意見が良くわからない。別に、すべてのイシューについて旗色を鮮明にしなくてはならないとは言わないが、あらゆる旬の話題に敏感であるはずのブロガーがどうしてこの問題には触れたがらないのだろうか。これが何か寝た子を起こすとでも言うのだろうか・・・先日私がちょっとだけ触れた天木直人さんに対する徹底的な無視もそうだが、どうも左翼には気難しい人が多すぎる。

ちなみに反対しているのは反中国・反韓国の皆さんばかりではない。あの共産党も反対とはっきり言っているので、どうか自信を持って反対と言って欲しいものだ。それとも、これが小泉とその一派が推し進める新自由主義に対する歯止め、あるいは毒消しとして機能するというのなら、競争社会から落ちこぼれる弱者に対する救済として機能するというのなら、その旨を誰かが書いて欲しいと思う。

杉村太蔵クンなんて笑っている場合じゃないのだ。でもテレビがそれしか追いかけないっていうのは辛いねえ。海外に住んでいて良かった。

banner_04.gif
よろしければご協力お願いします。

(参考)
人権法案 首相意欲 衆院選圧勝…賛成派伸長、反対派は減退
 小泉純一郎首相は二十九日、参院本会議で、先の通常国会で自民党内の賛否が分かれ、提出を見送った人権擁護法案について来年の通常国会への提出に意欲を示した。法案賛成派の与党人権問題懇話会(座長・古賀誠元幹事長)は来月中にも活動再開を予定。逆に反対派の多くは郵政民営化関連法案の反対派でもあり、除名を含めた処分待ちの状況だ。衆院選・自民党圧勝の余勢を駆って、法案成立に向けた動きが一気に強まる可能性も出てきた。
 首相は「政府・与党内でさらに検討を進め、できるだけ早期に提出できるように努めたい」と述べ、「自民党は今回の総選挙の政権公約で簡易・迅速・柔軟な救済を行う人権救済制度の確立を公約している」と法案の重要性を強調した。神本美恵子参院議員(民主)の質問に答えた。
 与党人権懇は、郵政法案が衆院を通過した直後に会合を開き、法案提出に向けた今後の段取りを決める方針だ。自民党の中川秀直国対委員長も、次の通常国会での提出に強い意欲を示している。
 人権擁護法案をめぐっては、今年三月の自民党法務部会で(1)人権侵害の定義があいまいで、憲法の「表現の自由」を侵害する恐れがある(2)新設される人権委員会は令状なしで捜索、押収できるなど権限が強大−などの異論が相次ぎ、党内了承手続きが中断した。反対派は「真の人権擁護を考える懇談会」(会長・平沼赳夫元経産相)を結成し、提出を急ぐ賛成派を批判。執行部は最終的に法案提出を断念した。
 だが、平沼氏のほか、懇談会座長の古屋圭司氏や小林興起氏など反対派の主要メンバーの多くが先の国会で郵政法案に反対。平沼氏や古屋氏が無所属での出馬を余儀なくされたほか、小林氏のような落選組まで出て、自民党内での反対派の勢力は著しく減退。現在、自民党の有力議員で明確に反対を表明しているのは安倍晋三幹事長代理ぐらいしかいなくなった。
 これに対して賛成派は、衆院選の自民党圧勝を受けて勢いを強めつつあり、自民党内に人権問題を考える女性議員の会を結成することも模索。女性新人議員を中心に賛成派のネットワークを広げていこうとしている。
 もともと法案は、野中広務元幹事長が部落解放同盟など人権団体の要請を受けて強力に推進、平成十四年三月に国会に提出された。だが、メディアの取材を規制する項目に報道機関や言論界が一斉反発。個人情報保護法案、青少年有害社会環境対策基本法案とともに「メディア規制三法」と批判された。このため十五年十月の衆院解散でいったん廃案になったが、野中氏から与党人権懇座長を受け継いだ古賀氏らが、メディア規制部分だけを凍結して再提出を目指していた。
(産経新聞) - 9月30日2時40分更新




この記事へのコメント
こんにちは。はじめまして。
TB有難うございました。
内容ほぼ、同感です。
こちらからもTBさせていただきます。これからもよろしくお願いします。
Posted by 田舎の神主 at 2005年10月07日 11:12
田舎の神主様、どうも有り難うございました。
こちらこそよろしくお願いします。
Posted by 非国際人 at 2005年10月07日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

人権法案でBlog検閲開始か
Excerpt: 「人権擁護法案」ならぬ「人権蹂躙法案」でBlogも検閲開始となるか可能性が高い。人権擁護委員会は裁判なしで、人権委員が気に入らない人間を処罰できる。
Weblog: 1喝たぬき
Tracked: 2005-10-01 14:41

われわれ
Excerpt: NHK番組改編問題(朝日謝る 米、日本案を拒否 普天間移設 新人は族派閥に縛られ 【サッカー】フェイエ・小野ショック… めくらましの達人 スポレクいわて2005 ここいらで、司馬遼太郎。 我が逃走 日..
Weblog: われわれ
Tracked: 2005-10-01 22:09

ピエロが踊る舞台の裏で
Excerpt: もううんざりだ。日本のメディアはすべてワイドショー化しているんじゃないか。 選挙
Weblog: 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
Tracked: 2005-10-02 11:47

人権擁護法案はもっと騒がなくてはいけない
Excerpt: 人権擁護法案について取り上げたいと思います。 1喝たぬきさんの『人権法案でBlog検閲開始か』という記事でも書かれていますが、非常に危険な法案です。 「人権擁護法案」という名前でカモフラージュされ..
Weblog: 兄やんの一言モノ申す
Tracked: 2005-10-03 16:42

人権擁護法案っていったい誰の人権?
Excerpt: なにやら、なにやら・・・。 今回の郵政解散で大勝した自民党。 結局、勝ち組の方々
Weblog: 田舎の神主の学び舎
Tracked: 2005-10-07 11:13

アリスの国会見学:チェシャ猫もびっくり!不思議の国の共謀罪(1)
Excerpt: 今日は共謀罪という「犯罪」がどんなに奇妙奇天烈で不条理な罪であるかをアリスと一緒に研究してみることにしよう.不思議の国探訪の道案内は民主党の津川祥吾議員にお任せしよう.共謀罪の問題性・危険性は与党議員..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2005-10-11 19:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。