2005年10月06日

小泉は北京に飛べ



ガス田問題はよくわからない。何が問題かくらいはわかるが、日本政府が何を落としどころにしたいのかが、さっぱりわからない。もしかしたら小泉はわざとほったらかしにして、事態が複雑になるのを楽しんでいるのかもしれないとさえ思う。

もう明らかに、誰が見ても、中国側の態度は「時間稼ぎ」でしょ?日本側から出された要望をいちいち上層部に送って検討している間に、どんどん掘っちゃって既成事実化しようとしているのに、相変わらず局長級協議などと言う眠たいことしてる。

解決する気はあるのかと思う。もしないのなら、ないとちゃんと国民に納得するように説明して欲しい。

時事を考えるより引用
右寄りブログを眺めていたら、民主党の【参院予算委】若林議員、東シナ海ガス田開発問題など質問という発言に言及していました、そこで当該記事を読んだところ、ガス田問題について「日中の良好な関係を展望する意味では「小さな問題だ」としつつ、その扱い方には慎重を期すべきだと質した」と書いてありました

私もこれ読んだときは、「むむ民主党許すまじ」と思った。しかしこれって、民主党の意見じゃなくて、政府の意見を代弁させてるのかもしれない。

だって、コイズミ、絶対に、面倒くさいと思っているに違いないから。外交、わかんないし(笑)。せっかくその気になった北朝鮮問題も、かえって自分の首締めてるし。

コイズミは数々のタカ派議員を輩出した清和会の所属議員であり、また、自民党総裁選の際に靖国参拝を公約したこともあって、なんとなくタカだというイメージがあるけど。本当は、どーでもいいと思ってるんじゃないかという感じが、最近特に強くなってる。

基本的にこの人の頭の中は、党内政治なわけで、国益じゃない。自分が有利な立場にあるためには、常に中国や韓国・北朝鮮と緊張関係があったほうがいいと思っているだけだから。だから、ほったらかしにしているんだと思う。

本当に解決したかったら、自分が北京に飛んで、胡錦涛と直談判すれば良いじゃないかと思うのだ。かつて、自分が北朝鮮に対してやったように。考えようによっては郵政よりもずっと大事じゃないのか?

例えば、民主党の前原くんだって「政治レベル協議を」なんと言ってる。たまたま民主党本部に挨拶にきた局長レベルに言ってるだけだからどれだけ効き目があるのかわからないけど、普通に考えたら、そうだ。そもそも中国なんて、トップが号令かけない事には何事も動かないはずだから、三下レベルで何を交渉してもムダだろう。


ここでちょっと話が飛ぶのだが、中国のエネルギー開発と言えば、中国企業が米石油会社のユノカルを買収しようとして、結局議会の強い反対にあって断念したという経緯を思い出す。あくまで邪推であるが日本政府が弱腰なのは、この話ともしかしたら関係があるのではないか。

しかし政府は、さすがに世論が怖いから「やらせとけ」とも言えないので、民主党に憎まれ役をやってもらうと。なんか最近、リベラル派のやることなすことが結果的に体制側を益しているばかりなので、すごく彼らの誠実さを疑っている。そして、そういう民主党に期待する私たち庶民はお・ば・か・さ・ん・・・


で、どうでも良いですけど小泉さん、本当に何でも丸投げなんですね。たまには真面目にやってください。

banner_04.gif
よろしければご協力お願いします。
この記事へのコメント
TBありがとうございます。

小泉さん、ドコまで本気なのか、
何も考えていないのか…
民主党も期待できないし、
日本を取り巻く問題は山積みなのに、
大変です。
シッカリして欲しいですね。
Posted by 刀舟 at 2005年10月08日 12:50
コメントありがとうございます。

ホント危なっかしいです。わざとやっているとしか思えません。

もっとも外交は機密事項が多いと言われますが、知ってて言わないのと本当に興味がないのとの区別がつかないのも困ったところです。
Posted by 非国際人 at 2005年10月11日 12:08
小泉さん今行っても無駄なような気がします。自国防衛する力の無い国の言葉なんてどこも相手にしませんよ。外交より先に憲法改正が先ですね。そういう意味で今回の靖国参拝で外交日程の多くがキャンセルされたのは日本にとって+かもしれません。
(行っても援助と謝罪を約束させられるだけ。)
Posted by CHIHIRO at 2005年10月19日 23:31
貴重なご意見をありがとうございました。
今後の参考にいたします。
Posted by 非国際人 at 2005年10月20日 08:36
はじめまして。小泉さんが今この状況で北京に行ってもまともな外交にはなりそうもないですね 汗)訪中を拒否された経緯もありますし。
拉致問題においては、被害者の一部を日本に戻すことができた。という時点では小泉内閣の中でも顕著な「良い仕事」ですが、その後の対応を見ますと、もっと積極的にやってもいいな。。と思わされます。

非国際人さん、今回リンク先で目に留まったのでトラックバックさせて頂きました。よろしくお願いします。極めて辛辣な語りっぷりに笑いました。面白いです。
ありがとうございます。
Posted by オレオ at 2005年10月22日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7801445

民主党はまだまだ甘ちゃん
Excerpt: 右寄りブログを眺めていたら、民主党の【参院予算委】若林議員、東シナ海ガス田開発問
Weblog: 時事を考える
Tracked: 2005-10-06 23:09

新しい「日中友好」のカタチ
Excerpt:  9月28日の記事(「中国の対日外交政策に変化が…?」)でもお伝えしたのですが、中国の日本に対する外交が変化しつつあります。それは9月11日における選挙で日本における中国ロビイストが悉く権力の座から転..
Weblog: 王道研究
Tracked: 2005-10-07 11:41

書評:中国の戦略的海洋進出
Excerpt: 平松 茂雄 中国の戦略的海洋進出 <面白さ>☆☆☆ <コア度>☆☆☆☆ <書評> 最近、東シナ海での中国のガス田開発がニュースを賑わせています。しかし、このような動きは決して現在..
Weblog: 読み人日記
Tracked: 2005-10-07 15:48

日本と中国 ~靖国参拝~
Excerpt: 靖国問題について考える。これがこのカテゴリ一発目のテーマです。 アメリカに来てから2年以上が経ちますが、ここで出会ったかけがえのない友達の中に、中国人も多くいます。彼等はなかなか親日家で、少し前にあ..
Weblog: 俺に言わせりゃ
Tracked: 2005-10-22 12:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。