2005年10月07日

自爆する左翼



敢えて刺激的なタイトルをつけてみましたが、いかがでしょうか?(笑)

どうも最近、似たようなパターンの出来事が多い。つまり、左(またはそのシンパ)の人が何か目覚しいことをする ⇒それが、余りに質が悪いので右から叩かれる ⇒結果的に、左翼の権威がさらに失墜 ⇒体制側はますます磐石

何と言っても一番の自爆は、911総選挙での民主党だろう。もともとは小泉自爆解散だったはずが、民主党がわけのわからないマニフェストを出して勝手にこけてしまった。小泉首相の繰り出す数々の反則技に幻惑されたという部分もあるが、決してそれだけではない。そして、選挙が終わってからもずっと変。若林秀樹参議院議員は東シナ海のガス田の問題を大したことはないと言ってオウンゴール(←今の、ナショナリズムが盛り上がった状況でこんなことを言ったらどういうことになるかくらいわからないのだろうか、この人達は)


この間エントリーでも書いた、総理の靖国参拝に関する判決に傍論を付した裁判長というのも変だ。しかも、司法の権威まで失墜させて独裁強化に一役買ってしまっている。

それから、一連の朝日である。私は朝日批判で溜飲を下げるつもりはないが、それにしてもひどすぎる。しかも、陰謀というにも余りにせこすぎて、わざとツッコミどころを用意しているとしか思えない。

ジャパン・ハンドラーズとアメリカ政治情報から
一番この問題の問題点と言えるようなものは朝日の一部の突っ走った左翼記者の執念のせいで、今後、政治家に対する「まともな取材」までもを萎縮させるような「口実」を作り出してしまったということである。

そのことは、佐田玄一郎(自民党プロジェクトチーム)議員の「今後無断録音による取材が強行されることは火を見るより明らかで、非道な報道被害に遭わないように所属国会議員に注意を徹底する」(産経・1日)というコメントによく現れている。

タダでさえ、人権擁護法案とか個人情報保護法で、裁量によって、取材を萎縮させるような雰囲気が出来上がって、バカな国民は「小泉劇場」に熱狂するようなナショナリズムがわき起こりつつあるのに、である。朝日の一連の左翼報道は、健全な保守勢力の左に対する反発を無用に高めるだけの「寝た子を起こす」ものである。


どうしてこういう事が次々と起こるのだろうか。彼らは何度私たちシンパをぬか喜びさせておいて、地獄に突き落としたら気が済むのだろうか。

1.退潮する左翼勢力に、焦りを感じたチョンボ連発
2.もうこいつらは、最初から権力の手先で、わざと下手を打っている


私は最近、すごい勢いで仮説2に傾いている。朝日がボケ役で産経がツッコミを入れるという風に話ができているのではないか。

banner_04.gif
よろしければご協力お願いします。


この記事へのコメント
朝日・岩波・日教組
左翼反日教育の情報作戦における宣撫班、否、作戦部隊といっていいでしょう
Posted by 千代田の杜 at 2005年10月07日 09:43
>朝日・岩波・日教組

もう予備役ですな。早く引退して欲しいです。
Posted by 非国際人 at 2005年10月07日 11:25
もともと「2」だったのかもしれません。
私は左翼でない反体制というのはないのかと最近思います。
Posted by takeyan at 2005年10月10日 01:44
左翼以外のオプションが用意されていないのです。そういう意味では左翼も体制側と共犯関係にあるのです。新左翼でも同じことです。結局、内側から変えていくしかないのかもしれません。はるかに遠い道のりですが・・・
Posted by 非国際人 at 2005年10月11日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ナショナリズムという妄想に代わりえる妄想を求めて
Excerpt: By 得丸久文(ShinRai) ナショナリズムも、つきつめれば浪漫主義的妄想のひとつに過ぎない。 今、ナショナリズムという妄想に代わりえる妄想が必要である *** 地球浪漫的読書案内 ..
Weblog: 色・色
Tracked: 2005-10-07 17:25

倒幕運動、あえなく自爆
Excerpt:  さっそく玄倉川さんがトラバくれたんだけど、あまりにも予想通りの展開すぎて反応する気が起こらず…(笑) でもそうこうするうち佐倉さんからもトラバをいただき、当の筆者さんもトラバをくれたんでしょうがない..
Weblog: すちゃらかな日常 松岡美樹
Tracked: 2005-10-09 13:37

「噂眞」よ 復活せよ 朝日じゃラチあかん 岡留安則「〈噂の真相〉イズム」 神林広恵「噂の女」
Excerpt: WILL11月号の朝日新聞批判。田中・長野県知事についての偽造メモによるインチキ記事など最近の(に限らないかも)朝日は目に余る。俺は子どもの頃に新聞配達少年として読売販売店の親爺(売春宿を廃業した男)..
Weblog: 梟通信??ホンの戯言
Tracked: 2005-10-16 13:23

「ネットで広がる愛国心」 by 筑紫哲也のNEWS23 
Excerpt: この前、「筑紫哲也のnews23」の愛国心特集で「ネットに広がる愛国心」みたいなのをやってました。このブログでも、ことあるごとに、映画などの話でもこじつけるようにして、「愛国」や「ナショナリズ..
Weblog: Literally Memodesuko Mudaide...
Tracked: 2005-10-30 02:09

日本人奴隷化もありえた?アメリカの戦後処理案 「松本清張の陰謀」(2)
Excerpt: 佐藤さんの「清張の陰謀」には、私にとって初めて知る話が多い。その中のひとつ。これは佐藤さんも五百旗頭眞「米国の日本占領政策」(中央公論社)などを引いての話。 アメリカの国務長官コーデル・ハルは、..
Weblog: 梟通信??ホンの戯言
Tracked: 2006-03-30 16:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。