2005年10月11日

やるか、やらないか



改革ファシズムを止めるブロガー同盟」も本日現在で参加70ブログを数え、誠に慶賀の至りであります。これが多いのか少ないかっていう問題はさておき、取りあえずこういう動きがあるってことを世間に知らしめた意味は大きいと思います。参加表明せずにバナーを貼り付けているもお見かけしましたが、それはそれでいいのではないでしょうか(笑)

ところで、やれ戦略がないとか、「世に倦む日日」の言ってることが相変わらずの旧態依然とした左翼振りだとか外野の方々がいろいろ言っているようですが(だって私のような弱小ブログにもトラバ送ってくるくらいですから、聞きたくなくても聞こえちゃいます)、私は基本的には「このまま日本をコイズミ他の新自由主義勢力(或いはジャパンハンドラーと言い換えてもいい)の手に委ねておいてはならない」という危機感を共有するブログが寄り集まって、「なんかやってるようだ」と思わせるだけでも十分効果があると思います。だから、やってることはただの祭りでも良いんです(笑)

参加ブログの中には「とりあえず」という名のブログさんもいらっしゃいます(いつもお世話になってます)が、まさに、とりあえずでもいいから行動を起こすことが大切です。ただバナーを貼るだけの行動でも何もしないことに比べたら全く違います。たとえ1000人がバナーを見ても何も行動を起こさないかもしれませんが、確実に何かは心に残るはずです。私たちの運動は深く、静かに、日本国民の内面で、浸透していくのです。

運動に対して、「西尾幹二と辻元清美がスクラムを組んでシュプレヒコールをするのなら参加を考えてもいい」とか、「一年で辞めると公言している首相に対して倒閣運動してどうするのか」という揶揄を私は目にしました。いつまでも、そういう、ポストモダン風な、斜に構えて洒落た言いまわしをしたい人は、していればいいです。しかし、いずれ、笑い事ではなくなる時代が来ます。


話を戻します。私の好きな言葉に「問題は、『できるかできないか』ではない。『やるかやらないか』なんだ」というのがあります。こけたら、またやりなおせばいいんです。多少ブログに時間を取られるかもしれませんが、余分な出費がかかるわけでなし、何のリスクもないのだったら、やったほうがいいに決まっています。やれば、必ず何かが残ります。やらなければ、何も起こりません。

方法論うんぬんを心配される向きもありますが、参加を表明しているメンバーは、すでに独自に活動をして、それなりの読者(ファン)を持っている方が多いです。個々のブログが今まで通りの活動をすることによって、この運動に関心をもってくれる人が増えるなら、それで良いのではないかと思います。何も、右翼ブロガーの獲得が課題だからといって、そこに乗り込んで釈伏する必要まではないと思います。意識の高い人は、何も言われなくても、新しい考えを取り入れたり、新しい出来事を論じたりして、読者の幅を広げる努力をしているはずです。

大切なのは、それぞれのできる範囲で、なおかつ、それぞれの得意な分野、やり方で取り組むことです。例えば、この運動の呼びかけをされている世に倦む日日は、沢山の人からアクセスを集めることのできる、非常に立派なブログさんです。該博な教養も然ることながら、文章の完成度も内容、見映え共に素晴らしいものがあります。しかし、政治的呼びかけということになりますと、僭越ながら、その完成度の高さが長所でもあり同時に欠点となっているような気がします。ですから、このブログの知名度に頼りすぎるのは危険です。

私はそれほど政治運動の歴史には詳しくないのですが、「反米」で結集軸を作るのは簡単なようでいて、決してやさしくはない思います。それは、アメリカ及びハンドラーズの皆さんがこの手のイシューの取り扱いにかけては一枚も二枚も上手だからです。「反米」を強調したつもりなのに、いつのまにか「容共」「親中」の部分ばかり取り上げられ、揚げ足を取られてしまいます。右翼のDNAの中には戦後GHQによって巧妙に「反共」の遺伝子が植え付けられ、真に国益を考える左右両翼の共闘を難しくしているのです。しかし、このまま日本国民が分断されていて良いはずがありありません。問題は、『できるかできないか』ではありません。『やるかやらないか』なのです。

繰り返しますが、大切なのは、それぞれができる範囲で、なおかつ、それぞれの得意な分野、やり方で取り組むことです。特別なことをする必要はないのです。続けることです。僭越ながら、私はそう考えます。

エントリーの最後に、ローマ共和国時代の政治家大カトーに倣って、こう締めておきましょう。

諸君、改革ファシズムは止めさせなければならない


banner_04.gif
感ずるところがございましたら、是非一票を!


《追記》10月11日以降は、新しく参加された方にトラバお送りしております。よろしくお願いします。
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
かつて独裁制を招くと自ら反対していた小選挙区制のおかげで大勝した小泉・自民党ですが、実際には半数の人が反対しているのです。「国民の信任を得た」などといわれるのは不本意なので「改革ファシズムに反対するブロガー同盟」に参加しました。
「とりあえず」というのは時間的余裕がないからですね。
かつて中国では日本に抵抗するために敵対していた共産党と国民党が協力しあったりしました。そういうことも必要なときがあるということではないでしょうか。ものの例えですが。
Posted by ヘリオトロープの小部屋 at 2005年10月11日 12:42
コメントありがとうございます。
おっしゃりたいことはよくわかります、確かに小泉さんは勘違いしていると思います。しかも、この勘違いしている主君を諌める人が誰もいないのが現状ですけど、誰かが声をあげないことには何も始まりません。
ネット上で国共合作というアイデアは私も非常に魅力的だと思います。前代未聞なのでいろいろと障害も多いでしょうが、頭の中で考えているだけでは何も起こらないわけで、少なくてもそれを口にする勇気に対しては評価したいと思っています。
Posted by 非国際人 at 2005年10月11日 21:23
TBありがとうございました。文章を読んで、とても共感しました。「非国際人」さんにも興味を覚えましたので、今後も寄らせていただこうと思います。
Posted by memphis at 2005年10月11日 21:50
はじめまして。
TBありがとうございます。
「非国際人」さんの「個々のブログが今まで通りの活動をすることによって、この運動に関心をもってくれる人が増えるなら、それで良いのではないかと思います。」の言葉に賛成です。これからも、日々記事を増やしていけば、いいと思います。
これからも、立ち寄ってコメントやTBをしたいと思っています。それからbookmarkさせて頂きます。
よろしくお願いします。
Posted by taku at 2005年10月12日 01:15
>menphis様
こんにちは。お越し頂きましてありがとうございました。私の文章に共感頂いたということで大変嬉しく感じます。でも、ごらんの通りがさつな議論をする人間ですので、いろいろとご指導頂ければ幸いです。

>taku様
コメント頂きましてありがとうございます。このエントリーで書いたことはあくまでも私個人の意見ですので、それぞれの方が自由にお考えになればいいと思います。ブログはまだいろいろな可能性があると思いますので、柔軟に考えたいですね。これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 非国際人 at 2005年10月12日 01:20
TBありがとうございます。
今後ともよろしくお願い染ます。
Posted by 言いたいこと、書きたいことを書いていきます。(ちょっと過激かも) at 2005年10月12日 19:19
TBありがとうございました。お返しさせていただきます。
私はあまり政治には詳しくありませんが、小泉首相のいい加減さと不誠実さには前々から頭に来ていました。
それだけでもこの同盟に参加する動機になりえます。
「やるか、やらないか」の言葉に同感です。
ブログも結集すれば、かなり大きな力になると思います。
小泉擁護派から反論のTBが飛んでくるのもその表れでしょう。
Posted by タイホナ at 2005年10月14日 14:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7975803

右派の良識?(右翼の正体)
Excerpt: > 私は右派として最大限の譲歩をして「どっちもどっち」と書いておるのよ。 (問答板:[36163]おっちゃん) > それと、とほほさんは右翼が嫌いみたいですが、たしかに危ない思想の人もいますが、本当..
Weblog: とほほブログ
Tracked: 2005-10-11 07:52

やるか、やらないか ?? 何もかも投げ出したくなった朝に
Excerpt:  野田聖子さんの決断にも失望しますが、地元の県連の方々には迷惑をかけられないと悩まれたのだろうと、今さらながら小泉さんたちの手法の汚なさに怒りがわいてきます。奥田健次の教育改革ぶろぐろ部には、私も少し..
Weblog: とくらBlog
Tracked: 2005-10-11 09:21

改革ファシズムを止めるブロガー同盟
Excerpt: この blog は政治的主張を発信する場として始めたわけではないのですが、放言のカテゴリーで私なりの考えを表明してきました。憲法改悪や共謀罪の新設などが現実になろうとしている現状を危惧する立場で私なり..
Weblog: 徒然なるままに
Tracked: 2005-10-11 10:05

植物的笑いに飽いたのじゃw
Excerpt: ひさしぶりに朝から民放を見る。ルイ・ヴィトンのパーティーに米倉涼子が出たとか、村上ファンド村上氏の華麗な経歴とかやっている。うんうん、セレブはまだまだ全開だ。みんなで株やってセレブになるべし。小さな女..
Weblog: 玄耕庵日乗
Tracked: 2005-10-11 10:31

今更だけど、「Stop the Koizumi!」
Excerpt:  初見の人もそうじゃない人も、この「王還りますまで。」を読んで「筆者はコイズミ支持者」だと思わないのは間違いあるまい。当然そのつもりで書いてきたし、これからもそうだ。  コイズミはいらない、いや、...
Weblog: 王還りますまで。
Tracked: 2005-10-11 11:11

郵政民営化の齎すもの
Excerpt: 「独立メディア:今日のコラム」に、郵政民営化の齎す重大な結果を詳細に述べた論文が掲載されています。 本
Weblog: 気韻頭日記
Tracked: 2005-10-11 13:16

詩(2)
Excerpt: ■曇り、一時雨。今日も終日、仕事。新聞を読んでいた子どもが、「風水で自分の子どもの席替えを担任に迫った母親がいる」と言う。しばらく意味がわからなかったが、わかっても言葉がでなかった。 ◇ ..
Weblog: Delfini Workshop
Tracked: 2005-10-11 13:17

STOP THE KOIZUMI
Excerpt: 世に倦む日日 さんの呼び掛けに賛同して、「改革ファシズムを 止めるブロガー同盟」に参加させていただきます。 世に倦む日日さんの言う通り「小泉改革」に危機感を抱く人は 右派・左派関係なく、..
Weblog: 大和ごころ。ときどきその他
Tracked: 2005-10-11 13:37

32プロジェクトとSTOP THE KOIZUMI がんばってください
Excerpt: 当ブログでは32プロジェクト を応援します。是非みなさま応援しましょう。 もう一丁 これも!!! ? 「STOP THE KOIZUMI ?? 改革ファシズムを止めるブロガー..
Weblog: ちょいワル左翼を目指せ! 赤字第3セクト主義ブログ 
Tracked: 2005-10-11 18:25

アリスの国会見学:チェシャ猫もびっくり!不思議の国の共謀罪(1)
Excerpt: 今日は共謀罪という「犯罪」がどんなに奇妙奇天烈で不条理な罪であるかをアリスと一緒に研究してみることにしよう.不思議の国探訪の道案内は民主党の津川祥吾議員にお任せしよう.共謀罪の問題性・危険性は与党議員..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2005-10-11 20:57

そうだ、マグマだよマグマ。3419万4372票の怒りのマグマがフツフツと、地中深く静かに滾り(たぎり)はじめている。
Excerpt:  掲示板で見つけた言葉で実にうまいことを言うと思った。 反小泉3450万人が、ワ
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2005-10-11 21:45

大阪高裁、小泉首相靖国参拝に違憲判断
Excerpt: 一応書いておくか。 高裁レベルでの靖国参拝への憲法判断は初めてである。 地裁レベルではいくつかあったのだが。 しかもこれは、賠償請求そのものは棄却しているので国側に 上告権はなく、..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2005-10-11 21:49

STOP THE KOIZUMI ?? 改革ファシズムを止めるブロガー同盟
Excerpt: STOP THE KOIZUMI ?? 改革ファシズムを止めるブロガー同盟 改革ファシズムを止めるブロガー同盟に賛同します。 あまり政治的なブログにはしたくなかったのですが 憲法改悪には絶対..
Weblog: Jovanniの"雨ニモマケズ"
Tracked: 2005-10-12 01:07

現首相は人気者?
Excerpt:  早速、ファシズム礼賛の大新聞が、こういう記事を配信している。しかも、9.11選挙後の社説に、白紙委任ではないと言った毎日新聞である。本当に、困ったものだ。 [世論調査]「首相にふさわしい政治家」小..
Weblog: Aftermodern first edition
Tracked: 2005-10-12 01:17

キョーボーザイ
Excerpt: 凶暴罪……もとい、共謀罪である。 あなたが会社の同僚と居酒屋で一杯やって、首相の悪口なんぞ云ってみる。 「あいつ、気に入らないぜ!あいつのせいで税金は上がるし、サラリィマンの暮らしは悪..
Weblog: 逍遥録 ??衒学城奇譚??
Tracked: 2005-10-13 18:14

宣戦布告 − 改革ファシズム vs ブロガー同盟 −
Excerpt: ||<#ffffff'``|| ||<#ffffff' style=text-align:center;width:560px ``[http://nokoizumi.e..
Weblog: DABHAND PRODUCTION
Tracked: 2005-10-14 02:00

◆STOP THE KOIZUMI
Excerpt: 政治面ではかなり有名なブログ『世に倦む日日 』が、改革ファシズムをストップさせるブロガー同盟を呼びかけ、多数のブロガー達が賛同を表明し、日々その数を増やしている。 自分は、右でも左でもないが、政..
Weblog: オヤバカ男の言いたい放題 ??ストレートすぎてスマソ??
Tracked: 2005-10-14 14:23

*たくさんのトラックバックありがとう!
Excerpt:  このブログに来てみると、10月12日の投稿に、11ものトラックバックがあった。さらに、昨夜のアクセス数が、なんと230にも達していた!  いやはや、これには私も驚いたよ。  何故なら、それまでは一..
Weblog: 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
Tracked: 2005-10-15 00:02

裸の猿になる日本人PART??
Excerpt: 裸の猿になる日本人PART??  ? 今日、昨日になってしまいましたが、 shintaroさんのコメント頂いた共謀罪法案が審議がずっと、 頭にありました。 ? 凶..
Weblog: 言っちゃうぞ-!  世相を斬る! 
Tracked: 2005-10-15 20:17

保坂展人社民党代議士宛てのメール (2005-10-20 10:25:00 発信)
Excerpt: 国会の審議日程から逆算して,明日の衆議院法務委員会が正念場となることは間違いない.保坂議員のブログには国会での審議の進捗が詳細に記された「速報 国会報告」カテゴリがあり,その中で,「限られた条件の中で..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2005-10-20 12:37

【回覧】:『共謀罪』は衆議院法務委員会で預かりのまま継続審議に (AML配信,2005-10-20)
Excerpt: 京都で共謀罪反対署名運動を展開されている里中さんからのメール配信によると,共謀罪法案の審議は衆議院法務委員会でストップし,継続審議になった模様.この後は,実質的に法務委理事会(懇談会)ないし国対ベース..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2005-10-21 18:47

小泉政治に御用心
Excerpt: 今、日本の政治状況には黄信号が灯っている。今こそ小泉政治の本質を知り、彼がどこへ向かおうとしているかを見極めねばならない。彼は独裁者なのか、政治音痴なのか、虚勢を張っているだけの弱虫なのか、あるいは私..
Weblog: とりあえずガスパーチョ
Tracked: 2005-10-26 21:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。