2005年10月18日

あえてTBSを擁護してみる?



確かにTBSはだらしないが、同情の余地はなかっただろうか。当ブログでは一転して無謀なことを試みてみる。

なぜそんなことを今更言い出したのかというと、果たして日本の上場企業の社長の中で、ここ十年、商法を始めとした諸制度がどういう風に変えられてきたか、大まかでもいいからきちんと押えている人がどれだけいるのだろうかと疑問だからである。
まあ社長だけを責めても酷であるから、役員クラスに話を広げてもいいのであるが、会社の中でいえば経理・財務・総務という間接部門の重要性はここ十年で非常に増しているのであるが、むしろ傾向としては縮小してきたのではなかったか。

私はそれらの現場にいたから思うのであるが、現場は余りに急激な法制度の変化に対応するため、疲弊しきっているのである。柔軟な頭脳をもつ若い社員は新しい法制にどんどん対応できるが、中間管理職以上は次々にうつ病などにかかって現場を去っていく。その結果、ますます雰囲気が殺伐としている状況である。

専門の部署でさえ、そんな状況なのである。還暦を迎えるような役員連中にどれだけそれが理解できるのか。表面的に理解できたとしても、その本質にまで理解が至るのはほんのごくわずかではないか。

例えば、株を上場すると乗っ取りのリスクがある。そんなこともわからなかったのかと、今私も含めて大勢のブロガーが勝ち誇ったようにTBSを罵倒しているが、冷静になって想像するに、そりゃあ当事者はしまったと思っているに違いない。

日本の会社には、悪い意味での現場主義のようなものがあって、金勘定のようなことを軽視する風潮があるのは否定できない。まして視聴率競争で苦戦しいていたTBSであるから、なおさらであろう。

しかしそれは優等生的な考え方だ。社長は現場の作業員ではないのだから、優等生である必要はない。本質を見ぬく目を持たなければならない。「挨拶にも来なかった」といういい訳は、私が勤めていた会社を辞める決心をしたときの直属の上司がいかにも言いそうな言葉で、非常に愉快に思った。おそらくこういう発想がニッポン株式会社のスタンダードなのである。社長の仕事は挨拶をすることと受けることだと思ってないか。


商法は古色蒼然たる日本語で書かれているが、その発想は、このような浪花節世界とは無縁の、資本主義の倫理に貫かれている。

商法をちゃんと読めば、会社は株主のものであり、彼らこそが利益からの自分の取り分を決める権利を留保しているのであり、経営者の任免権を持つということがちゃんと書いてある。どんな参考書よりも明確に謳っている。確かに商法は難しく書かれているが、じっくり読めば誰にでもわかるように書いてある。

しかし、専門に経理とか、株式総会対策でもしない限りは、ふつう商法など読まないであろう。

まず、商法は読みにくい。これが非常に大切な点だ。憲法のように口語体で書かれていれば、商法は説明が具体的であるだけにはるかに読みやすいはずだ。

それから、法務省も法学者も、国民に対して、商法を正しく知ってもらおうという努力を全く行っていない。相変わらず、「民は知らしむべからず」という態度である。必要があれば通達をすればいいという考えである。

ところが、会社というところは利益を上げるところであるので、いちいち法律のことなど構っていられないのが実態である。ただ、TBSくらいの知名度のある会社がこんなことをいうのは到底許されるものではないことは私も認める。

私たちの勉強不足も認めよう。しかし、このような事態を招いてしまった国の責任もある。確信犯だという話もあるが・・・


しかし、かつては商法のことについてなんて、別に知らなくても社長が勤まったというのも事実だ。以前は株式の持合というのがかなり一般的だったので、発行株式中、流動している株式の割合は低く、乗っ取りの心配はほとんどなかったのである。

しかし、一連の不良債権処理に絡む自己資本比率維持のために、銀行はかなりの保有株式を売却した。一般企業もまた、益出しのために売却したので、以前に比べるとはるかに大量の株を買い付けることが可能になった。

昔からある企業防衛のためのマニュアルはもはや通用しないのに、まさかうちに来ることはないだろうと高をくくっていたら、この体たらくである。しまったと思っても後の祭である。

楽天の背後にはゴールドマン・サックスの投資顧問がいる。日本のメガバンクもついている。国も、この前のライブドアの一件から考えても、TBSに有利な取り計らいをするとは思えない。しかし私は今更TBSが誰のものになろうとも、興味がない。


問題は日本の、他の上場企業の経営者連中がこの一件から何を学ぶかである。もっとも所詮はサラリーマン上がりがほとんどであって、前例もマニュアルのない事態に対して、どうにも対応のしようがないであろう。何しろ敵は挨拶もしない失礼な相手である。ちょっと飯でも食いましょうと言って丸め込めるはずもない。

つまり、企業も企業で、「解社」的見なおしをすべき所が多いはずである。時代に合わない経営者は、退場すべきであるが、新しい時代にふさわしい経営者もまた生まれ出るはずだ。三木谷氏がそれとは言わないが、少なくてもそのきっかけではあると思う。そういう意味ではTBSの功績も大としなければならない。


banner_04.gif
お気に召しましたら一票お願いします。
この記事へのコメント
会社は誰のものか?
株主総会で株主から経営を委託されただけのはずの役員が、株主に向かって平然と「わが社」と言う不思議。それを当然と思い、何の疑問も感じぬ役員。
正しくは「皆さんの会社(YOUR COMPANY)」。
役員の思い上がりも甚だしい。
Posted by 千代田の杜 at 2005年10月18日 10:49
ご丁寧にTB有難うございました。
まったく仰るとおりでございます。
これをご縁に僕のRSSリーダーにサイト登録させて頂きます。
それでは又。
Posted by 閑話ノート at 2005年10月18日 12:28
TBありがとうございました^^
ま〜TBSも相手が楽天、村上ファンドでよかったよかった
あと2年ほどすれば、株に関しての規制が緩くなるから、本場のハゲタカ達が大量に舞い降りて、TBSのような会社を食いつぶしてゆくでしょう
自分の会社の未来が、ああなってしまうかも?と日本全国のノホホン経営者に警告を与えたのはいい事だと思います
Posted by teru_k_lsf at 2005年10月18日 22:33
今の日本何か変な方向に進んでいるようで・・・いつもは読ませてもらってますが、今回TB送りました。早速TBいただきました。ありがとうございます。
今起きていることはアメリカ型の負け組を作る前兆でないことを祈ってblogをTBしました。
Posted by なかまた at 2005年10月20日 11:03
ライブドア堀江貴文のフジテレビ買収騒動、楽天三木谷浩史のTBS買収騒動…と、今年に入ってからはメディア買収騒動が騒がしい。

今でさえ、テレビ界は日本テレビの視聴率操作事件ですら反省もせず、低俗・高視聴率番組と、高尚・高視聴質番組が両極端に存在する構図となっている。

問題は、堀江や三木谷がテレビ界を改善するか改悪するかという点だ。この点から見ると、堀江と三木谷がテレビ界を改善する事は二百%有り得ない。なぜなら、堀江と三木谷は大衆受け(視聴率)至上主義者であり、何よりも成金であるためだ。

堀江がフジテレビを乗っ取ったり、三木谷がTBSを乗っ取れば、放送界は益々酷い方向に向かう。確に、二局とも「ワンナイ」や「金スマ」のような破廉恥居直り番組も存在する。その一方では、六年後、十二年後、十八年後に覚えてるような番組や、受賞番組の本数も多い。フジテレビは十方に娯楽色を打ち出して、制作姿勢で「辨証法の論理」をわきまえている。TBSも、局の個性であるガリ勉根性のソフトや、ファミリー向きのソフトも用意されている。

一方、堀江と三木谷は、「辨証法の論理」や「個性を生かす事」を知らない。古いものは絶対悪で、新しいものは絶対善だという、二進法の持ち主だ。何もかも打っ壊せば全てが善くなると思わせる事が特徴だ。しかし実際には、白か黒かの二進法で整理できる程単純ではなく、新旧並存の辨証法で成り立っている。

従って、堀江や三木谷がメディアを握ると、旧来の淳風美俗を破壊して、新奇の蛮風醜俗を蔓延させるだろう。更に、「買収したら、どんなメディアを作りたいのか?」について、三木谷は未だに説明していない。(堀江は、「世間の大衆様に白紙委任しますよ」とのポピュリズムを掲げた。)つまり、三木谷に全てを白紙委任する事になるのだ。

白か黒かの二進法で新規蒔き直しの幻想を煽り、権力欲だけでビジョンを持たない成金に全てを白紙委任する事は、非常に危険だ。只でさえ成金のやる事だから、「ワンナイ」や「金スマ」のような破廉恥居直り路線に拍車を乗ける事になる。これは、二進法で幻想を振り撒いて労働者を苦しめ、軍国化を進める小泉純一郎・竹中平蔵政権と同じだ。
Posted by 安 直寛 at 2005年10月22日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8281425

【歴史は繰り返す】IT企業やファンドへの批判について
Excerpt: 兄やんのチェックしているブログの「Espresso Diary@信州松本」の斉藤さんによれば、 新しい経営が隆盛していくときには、つねに社会にアレルギーのような反応が出る。私は、いまのIT企業やファ..
Weblog: 兄やんの一言モノ申す
Tracked: 2005-10-18 06:22

1選手会長は上場容認2ベイスターズの引き取り先について
Excerpt: やはり、球界全体のことを考えている、考えざるを得ない立場の人間は冷静である。 ご存知、今シーズン引退した野村謙二郎選手とともに2000本安打を達成した、戦う選手会長こと、古田敦也選手が、上場は否定し..
Weblog: 兄やんの一言モノ申す
Tracked: 2005-10-18 06:23

銭儲けは計画的に!
Excerpt:  今や世間はM&A(吸収合併)やら、ファンドやら、楽天やら、村上などの名前で騒いでいる。正直かなりうぜー。知識レベルが低い日本人経営者が多いのか、わーわーと騒ぐだけで筋の通った受け答えができて..
Weblog: がんばれニッポン!
Tracked: 2005-10-18 09:11

1人のスーパースターが世の中を変える?
Excerpt: 信州のコーヒー屋のマスターが突出した個性が認められる日本にとおっしゃっています、
Weblog: 時事を考える
Tracked: 2005-10-18 09:49

筆頭株主
Excerpt: 球団の事については少し今日書いたが、この一連の株式取得劇について語ってみたいと思う。報道でもかなり放映されえているが、楽天がTBSの筆頭株主に躍り出て、M&Aコンサルティングも7%程株式を取得..
Weblog: 日々月々年々思う事
Tracked: 2005-10-18 09:58

会社は誰のものか?という問題の円満解決法
Excerpt: 「会社は誰のものか?」 ライブドアのニッポン放送買収、 村上ファンドの阪神電鉄株買い増し、 さらに楽天のTBS株取得で 株主というものに焦点が当たるようになってからというもの、 散々この疑問..
Weblog: Yの会計士日記
Tracked: 2005-10-18 10:11

結局大した問題じゃないんじゃないかという結論に達する
Excerpt: 楽天にTBSに村上ファンド。いろいろコメントやトラックバックありがとうございました。とても参考になり、読ませてもらうたびに、なるほど〜と思っていたら、だんだん自分の考えも矛盾してきて、あー物事には色ん..
Weblog: フリーペーパー&ネット広告代理店の社長ブログ
Tracked: 2005-10-18 10:50

ファンが株主になる事はチームを支える事になる
Excerpt: 楽天がTBSの株を買い増している問題で野球協約第183条違反に対する問題があるけれど、その前に現在阪神電鉄の筆頭株主になった村上ファンドの村上世彰氏が阪神タイガースの株式上場を提言した。現経営陣からは..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2005-10-18 12:09

村上ファンド愚考
Excerpt: このところ株式買占め騒動が報道機関は云うに及ばず、 ブロガー各氏ともども大変にぎやかでございます。 村上世影氏率いる投資ファンド(通称、村上ファンド)が、 阪神電鉄株を38.1%取得したと思ったら、..
Weblog: 閑話ノート
Tracked: 2005-10-18 12:30

堀江・村上・三木谷
Excerpt:  堀江貴文(ホリエモン)vs. ニッポン放送  村上世彰 vs. 阪神電鉄  三木谷浩史 vs. TBS 2005年に入ってから上記の企業買収劇が世間を騒がせています。そして巷では「それにしても彼ら..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2005-10-18 19:23

TBSその後
Excerpt: 新たな動きはありませんが、じっくりと分析してみると 楽天の三木谷社長は非常に良く
Weblog: 徳島で働くとある公認会計士の本音
Tracked: 2005-10-18 21:00

スタンダード・オブ・ジャパニーズ
Excerpt: 昨日・今日と、TBS・楽天問題に関するブログを片っ端から 読み漁っています。 みんなそれぞれ色々な意見を持っていてすごく興味深かったり したのですが、 やはり多かったのは「日本の経営陣は考えが..
Weblog: ズバリ受験するわよ!
Tracked: 2005-10-18 22:38

よく分かる(?)シリーズ 株式会社と企業買収について(その1)
Excerpt: ここ数日,阪神電鉄やTBSの株式を大量保有していたなどとして,村上氏や三木谷社長が矢面に立たされています。中には,「企業買収なんてけしからん」という論調で批判している人さえもいます。 しかし,株式を..
Weblog: あれは,あれで良いのかな?
Tracked: 2005-10-18 23:12

よく分かる(?)シリーズ 株式会社と企業買収について(その2)
Excerpt: 前回に続きます。 前回は,株式会社とはなんぞや,についてその法律上の基本構造を中心に説明しました。 さて,今回は,それを踏まえて,企業買収の本題に入りたいと思います。 第2 上場企業と非上場..
Weblog: あれは,あれで良いのかな?
Tracked: 2005-10-18 23:14

会社は、株主のモノなの?
Excerpt: 巷で賑わっている阪神電鉄の株買収劇=村上ファンド 彼らの事で、板倉雄一郎氏のブログ(http://www.yuichiro-itakura.com/ )やCazperさんのブログ( http://w..
Weblog: 京男達の『なんで屋』道中記
Tracked: 2005-10-19 09:47

このところのマネーゲームへの警鐘
Excerpt:  Power book アメリカではノートパソコンといわずに Lap top PCという。膝に乗せて使うのだ。最初買ったラップトップPCは8kgもあった。(笑)今言葉通りにPower bookを膝に乗..
Weblog: ファミリー メンタル クリニック
Tracked: 2005-10-20 10:17

楽天vsTBS法廷闘争か?
Excerpt: ライブドアとフジテレビの法廷闘争は記憶に新しいところですが、今度は楽天とTBSの経営統合問題が法廷で争われる可能性がでてきました。
Weblog: 司法書士木村太郎のちょっと得する 法律解説
Tracked: 2005-10-26 17:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。