2005年10月28日

今こそ庶民は怒るべきなのである



直前のエントリーの続きですが、大切なことを言い忘れていました。それは、

庶民は怒るべきである

ということです。


私たち庶民は所詮素人です。対案なんて出さなくても良いんです。無責任ですか?


ちゃんと税金払ってるじゃないですかぁぁぁぁぁ


俺たちは税金を払う、だから官僚や政治家は知恵を出せ、そういうもんでしょう。


かつて土井さん率いる社会党が消費税反対で選挙に勝った時を思い出してください。その時のスローガンは「ダメなものはダメ」ってまったく理屈になっていなかったので、私はその時若かったけど、馬鹿なことやってるなと思ってました。でも今にして思えば、あの運動はあれで正解だったのだと思います。今の民主党がダメなのは、物分りが良すぎて、結局相手の土俵に乗ってしまっていることです。

考えてみれば小泉さんの郵政改革にしたって、理屈も減ったくれもなかったですけど、通りました。「殺されてもいい」なんて芝居がかかった台詞、恥ずかしくてなかなか言えるもんじゃありませんが、もうそれで、理屈の問題じゃなくなってしまいました。

どうでしょうね、社民党の福島さんあたり、ここで一発「殺されてもいいから消費税アップ阻止」とか言ってくれませんか?このままじゃどうせ自然消滅が待っているだけですから、一か八か、夢よもう一度で賭けに出てみるというのは・・・。あ、私でしたら、その場合人権擁護法案と外国人参政権さえ諦めていただければ喜んで支持させていただきます


話は変わりますが、プラザ合意以来の急速な円高に、私たち庶民はものすごい努力をして耐えてきたのです。例えば、輸出商品だったら、昨日まで一個100円で売れていたものが、明日から50円に値下げしろというような事を言われるわけです。どうコスト計算しても、できないんです。そうしたら、こう言うんです。

できない理由を考えるんじゃなくて、どうやったらできるかを考えるんですよ

でもみんな、夜寝る時間も惜しんで頑張ったものです。現場での作業が終わってからも、日付が変わるまで、どうやったらコストダウンできるか、議論しあっていました。当時は現場にイラン人が沢山いました。日本人なんか使っていたら、絶対コストが合わないから。もちろん輸出している当の大企業は表立ってそんなことはできなかったけど、下請けの下請けくらいになると沢山雇っていました。どう考えてもいるはずのないギニア人とかの出稼ぎが来たこともありました。


そうやって私たち庶民が頑張ってきたのに、霞ヶ関のお役人達は垂れ流される財政赤字と減りゆく年金資産をただ指をくわえて眺めていたのです。できなかったとは言わせません。できなかったのではなく、真剣にやろうとしなかったのです。

それが難しいということがわからないくらい私たちも愚かではありません。しかし、彼らが具体的に何か対策を取ったというのですか。雇い主である国民に対して誠意を持って状況を説明しようと努力しましたか。

そして、あげくの果てには、このデフレの真っ最中にもかかわらず増税を打ち出すという無神経振り。総理大臣以下すべての公務員を街頭に引きずり出して土下座させてもまだ足りないくらいです。


最後に繰り返します。いまこそ庶民は怒るべきなのです。責任を果たせない無能な公僕たちに対して、そして今や彼らの利益の代弁者と成り下がった政治家たちに対して、国家の主人公は誰なのか、今こそ思い知らせるべきなのです。

banner_04.gif
じわ〜っと怒りが湧いてきたあなた、クリックしてみよう!
この記事へのコメント
おっしゃるとおりです!
少子高齢化してるから消費税率アップが必要なんてウソです。
Posted by ヘリオトロープの小部屋 at 2005年10月28日 22:17
「目的税」じたいにヤバさを感じます。たとえば『福祉部門は消費税をあてこんでいますから一般会計から拠出しません』とか言われちゃいそうです。福祉目的といいながら結局福祉を切るための方策のような気がします。
Posted by JIN at 2005年10月28日 23:26
ご無沙汰しています。
TB有難うございます。興味深く拝読しました。
小生もボツボツ書き込みしようと考えています。貴兄とはちょっと違う視点からの纏めになるものと考えております。
財政の現状打開は、国民負担率を引上げるのか、それとも現状より社会保障水準を引き下げるのか。それとも現状を維持し借金(国債)の金利を棚上げにするのか、又は、棒引きするのか。誰(国民)が痛みを分ち合うのか。だと思っています。国民はそのどちらを選択するのかと。。。
厄介な問題は人口構造です。江戸幕府の三大改革(押しなべて倹約)とは時代環境が違いすぎます。(今後日本の人口が減っていきます)
小生の結論は、まだ出ていません。
それでは又。
Posted by 閑話ノート at 2005年10月30日 12:19
ヘリオトロープの小部屋さま
ウソと言うかですね、知恵が足りないなという気がします。つくならもっと上手な嘘をつけと言いたいです。
Posted by 非国際人 at 2005年10月30日 12:55
JINさま、コメントありがとうございます。
どうせ正しい情報など流す気がないくせに目的税なんて小賢しいですよね。
それから、目的税化することで体よく所得税をそのままにしようという悪意を感じます。
Posted by 非国際人 at 2005年10月30日 12:58
閑話ノートさま、コメントありがとうございます。
お分かりいただけていると思いますが、私が問題にしているのは、「増税は仕方ない」というムードがなんとなく醸成されてしまっているということなんです。
消費税を一挙に10%も上げてしまうという事は、国民生活に破壊的な影響をもたらします。それでも国民はそれに耐える覚悟があるのか、財政当局はそれを問うべきだと思うのです。
Posted by 非国際人 at 2005年10月30日 13:07
たびたび寄らせて頂き恐縮でございます。
非国際人さまの論旨すべて理解し納得しております。
先に増税ありきでは困りますし、国民は納得しないでしょう。
おっしゃるとおりです。
ご指摘のとおり、財務省がすべての数字を開示し、
複数の改革案を俎上に乗せることが大事と思います。
Posted by 閑話ノート at 2005年10月30日 17:04
TBありがとうございました。
消費税増税はどうしても不可避だとは思います。しかしながら、賛否両論あってしかるべきところに落ち着くのが民主主義なんだから、率直な反対を言うのも重要だと思います。残念ながら、相当に文句を言わないと闇雲に取れるところから取りたがるのが財務当局の習性なので…。
Posted by 猫研究員 at 2005年10月30日 21:51
全く同感です。
本当、日本人はなめられすぎている。
Posted by homupe2002 at 2005年10月30日 22:36
閑話ノートさま。ご理解いただきましてありがとうございます。
小生も、政府には真剣に国民の理解を求めるという姿勢を期待しております。そうでないと、財政ばかり健全で国家としては逆効果になりかねないと心配いたします。
Posted by 非国際人 at 2005年10月31日 09:41
猫研究員様、コメントありがとうございました。実務に詳しい貴殿ならではの冷静なご意見、大変参考になります。
確かに、私の住んでいるブラジルなんかの事例を考えますと、本当に「取りやすいところから取る」を実践していまして、おびただしい量の間接税を徴収されております。
また、ブラジルは大統領制なので、大統領特別令の形で安易に税金が乱発されるという特徴はあります。
幸いにして日本は議会制民主主義(最近ちょっと怪しいですが)ですので、まだその特徴を生かせるチャンスがあると思います。声を上げないことには何も始まりませんから・・・
Posted by 非国際人 at 2005年10月31日 09:54
homupe2002さま。コメントありがとうございました。
ホント日本人は素直すぎます。もっとお上に意見しても罰は当たらないと思うのですが・・・。
Posted by 非国際人 at 2005年10月31日 09:56
>できない理由を考えるんじゃなくて、どうやったらできるかを考えるんですよ
うちの市長と市役所職員、議員のほとんどにも言ってやってください。
何かやろうとすると税の公平性とか持ち出して逃げる。
それこそサルでもできますがな。
Posted by takeyan at 2005年11月01日 02:30
たけやんさん、どうもです。

>うちの市長と市役所職員、議員のほとんどにも言ってやってください。
え〜〜〜、「ほとんど」そうなんですか?マジ洒落になりませんね・・・
Posted by 非国際人 at 2005年11月01日 11:15
怒って行動しないとダメなようです。
Posted by 日本独立共和党 at 2005年11月07日 22:25
日本独立共和党さま。コメントありがとうございます。怒って行動していきましょう。
Posted by 非国際人 at 2005年11月09日 05:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8697350

消費税を上げることは、やぶさかではありませんが・・・
Excerpt: 消費税率、10%以上不可避 自民党が改革案 小泉首相が在任中は、絶対に上げない=その後は上げますよ という図式は、残念ながら成立してしまった。 今の日本を冷静に見れば、消費税引き上げはやむを得な..
Weblog: 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2005-10-29 14:05

え??消費税15%_| ̄|○カックシ
Excerpt: え??消費税15%だそうです_| ̄|○カックシ、庶民は10%くらいはいくやろなぁと
Weblog: 時事を考える
Tracked: 2005-10-29 21:02

なぜ増税ばかり論じるのか。
Excerpt: なんで、無駄遣いを監査する組織がないんでしょうかね。 経団連みたいのでもいいと思うんですが、 無駄遣いを監査組織が必要じゃないでしょうかね。 民間企業にだって、財務監査がつくのですから、 ..
Weblog: ●マーケティング室よりトップマネージメントを目指すBlog●
Tracked: 2005-10-29 23:29

増税する前にやる事があるのでは?
Excerpt: 28日、政府税制調査会会長の石弘光氏が内外情勢調査会で講演した。 講演には経営者などおよそ800人が出席した。 この講演で石会長はさらなる税負担を訴えた。 「(財政は)明らかに破たんの方..
Weblog: こちら中小企業総務部
Tracked: 2005-10-29 23:57

スケールの小さい現代の政治家
Excerpt: 「民意を無視した郵政解散」を諫められ、撤回を求められた小泉首相は「殺されてもいい
Weblog: 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
Tracked: 2005-10-30 00:43

よく分かる(?)シリーズ 憲法改正について
Excerpt: 自民党が憲法改正私案を発表しました。 もちろん,このとおり憲法が改正されるという意味ではなく,これから他党の私案等も踏まえてどんどん議論をしていくことになると思われます。 ところで,憲法改正につい..
Weblog: あれは,あれで良いのかな?
Tracked: 2005-10-30 11:44

江戸幕府末期と大増税時代
Excerpt: 歴史から現代社会を検証するシリーズをいよいよ書いてみようと思います。 今回は江戸時代から。 さて,中学時代,江戸の三大改革を勉強したと思います。享保の改革,寛政の改革,天保の改革ですね。そして..
Weblog: あれは,あれで良いのかな?
Tracked: 2005-10-30 11:48

日本の政治は何処を向いておるのか?
Excerpt: 先日大増税が始まるぞ(怒)!とぼやいたわけだが、 本当に日本の政治家というのはバカばかりか。 景気が良くなってきた。というが、そんなもん、一般社会のワシらには何にも実感がないわけジャ。..
Weblog: noguさんのぼやき
Tracked: 2005-10-30 12:03

将来の国の財政はどうなる?
Excerpt: 先程、「TVタックル」(テレビ朝日)を見ていた。話題は「国の赤字財政」と「年金問題」。 テレビを見ていて感じたことは、国の会計監査を一般企業並みに「透明さ」と「厳しさ」が備わっていれば、
Weblog: 管理人のつぶやき
Tracked: 2005-10-30 13:22

消費税アップ、携帯に税金かけちまえ!
Excerpt: 党財政改革研究会による消費税大幅引き上げの中間報告を小泉さんが了承した。 詳しい内容は方々のニュースサイトにあがってるので、ここは単刀直入..
Weblog: 俺の話を聴け〜!
Tracked: 2005-10-30 13:40

怒らなくちゃ
Excerpt: そう、野田正彰さんのおっしゃるとおり、怒らなくてはいけません。 「見得切り政治」を見て楽しんでいる人たち、どうか気づいて下さい。 怒らなくてはいけないのです。
Weblog: 人間が人間にとってのオオカミである
Tracked: 2005-10-30 14:03

偽の改革
Excerpt: 『消費税率10−15%例示、福祉目的税化を提言へ・自民財政研』(2005年10月24日 日経新聞社より)詳細はリンク先をクリックしてください。 『消費税の社会保障目的税化を了承・自民財政研』(2005..
Weblog: がんばれニッポン!
Tracked: 2005-10-30 14:42

消費税率、10%以上不可避
Excerpt: 消費税率、10%以上不可避 自民党の財政改革案  自民党の財政改革研究会(会長・与謝野馨政調会長)は二十四日、消費税を社会保障目的税化し、税収の全額を年金、医療、介護など社会保障費の公費負担分に..
Weblog: zaraの当方見聞録
Tracked: 2005-10-30 16:20

増税反対……他に方法はないのか
Excerpt:  共謀罪法案を支持する方も、ご自分の意見を主張されるようになってきている。 これは良いことだと思う。法案反対派と法案支持派の間での討議、討論が繰り広げられることによって、この法案についてよりよく知られ..
Weblog: あくてぃぶ・そなあ
Tracked: 2005-10-30 16:20

■■消費税15%!!■■
Excerpt:  自民党 財政改革研究所が消費税10%~15%を例示。 社会保障財源不足で その補填として消費税UP案を例示したわけだが、総選挙で圧勝した自民党の考えが通過する可能性は高く、今後消費税が上がることは必..
Weblog: ■1st impact■
Tracked: 2005-10-30 18:07

消費税増税、どうやら決定
Excerpt: もう笑うしかない展開です。不謹慎かもしれないが、しょうがない。 ソースはこちらです。 「任期中には上げない」と言っていただけですからね。 根本的な行財政改革にはそもそも手をつけておりませんし..
Weblog: 我龍窟
Tracked: 2005-10-30 18:22

消費税引き上げ?
Excerpt: 増税前に議員の数を減らすべし  谷垣財務相がTV番組で財政再建には増税との見解。
Weblog: ねじれ川柳惑星
Tracked: 2005-10-30 18:35

財務相,消費税引き上げを示唆
Excerpt:  谷垣禎一財務相が,10月23日のテレビ番組で,消費税の税率引き上げについて「次
Weblog: Alice堂のWEBLOG
Tracked: 2005-10-30 20:19

遂に自衛軍誕生か!これって、1340年前と同じ?
Excerpt: 自衛軍保持を明記 自民初の改憲草案 自民党は28日、立党50年を機に憲法を全面的に見直し「自衛軍」の保持などを明記した新憲法草案を決定した。(共同通信) 自衛隊のいま現状に沿った改憲草..
Weblog: 話題沸騰☆税務と会計のビックリ箱〜埼玉県川越市の大林税務会計事務所です!
Tracked: 2005-10-30 20:58

消費税増税、IT投資減税打ち切り―財務相発言
Excerpt:  今、消費税増税が将来にわたって不可避でないと思っている国民はほとんどいないのではないかと思う。昨年の年金改革で国民年金の国庫負担を3分の1から2分の1に上げた。その財源としては消費税以外に考えられな..
Weblog: 猫研究員の社会観察記
Tracked: 2005-10-30 21:39

増税する「小さな政府」?
Excerpt:  自民党による消費税増税案が波紋を呼んでいるようです。まあ当然といえば当然でしょうか。消費税は、いつの間にか引かれていていまいち実感がわかない源泉徴収とは違い、買うたびにはっきりと意識されてしまう税金..
Weblog: 王道研究
Tracked: 2005-10-30 21:46

「庶民は怒るべき」
Excerpt: ブログ様にトラックバックさせていただきました。...
Weblog: 言いたいこと、書きたいことを書いていきます。
Tracked: 2005-10-31 07:49

消費税大幅アップ確実?
Excerpt: 自民党の財政改革研究会は24日、消費税収の全額を、年金、医療、介護を中心とする社会保障費の公費負担分に充てる福祉目的税とすべきだとする中間報告を取りまとめたとのこと。...
Weblog: O.Z.K.
Tracked: 2005-10-31 10:10

ついに・・・。
Excerpt: 消費税の増税が濃厚に・・・。 税率10%??15%の可能性が高いとか。 所得税の「定率減税」も、 2007年廃止へ動き出した。 増税に踏み切る理由は、 景気回復の..
Weblog: 渋谷ではたらく税理士のつぶやき。
Tracked: 2005-10-31 13:12

税率を上げる「小さな政府」
Excerpt: 10月23日、谷垣禎一財務相は、民放のテレビ番組で、消費税の税率引き上げについて「(次の首相が)私かどうかは分からないが、誰になっても避けて通れない道と思う」とコメント
Weblog: ChainLife - 政治、経済、社会問題、テクノロジーを、紹介、分析、考察するブログ
Tracked: 2005-11-01 00:06

いよいよ大増税が始まるのか
Excerpt: 自民党圧勝の背景から最も懸念されていた増税論議がいよいよ活発になってきた。谷垣財
Weblog: 髭星人
Tracked: 2005-11-04 10:14

消費税アップの様相
Excerpt: 消費税が10〜15%になる。 最近そんなニュースがまことしやかに報道されている。 経済のプロ達のコメントでは消費税は15%以上にしないと国がやっていけないと口を揃える。 さすがに今の3倍に消費税を上げ..
Weblog: さる知恵
Tracked: 2005-11-04 13:13

増税だったら誰が首相になってもできる
Excerpt: 次の首相誰でも避けられず 消費税増税で財務相 谷垣財務相「IT投資減税、予定通り打ち切るべきだ」 定率減税の2007年廃止を提言へ・政府税調 次期首相との有力候補といわれている谷垣財務相と政..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2005-11-04 23:15

この記事は、一つの記事としてはほんの小さな扱いだが、日本経済にとっては大きな増税策である!
Excerpt: NTTと総務省、電話加入権当分廃止せず――税制改正案撤回へ(日本経済新聞) こんな記事が先日出ました。 ホント小さな記事でした。 小生も危うく見落とすところでした。 電話加入権は、..
Weblog: 話題沸騰☆税務と会計のビックリ箱〜埼玉県川越市の大林税務会計事務所です!
Tracked: 2005-11-06 15:49

マクロ経済って難しい??羊たちの税制??
Excerpt:  消費税アップ、負担増は避けられない、やむなし。  財政当局者が言うなら驚かないが、ブログをたどっても、恐らく一般の人の相当な数がこう言っているのだから、もうビ
Weblog: 踊る新聞屋??。
Tracked: 2005-11-06 22:03

政策対話編:税制改革について
Excerpt: 第1回のテーマを税制改革とした理由はなんですか? どの政策課題も、まだまだ論じら
Weblog: すばらしき新世界
Tracked: 2007-03-04 15:50

政策対話編:続続続続続・税制改革について
Excerpt: いや〜長かったですね。ここまでお付き合いくださった読者の皆様に感謝(笑) 本当で
Weblog: すばらしき新世界
Tracked: 2007-03-15 14:41

政策対話編:税制改革について
Excerpt: 第1回のテーマを税制改革とした理由はなんですか? どの政策課題も、まだまだ論じら
Weblog: すばらしき新世界
Tracked: 2007-08-21 19:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。