2005年11月08日

貧乏人ほどよく太る



娑婆では「下流社会」という本が売れているそうですが、地球の裏側までわざわざ取り寄せる気も起こらないので、内田樹先生のサイトの書評を参考に、勝手なことを書いてみます。

そりゃあもちろん表面的な豊かさにおいては私の住んでいるブラジルは日本の比ではありません。でもなんとなく似ているなあと思ったのが、「それのどこが貧乏やねん」というような、20年前だったら貧乏人とはいえなかったような貧乏人が増えているというところです。

もっともブラジルには本当に食えない人もたくさんいるのですが、それは置いておきます。

すると、一般的傾向として、金持ち階級より、貧乏人のほうが太っていることに気づきます。

食べるものについては、お金持ちは、有機栽培の野菜とか、塩分カロリー控えめとか、いろいろなオプションから選ぶことができます。ところが貧乏人は、とにかく安くて手間のかからないものしか買うことができません。そういうものは、とにかく高カロリーで、調味料も合成保存料も、着色料もがんがん使っています。そこに持ってきて、栄養についての基礎知識が欠けていますから、とにかくそんなものばかり食べるわけです。

また、余暇ともなればテレビばかり見て、ポテトチップやお菓子ばかり食べています。しかもこれらのジャンクフードはまともに食事をするよりはるかに安くておなかが一杯になります。これで太るなと言うほうが難しいくらいです。

アメリカもそうらしいのですが、これらのスナック菓子の種類の味の濃さ、一パッケージ当たりの量の多さは呆れるばかりです。こんなものを子供の頃から食べつけていて、親も無関心でいたならば、結果はどうなるか、おのずと明らかです。

また、コーラ等清涼飲料水の消費量も恐ろしいものがあります。スーパーとかに行くと、2リットルのペットボトルをカート一杯に買っている人たちがいたりして、この人たちの血はいったいなんでできているのかと思います。

当然、糖尿病や痛風など、大流行です。今では子供の糖尿病ですら珍しくありません。

でも、大菓子メーカー(ネスレとか)や、大飲料メーカー(コカコーラなど)の大資本に逆らってはブラジルのメディアもスーパーも生きていけませんから、ガンガンコマーシャルを流します。すると、貧乏な家庭の子ほどテレビの他にろくな娯楽はありませんから、ますます影響されてしまうわけです。

それに引き換え金持ち層は、余暇はスポーツクラブに通ったり、休日はアウトドア活動をしたりしています。実に健康的な生活です。野菜や魚などを食べる余裕が家計にはあります。


かたや貧乏人は、肉ばかり食べています。(輸入牛肉の値段を考えてみれば、外国ではいかに肉が安いかわかるでしょう)

スポーツクラブになど通えるわけもなく、ひたすらテレビを見ています。こっちの国には日曜日の午後3時から9時まで続くという、恐ろしいバラエティー番組があります。しかも、これが結構視聴率を稼ぐのです。

そして、ろくに本を読みません。たいていの家には聖書くらいしかありません。その他に活字といえば、テレビガイドの類です。ハードカバーは完全に、金持ちの娯楽です。



そういえば忘れていました。ブラジルと言えばサッカーです。この熱狂振りが半端ではありません。トーナメントで優勝したチームの応援団が街に出て乱暴狼藉を働くのはもはや日常茶飯事です。暴在阪球団のファンの騒ぎなんて、上品なものです。

でも、南米のサッカーはヨーロッパのそれと違って、強くなったのは、ほんの50年くらいの歴史でしかありません。サッカーの隆盛は、国策によって進められ、しかも中産階級の没落と軌を一にしているのです。

どこかの国と良く似ているじゃないですか。そのうち糖尿病患者と熱狂的なサッカーファンばかりになるのですよ。

banner_04.gif
おもしろかったらぜひ協力をお願いします。
この記事へのコメント
なるほど!

新自由主義政策の行き着く先は「糖尿病患者と熱狂的なサッカーファンばかり」の国ですか!
暗澹たる未来ですね・・・。
Posted by 喜八 at 2005年11月08日 16:50
落語ネタ
貧乏は良いよ〜、第一太らなくて良い。貧乏ひまんなしってね。
Posted by madoka at 2005年11月08日 21:06
喜八さん、こんにちは。
やはり喜八さんのように自分のできるスポーツをこつこつ実践していくことが必要ですよ。受け身の態度ではどうしても、流されちゃうような気がしています。
Posted by 非国際人 at 2005年11月09日 05:15
madokaさん、じゃなかった・・・
そこに座っているのはこん平師匠!
Posted by 非国際人 at 2005年11月09日 05:22
拝啓、おっしゃる通りです。
一般的に貧乏人が太っています。 草々
Posted by (^-^)カルス at 2007年01月16日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9088822

自民党は保守と決別を表明した!
Excerpt: 左翼化とアナーキーへの傾斜を強める小泉翼賛党ですが、竹中平蔵氏の公式サイトには、とうとう自民党が保守層と決別すると言う予告までが掲載され始めました。 小泉政権の変質と、日本国体制を無党派の支持により転..
Weblog: 三輪のレッドアラート!
Tracked: 2005-11-08 13:01

燃ゆる秋 落ちる私に 本の杖
Excerpt: ヘッドフォンがバカになっていたなと新しいモノを求める。安普請のマンションはヘッドフォンなしでは暮らせない。 ついでに本屋も覗く。高村薫の新作「新リア王」が平積みしてある。仰々しい装丁。日経連載を打ち..
Weblog: 玄耕庵日乗
Tracked: 2005-11-08 18:29

え?? 私も見てたのよ!
Excerpt:  今日は(といっても、もう昨日)、実家の法事でした。叔父や叔母が遠方から帰ってきたので、お昼は、回天の島、大津島の発射訓練基地が見える宿、只只 に行ってきました。徳山駅裏の大津島巡航で20分くらいで着..
Weblog: とくらBlog
Tracked: 2005-11-09 07:53

三浦展『下流社会』
Excerpt: ■三浦展『下流社会』(光文社新書)は、いまから ひとつきぐらいまえに 「「ジャスコ化」社会」で とりあげた、『ファスト風土化する日本―郊外化とその病理』の著者の新刊である。■「新たな階層集団の出現」と..
Weblog: タカマサのきまぐれ時評
Tracked: 2005-12-01 20:04

へー下流社会って
Excerpt: 【ファンキー通信】どんどん格差が広がっている!? 「下流社会」ってなんだ?それにしても日本はこの手の本すきだよな〜ためしに立ち読みしたがなんかいまいちなきがした。 内容は受けそうなこと書いてあったけ..
Weblog: 節約ニュース  〜四畳半の楽園〜  
Tracked: 2005-12-03 10:58

立ち読みで
Excerpt: 下流社会―新たな階層集団の出現【ファンキー通信】どんどん格差が広がっている!? 「下流社会」ってなんだ?立ち読みでみたけどわかりやすそうな本だったな。それ偏見じゃないのともおもったね。協力してね
Weblog: あわせて10万円のアフィリエイト入門〜とにかく私について来い〜
Tracked: 2005-12-03 11:06

「下流社会」の若者たち
Excerpt: 三浦展著「下流社会」(光文社新書)が売れているらしい。「下流」という言葉は、今や流行語になっています。この本自体はまぁ、軽〜い内容。タイトルのインパクトが全てと言ってもいいのではないでしょうか。 ..
Weblog: Make Your Peace
Tracked: 2005-12-19 22:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。