2005年11月08日

規範なき社会を目指すというのか



小泉首相は意地でも皇室典範を改定するつもりのようだが、私は全く支持できない。私は決して天皇崇拝主義者ではないが、世の中には守るべき規範というものがあってしかるべきだと思う。

規範のない国がどういう風になるか、それは三輪さん諸行無常さんが書くところの、中国や韓国の現状を考えてみれば良い。精神的支柱を失った国家は目的もないまま漂流するしかない。行き着くところは破壊と混乱があるだけだ。

実は私の住んでいるブラジルも、上述の点では非常に危機的である。細々とではあるが、一応カトリックの伝統があるのでかろうじて社会が機能してはいるが、貧民層を中心に、アメリカ発の個人主義的価値観と現世ご利益をベースにした新興宗教(プロテスタント系)が大流行である。(ご存知のように、かの国で宗教右派と呼ばれているのはこの系統である。日本の某学会とも良く似ている。)


「聖域なき構造改革」と言えば響きがいいが、小泉首相がやっていることはただの打ち壊しである。つまり、聖域なく=なんでもかんでもぶっ壊すと言っているのである。30年前のパンクロッカー、ジョニー・ロットンはあるまいし、やっていることがガキそのままだと思う。

もしかしたら、小泉首相自身が「日本ぶっ壊し」の使命を帯びて派遣された刺客であり、テロリストなのかもしれないとさえ思う。そして、彼は完全にその使命に酔っている。


何故そこまで言うのかというと、私は小泉首相が今回、皇室典範の改定を自分の私的諮問機関に諮り、通常国会で強行突破しようとしている、そのやり方に強い違和感を感じているからだ。そして、やむにやまれずご発言された三笠宮さまのご意見を一顧だにしなかった。つまり、宮さまに恥をかかせたわけであり、この態度に非常に高慢なものを感じるのだ。

思えばあの靖国参拝の中途半端さと根は一緒ではないのか。彼は日本の伝統を尊重する気概など初めから持っていないに違いない。このような軽薄な男をトップに抱く我々国民こそが、世界に対して恥ずかしい。

小泉首相がこの一連の破壊の果てにどんな日本を夢見ているのか。彼のしていることは破壊のための破壊であり、単なるアナーキズムではないのかと私は強く疑う。

そして、小泉首相の支持者にも言いたい。あなた方は単に破壊に酔っているだけなのだ。小泉首相が、何もできない弱い自分に成り代わって社会の悪をぶっ壊してくれるのが小気味いいだけだ。しかしそのうち、あなたの生活基盤そのものも、破壊されていたことに気づくだろう、きっと。

banner_04.gif
思うところがございましたらクリックを♪

この記事へのコメント
小泉・竹中政権と言うのは
死神と貧乏神の最強コンボです。
若者の仕事と意欲を奪い、少子化をさらに助長。中高年は次々に電車に飛び込んでいます。
Posted by くろ at 2005年11月14日 09:58
>くろ様
コメントありがとうございました。
まったくその通りですね。この事実を決して忘れてはいけないと思います。
Posted by 非国際人 at 2005年11月14日 22:55
トラックバック、ありがとうございます。
地球の反対側からの真摯なエントリー、折にふれ、拝読しております。
僕も決して天皇崇拝者ではないのですが、日本文化と天皇制は分ち難いものだという、全くの不案内ですが、認識は有しています。その点から考察された世論が、およそ見受けられないのはどうしたものでしょうか。不可解であり、不安です。
Posted by BLOG BLUES at 2005年12月06日 22:52
>BLOG BLUESさま
コメントありがとうございます。実は私、貴ブログの記事を読んで、ちょっと意外に思い、それからとても嬉しく感じてトラックバックさせていただきました。
意外に思ったというのは、それまでに書かれたものの切り口から考えて、当然天皇制にはご反対かなと思いこんでいたのですが、日本人としての心の問題と捕らえていらっしゃるとわかり、非常に嬉しく感じた次第です。
新聞に現れるような世論は、操作されている疑いがあります。本当の世論は、BLOG BLUESさんの記事と同じようなラインにあると私は考えています。
Posted by 非国際人 at 2005年12月07日 02:32
新エントリーの本文中でご紹介させていただきました。併せて、リンク貼らせていただきます。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted by BLOG BLUES at 2005年12月16日 20:15
やや、密かにこんなところに(笑)
ご丁寧にありがとうございます。これからもよろしくお願い申し上げます。
Posted by 非国際人 at 2005年12月20日 08:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9112409

自民党は保守と決別を表明した!
Excerpt: 左翼化とアナーキズムへの傾斜を強める小泉翼賛党ですが、竹中平蔵氏の公式サイトには、とうとう自民党が保守層と決別すると言う予告までが掲載され始めました。 小泉政権の変質と、日本国体制を無党派の支持により..
Weblog: 三輪のレッドアラート!
Tracked: 2005-11-08 21:58

第9号 三笠宮殿下、心労でご入院か
Excerpt: 国賊小泉よ、三笠宮殿下を入院にまで追い込むとは何たる事か!皇室を憂えるあまり、その心労にて倒れられたに違いない。何とお労しい。
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2005-11-09 00:01

女系天皇容認(2)
Excerpt: インテリぶった「暴走族」? 「女性天皇」と「女系天皇」の違いは、今も繰り返し説かれている。相変わらず国民的議論の「前提」が共有されていないという危機感が、その背景にはあるようだ。この問題に真摯に向き合..
Weblog: ブログ界の正論
Tracked: 2005-11-09 00:52

経済財政諮問会議の危うい規律(特別会計の分析・その1)
Excerpt: 内閣府の「経済財政諮問会議」は、14年度から「特別会計」問題に焦点を当てていた。 しかし、何故か、今は「政府系金融機関の再編問題」「公務員の総人件費問題」へとシフトした。 同諮問会議で、相当気..
Weblog: Web Trend Review
Tracked: 2005-11-09 17:17

第10号 三笠宮殿下ご退院
Excerpt: 7日からご入院されていた三笠宮殿下のご退院は、誠に喜ばしい事である。これにより、我々も気炎を上げて、皇室典範を捻じ曲げんとする逆賊共を糾弾していく必要がある。憂国烈士・愛国者と名乗るならば、この危急存..
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2005-11-09 17:57

第12号 緊急記事~皇室問題は政治問題か~
Excerpt: 宮内庁長官が腐った発言をしている。どこまで皇室を虚仮にすれば気が済むのか!筆者は、今までにないほどの怒りを抱きつつ、今回の記事を書いた。
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2005-11-11 01:36

うつしみ百一 ひつぎ
Excerpt:  ひつぎ 藩屏なく詔下し得ぬ朝に皇子もなきを危ぶむ天 晴れ冴えし空にも居むをかぎろへる  夕かげさすや代々の大海 愛植ゑつ常生ひ分けり練れる地を  通す魔故舞ひ散らせぬ圍炉裏 はんへいなくみこ..
Weblog: いろは 伊呂波 IROHA
Tracked: 2005-11-13 00:07

不文憲法としての皇室典範
Excerpt: 大日本帝国憲法時代、皇室典範は帝国憲法を構成する一部となっていました。 すなわち「大日本帝国憲法」という憲法典と「皇室典範」という法が 憲法を構成していたことになります。 そもそも憲法とは「..
Weblog: 社稷の臣たるを知る
Tracked: 2005-11-24 01:52

新自由主義の行く末は
Excerpt: 今年5月に学会発表をするためにシカゴ(Chicago)に行った際、帰りにサンディ
Weblog: 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
Tracked: 2005-11-25 10:09

女系天皇問題は小泉首相の一人芝居・天皇廃絶を企図するフェミニズム報告書
Excerpt: 昨日、小泉首相に「皇室典範に関する有識者会議」の最終報告書が提出されましたが、今回はそれについての批判の声を紹介します。 ※何か新しいニュース等があれば追記していきます
Weblog: 新・へっぽこ時事放談
Tracked: 2005-11-29 20:05

天皇問題 ごりごり??
Excerpt:  本日のものも、門外漢・浅学非才の身として「自信とぼしき主張」である。はじめにはっきり、お断りしておく。  まず、もし結論先にありきで、「女系はダメ」だとして、皇族に男性が(特にお若い男性が)いらっ..
Weblog: 時事問題ショートコメント!
Tracked: 2005-11-30 03:28

神武天皇のY染色体をもつ立花隆氏を天皇に!
Excerpt: 私の本名のほうの家名は橘だが、系図によると、橘家は敏達天皇(推古天皇の兄)からでたことになっている。ということは、系図を信ずれば、私の血にも神武天皇のY染色体が流れているということなのである。この一事..
Weblog: Y染色体の使者
Tracked: 2005-12-01 06:10

ネット投票から推定した世論 〜皇位継承を考える(9)〜
Excerpt: ↓ネット世論がどんなものか、ネット投票で確認。 《皇位継承あなたの意見は?》 〔シリーズ:皇位継承を考える〕 《皇位継承を考える(1)万世一系の天皇と国家》 《皇位継承を??
Weblog: 時事評論@和の空間
Tracked: 2005-12-02 07:14

「皇室典範を考える集い」に行ってきた。
Excerpt: 「皇室典範を考える集い−「有識者会議」の見識を問う−」 11月30日(水)場所は、虎ノ門の駅から5分、ニッショーホール(日本消防会館)が会場、この会場の直ぐ隣の道は、仕事で通るので直ぐに分かった..
Weblog: 憂国、喝!
Tracked: 2005-12-02 19:35

私にも一言: 皇室典範改定に待った!女系天皇の導入には反対だ!
Excerpt: 私は,個人的には多分反天皇主義者なのではないか?と思っているのだが,確信はない.現時点において天皇制を廃止する特段の理由は見当たらないし,メリットもないと感じているばかりでなく,もしそのようなことがあ..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2005-12-05 10:05

立花隆:女性天皇・女系天皇の是非問う
Excerpt:  立花さん、小泉氏の正体を見誤った頃から、どうもキレがないように思います。 今回のは特にだらだらと長く、総合的俯瞰的な視野に欠けるように思います。 天皇家の問題を安直に扱うと、後で大変な結果を招きはし..
Weblog: すーさん’s アイ
Tracked: 2005-12-06 12:39

女系容認は天皇民営化
Excerpt: 国民の多くが女系天皇容認というが、本当だろうか。とても信じられない。 郵政民営化と同様、政府、マスコミが一体となったプロパガンダに、事の本質を 目隠しされたまま、口当たりのよい言葉に乗せられている..
Weblog: BLOG BLUES
Tracked: 2005-12-06 22:41

女系天皇問題
Excerpt:  家系図からみると女系天皇を認めることは、天皇制の瓦解を意味するそうだ。 「エクソダス2005《脱米救国》国民運動」さんのエントリーを見ると分かる。 「すべての(少なくともほとんどの)日本国民は潜在..
Weblog: あくてぃぶ・そなあ
Tracked: 2005-12-07 15:36

精神的「要」の破壊
Excerpt: 戦後の日本人にとって、精神的「要」ってなんだったんでしょう。戦争に敗れ、荒野は荒れ果て、GHQによる支配を受けながらも、力強く復興を遂げてきた。私は、その精神的要の土台が道徳心だったのではないかと思い..
Weblog: 小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
Tracked: 2005-12-08 21:06

新自由主義は国富を奪い文化を奪う
Excerpt: ブログ界の星一徹、「非国際人養成ギブス」じゃなかった、 「非国際人養成講座」から、「女系容認は天皇民営化」に対してTBを いただいた。「規範なき社会を目指すというのか」と題されたエントリーです。 ..
Weblog: BLOG BLUES
Tracked: 2005-12-16 20:06

はじめに
Excerpt:  皇室典範会議から報告書が出され、近い内に国会への改正案提出に向けて準備に入った...
Weblog: 皇統断絶問題TBセンター
Tracked: 2005-12-18 01:16

つらい夕暮れが今日もまたやって来るぜ
Excerpt: 昨夜、定刻少し前に「檸檬屋新宿」の扉を開けた。ガーン、「電脳キツネ目組」の 宮崎組長をはじめ、店主の旧友たち、第1次早大闘争を闘った古強者どもが、ズラリ、 陣取っておるではないか。とてもじゃないが..
Weblog: BLOG BLUES
Tracked: 2005-12-22 17:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。