2005年11月12日

右も左もサル山ばかり



表題がすべてである。以下は蛇足でしかない。



十年前の私たちは、今よりバリバリに仕事ができた。しかも正義感だった。夜遅くまで働いているくせに、それからガンガン酒を飲んで議論したものだ。

「だってねー○○さん!おっかしーじゃないですか?
「納得いきませんよぉ!」

そんな私たちによくお酒をご馳走してくれたS課長の表情は、いつももうもうたる煙草の煙と酔いとではっきりとは見えなかったが、最後には決まって、自分に言い聞かせるようにうなづきながらこう言うのだった。

サルの世界だよ
と・・・

しかしそう教えてくれたS課長は、私がブラジルに行っている間にココロの病にかかってしまい、今は会社を長期休業中だ。

そして私は、いつの間にか最初から落としどころを見定めて、手抜きで仕事することを覚えていた。


上手にサルを演じることは、意外と難しいものである。


banner_04.gif
が、できたらランキングをチェックしていただければ言うことはない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ご迷惑をおかけして申し訳ありません
Excerpt: 少し時間が出来ましたので、漫画喫茶から失礼します。 この度の私の感情的発言が、なにやら同盟外でも取り上げられてしまったようで、その影響については責任の取りようもなく遺憾に思っております。 しか..
Weblog: 玄耕庵日乗
Tracked: 2005-11-13 01:33