2005年11月16日

紀宮さまご結婚について思う



大変畏れ多いことではあるが、皇太子さま、秋篠宮さま、紀宮さまの三兄弟は私とほとんど同世代なので非常に親近感を感じている。しかも、奇しくもご三人とも私と変わらぬ「晩婚」であられたのでますます他人のような気がしない。もっとも私の場合、単に相手がいなかっただけなのであるが、ご三人の場合は、ご成長の過程において皇室というものについての世間一般のとらえ方がずいぶん変わったであろうし、また、ちょうど適齢期に差し掛かった頃先帝陛下の崩御等のこともあって、その苦労たるものは庶民たる私などの及びもつかないものであったと思われる。

ここで庶民の生の声を言わせていただくなら、紀宮様のご成婚に関しては、庶民一同本当に「良かったね〜」と心から安堵の声を上げていたと付け加えておきたい。率直な話、心配だったのである。紀宮様は一億国民にとって、河合奈保子なんかよりずっと前から「心の中の妹」であられたのである。


今日のお昼時、たまたま家にいたので(11時間遅れの)NHKテレビを見たらちょうど紀宮様の結婚式の様子を放映していた。率直に思ったことを申し上げるなら、

ああこれがやっぱり日本人なのだ

ということだ。そりゃあ皇太子様も秋篠宮様もそれなりに立派な教育を受けられているのだが、どうも言動に、なんとなしに時代の影響というものが感じられたものである。その点紀宮様は、立ち居振る舞い、受答え極めてオーソドックスであったと思う。

時代に流れに対応しようと、どちらかというと背伸びされがちだったお二人の兄とは反対に、敢えて控えめな演出をすることによって、変わらない伝統の強さを私たちにお示しになられたと言える。

まあいろんな受け取り方があるだろうが、私はそう感じたのである。


でも本当のことを言うと、私もかつては天皇家のような特権的な家系がこの日本に存在してはいけないのではないかと思っていたものである。かつて共産党のシンパでもあった父が、いつの間にか正月二日の一般参賀を楽しみにするようになっていたのを心から軽蔑していたものである。

ところが今日の紀宮様を見て思ったのは、やはり天皇家は日本にとってなくてはならない存在であるということであった。(いつからかは知らぬが)古の時代から変わらずめんめんと受け継がれてきたわが国の伝統を体現する家系が一つくらい存在してもいいではないかということであった。

皇室崇拝はアナクロニズムなどでは決してない。規範というものが存在しない現在だからこそ我々は皇室を必要としているのである。我々にとって、単なる思想の輸入品に過ぎない、民主主義などという安っぽいしろもので代用できるものでは決してないと思う。


ところで、話は戻るが、紀宮様の披露宴テレビ中継を見た感想を述べたい。

地味だ

ご両親への花束贈呈とか、来賓代表による演芸大会とかをやれというのでは別にないが、もっと華やかでもバチはあたらないであろう。それに、あれでは天皇陛下も皇后陛下も扱いが一般人と変わらないではないか。

まあ想像するに、過剰な演出は両陛下の好まれるところでなないと拝察される。この控えめさは、個人的には非常に好ましく思うのだが、一方非常に危なっかしいものを感じてしまう。本当は言葉にするのも憚れるのだが、皇室制度は風雲の灯火ではないかとさえ思ってしまうのだ。

何たる偶然か、皇室典範の改定作業が進んでいると聞く。このめでたい時期を選んでわざとやっているのかと思うと、心のまったく晴れることがない。


しかしその話と宮様のお幸せはまた別の話である。
どうかお幸せに。大多数の国民が心よりそう思っているはずだ。

banner_04.gif
紀宮様の末長きお幸せをお祈りして。

この記事へのコメント
>地味だ → 皇室制度は風雲の灯火ではないかとさえ思ってしまうのだ。

海外の派手至上主義に染まってませぬか?
あれこそ日本人の伝統的な美意識そのものだったのですが・・・。
確かに地味に見えるかもしれませんが、あの純白のドレスといい、
式に出席された皇族方のドレスといい、デザインこそシンプル(is best)
ですが、その素材は最高級の絹織物であることが見て取れ、
成金趣味の派手さとは対極の品格を見事に示した・・・として
国内では高評価なんですけどね。外国の価値観では只の「地味」
になってしまうんですね。

もちろん、それにおもねる皇室ではありませんし、大多数の
日本人も、その品格と価値観に敬意を感じていますので、
日本の文化は安泰なのですけどね。




Posted by 玄米茶 at 2005年11月17日 00:52
玄米茶さま、コメントありがとうございました。
ご指摘本当にありがとうございました。そうでなかったら、一生勘違いし続ける所でした(汗)

派手な演出の小泉劇場を意識する余り、私自身ミイラ取りがミイラになっていたように感じます。全く恥ずかしい限りです。
ただ正直な話をしますと、テレビの画面からは私の眼力では高級感を見て取ることができませんでした。開き直るわけではないんですけど、これって別の意味で危機なのでは・・・?
Posted by 非国際人 at 2005年11月17日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

皇女降り嫁ぎて
Excerpt: 皇女降り嫁ぎて 落ち葉やすらかに 萌え初む世を知ろせ 譽れ醉ふ今朝の 泡寝ぬ名韻結へ ひめみこくたりとつきておちはやすらかにもえそむ よをやはせほまれゑふけさのあわねぬなゐんゆへ 「黒田清子」さん..
Weblog: いろは 伊呂波 IROHA
Tracked: 2005-11-16 16:26

【祝】紀宮さま、ご結婚
Excerpt: どの局でもずっと放映でしたねw 紀宮様ってぱっと見、ちょっと地味??っていっつも思ってたんですが ドレスを着てた時の紀宮様はめっちゃ綺麗でした。 綺麗というか、上品ですな。 うーん、セレブ..
Weblog: レブまで回して。
Tracked: 2005-11-17 18:09

洗脳の手法を利用した女系天皇容認論
Excerpt: 天皇制まで民営化する気なのか? 小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会
Weblog: 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
Tracked: 2005-11-29 09:12

【みんなの】皇統を絶やさないために【知恵と力を貸してください】
Excerpt: 有志ブロガーの皆さんとと相談して、『正統な男系継承を守るため』皇室典範改正問題に...
Weblog: Let's blow!毒吐き@てっく
Tracked: 2005-12-05 05:46

第27号 皇統断絶に対して、声をあげよう
Excerpt: 皇統断絶問題TBセンターの立ち上げが決まったようだ。構築が始まったばかりなので、TB送信を焦る気持ちは理解できるが、もう少しご辛抱願いたい。この問題が、広く議論される事を説に願う。
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2005-12-05 14:52

第29号 皇統断絶問題TBセンター始動
Excerpt: このほど、計画されていた皇統断絶問題TBセンターが本格的に始動した。ブロガー諸氏におかれては、その思いの丈を込めてTBセンターに送信していただきたい。
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2005-12-08 01:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。