2006年07月30日

イスラエルは本当に勝っているのか

走り書きです。

レバノンではイスラエルが驀進中で、とにかくレバノン人が可哀想だという報道ばかりがなされています。

ところが国際戦略コラムとかを読むと、イスラエルは攻め込んではいるものの、決して圧勝とは言えず、攻めれば攻めるほど泥沼にはまるばかり。つまり負けに近い状況だといっています。

続きを読む
posted by 非国際人 at 02:21 | Comment(2) | TrackBack(4) | イスラエル・アラブ・イラン
2006年07月27日

レバノンも北朝鮮も、最初から仕組まれていていたのだ。

北朝鮮問題と靖国問題、そして欽ちゃん球団の存続問題ですっかり注意がお留守になっている隙に、中東情勢はどんどん話が先に進んでいます。

中東は、レバノンはどうなっているのか。ブロガーの皆さん、日経新聞なんて所詮株屋の提灯持ち新聞の、スキャンダル暴きなんてどうでもいいことは止めて、さっさと中東に目を向けてください。日本の危機の原型がそこにあるのですよ!

続きを読む
2006年07月20日

イスラエル レバノン南部に地上部隊が侵攻

こいつらバカですか。自分たちのしていることがどういうことかわかっているのですか。

もっとも日本だって、レバノンみたいにならないという保証はないわけですけれども。

続きを読む
posted by 非国際人 at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(3) | イスラエル・アラブ・イラン
2006年07月19日

北朝鮮じゃなくて、本命はイランでしょ

やっぱり中東問題でしょ。もうどこを読んでもまともに解説してくれてないので、すごく困っちゃいます。

ただ大事なのは、世界の大多数にとっては北朝鮮のミサイル問題は脇役に過ぎないということです。主役はやはり中東。北朝鮮はうるさいハエ。日本?そんなことくらい自分で解決してくれって感じ。

続きを読む
posted by 非国際人 at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(9) | イスラエル・アラブ・イラン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。