2005年12月09日

皇室問題を考えるところです

すでにご存知の方も多いと思いますが、皇室断絶問題TBセンターが開設されています。この趣旨は、このたびの皇室典範改正問題を機に、みんなで広くこの問題について勉強し、論じ合おうということです。今までは、個々のブロガーが単独で論陣を張っているという状態だったのですが、これからはこの問題に関心を持つ方はここに見に行くだけで、一度に大変有益な情報を得ることが可能になります。もうかなりのブロガーが参加しており、なかなか壮観です。デザインも落ちついた感じで、行くだけでも気分が和みます(笑)。一人でも多くの人たちにこの問題について関心を持っていただきたいと思います。続きを読む
posted by 非国際人 at 02:39 | Comment(2) | TrackBack(9) | 皇室関係
2005年12月02日

過剰な狂騒の裏側にあるもの

強度偽装問題。もちろんこれ自体とんでもない事件だと思うのだが、私が素直でないせいか、妙に勘繰ってしまうのだ。つまりこのように、誰も反論できないような明らかな正義を振りかざしてマスコミが一斉に騒ぎだす時は、陰で何か仕組まれているのではないかと思ってしまうのだ。

続きを読む
posted by 非国際人 at 03:39 | Comment(9) | TrackBack(21) | 皇室関係
2005年11月16日

紀宮さまご結婚について思う

大変畏れ多いことではあるが、皇太子さま、秋篠宮さま、紀宮さまの三兄弟は私とほとんど同世代なので非常に親近感を感じている。しかも、奇しくもご三人とも私と変わらぬ「晩婚」であられたのでますます他人のような気がしない。もっとも私の場合、単に相手がいなかっただけなのであるが、ご三人の場合は、ご成長の過程において皇室というものについての世間一般のとらえ方がずいぶん変わったであろうし、また、ちょうど適齢期に差し掛かった頃先帝陛下の崩御等のこともあって、その苦労たるものは庶民たる私などの及びもつかないものであったと思われる。

続きを読む
posted by 非国際人 at 02:06 | Comment(2) | TrackBack(6) | 皇室関係
2005年11月08日

規範なき社会を目指すというのか

小泉首相は意地でも皇室典範を改定するつもりのようだが、私は全く支持できない。私は決して天皇崇拝主義者ではないが、世の中には守るべき規範というものがあってしかるべきだと思う。続きを読む
posted by 非国際人 at 21:24 | Comment(6) | TrackBack(22) | 皇室関係
2005年11月03日

広く皇室問題を論ずるべし

来る日も来る日もいい加減な事ばかり書き散らしているようだが、こう見えても私は愛国者なのである。「非国際人」と名乗っているのは、「国際人」という言葉の、中身のない軽薄な響きが嫌いだからである。国際人を名乗る前に、お前は何人なんだと聞きたいからである。いくら英語が達者だからといって、自分のルーツを持たない、無色透明の「国際人」の話に耳を傾けるほど、世界中の人は暇ではないのだ。

さてそこで、皇室問題である。続きを読む
posted by 非国際人 at 21:28 | Comment(4) | TrackBack(16) | 皇室関係

皇室問題・米軍基地・創価学会

気になることは沢山あるのですが、時間がないので走り書き。続きを読む
posted by 非国際人 at 11:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 皇室関係

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。