2006年09月09日

人身売買国家日本だって知ってました?

日本は世界的に人身売買の被害者を多く受け入れている国の一つであるという話です。

別に人身売買に関心があったわけではないのですが、何気なく開いた、全然関係ないメルマガでそのことを知ってしまいました。すごくびっくりしてしまいましたので、是非とも皆さんにご紹介したいと思います。

続きを読む
posted by 非国際人 at 07:54 | Comment(5) | TrackBack(8) | 非国際人講座
2006年09月05日

引きこもりは決して他人事じゃない

引きこもりという個人に対して発生する問題と、日本「国」の問題とは全く別次元のようで、実は密接に関係しているのではないかと常々思っているのですが、何分テーマが壮大なのでそんな大論文を書き上げる余裕なんてありません。

簡単に言いますと、日本国民全体が軽い引きこもり状態にあると思っています。そしてその症状は、文化人も政治家も外交官も何らかの形で共有していると考えています。

続きを読む
posted by 非国際人 at 04:00 | Comment(1) | TrackBack(15) | 非国際人講座
2006年08月20日

あえて要領の悪い生き方を選んでみる勇気

こうして私たちは毎日のように政治ブログを書いては誰かを批判しているわけですが、実は、人を批判することほど容易いことはありません。時には、批判される側に回る勇気も必要ではと思います。

一億総評論家時代といわれて久しいです。誰もが批判されることを恐れて、常に外側から事態を眺めています。

続きを読む
posted by 非国際人 at 12:02 | Comment(2) | TrackBack(4) | 非国際人講座
2006年08月16日

不毛の地に知の果実が実るとき

前回書いた、表と裏の話ですが、この両者の緊張関係が成り立つためには、表がちゃんとしていなければならないわけですが、日本ではこれが壊滅状態なわけです。それは確かに、潰されたという側面もあったわけですけど、それ以上に、自滅という感もあります。

しかし、国民の知的レベルがこのままで推移するならば、立て直すのも容易ではないでしょう。

続きを読む
posted by 非国際人 at 12:05 | Comment(2) | TrackBack(4) | 非国際人講座
2006年08月04日

歴史と伝統の継承 その重要性を論ず

前のエントリーで私が言いたかったことは、英語を話す以前にちゃんとしたものの考え方をマスターすることが大切だということでした。

つまり、よく言われるように、英語を習う前にまず日本語を習得せよということです。


続きを読む
posted by 非国際人 at 05:18 | Comment(2) | TrackBack(12) | 非国際人講座
2006年08月03日

英語で何を話すか、それが問題なのだ

英語ができさえすれば国際人だ。私が非国際人という言葉を発明したのは、こういう風潮に対する反発の気持ちがありました。

外国語なんて、極端な話専門家に任せておけばいいのです。言葉は手段であり、目的ではないのです。かつて非常に英語の堪能な総理大臣がおられましたが、その英語の技能と政治能力とは全く関係がなさそうに思えました。続きを読む
posted by 非国際人 at 06:12 | Comment(10) | TrackBack(7) | 非国際人講座
2006年08月01日

人材育成が日本の一番の課題

さて、当ブログでは、復帰後約一ヶ月間、平日はほぼ毎日時事ニュースを中心としていろいろとお送りしてきたわけです。

が、自分で、どうも違うだろうって気がしてきました。

続きを読む
posted by 非国際人 at 08:53 | Comment(2) | TrackBack(2) | 非国際人講座

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。