2006年08月09日

麻生太郎氏の靖国私案 脱宗教国家ニッポンへの道

麻生太郎外務大臣が靖国問題について論文を発表されましたね。もうちょっと原理原則を大切にされるか方かと思いましたが、形容詞を外してみるといささか軽いなあと思ったりします。

吉田茂元首相のお孫さんにして、日本のエスタブリッシュを代表するこの人にはもうちょっと違うものを期待していたのですが・・・



続きを読む
posted by 非国際人 at 06:07 | Comment(3) | TrackBack(5) | 日本の政治
2006年08月08日

田中康夫は敗れ、長野県の冒険は終わった

田中康夫というちょっと変わったことが好きなだけの男のペテンに引っかかって、6年間という貴重な年月を無駄に費やしてしまった長野県民の皆様に、私は心より同情申し上げます。

また、それ以外の国民の皆様にも、田中康夫のような輩は相手にしないよう、十分に注意していただきたいと思うわけであります。


続きを読む
posted by 非国際人 at 06:16 | Comment(4) | TrackBack(15) | 日本の政治
2006年08月04日

田中角栄の逮捕から三十年目、日本は亡国の道を歩むのか

もう三十年も経つのですね。ずいぶん昔の話になってしまいました。しかし、まだ事実は私たちに知らされていません。

とは言え、真実はみんながすでに知っています。角栄はただの金の亡者ではありませんでした。我々凡人より、はるかに先を見ていたのです。ただ、あまりに先が見えたのでその価値が誰にもわからなかったのです。続きを読む
posted by 非国際人 at 08:33 | Comment(11) | TrackBack(3) | 日本の政治
2006年07月28日

谷垣財務相が総裁選出馬 総裁選実質スタート

まあ小泉さんもドンキホーテと言われながら3度目の正直で総裁になったわけですから、無駄とは言いません。でもなんだか、知事選で与野党相乗りの候補に共産党が挑戦するような空しさを感じてしまうのは私だけでしょうか。


続きを読む
posted by 非国際人 at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(23) | 日本の政治
2006年07月20日

森田先生と副島隆彦氏の新著が出ました

moritasoejima.jpg尊敬する政治評論家の森田実先生と副島隆彦氏との共著「アメリカに食い尽くされる日本」が発売になりました。


これは是非、私も取り寄せなければなりません。
続きを読む
posted by 非国際人 at 21:48 | Comment(6) | TrackBack(4) | 日本の政治

小沢一郎、敵基地攻撃論を批判

どんなにぼろくそに叩かれようが、どんなに嘲笑されようが、私は小沢さんを応援します。彼が政治家である限り、彼が何を目指しているのか、追い続けたいと思います。

この記事なんかも、なんだか半分小ばかにしたような気もします。悪意の印象操作を感じます。

続きを読む
posted by 非国際人 at 08:15 | Comment(1) | TrackBack(2) | 日本の政治
2006年07月19日

城内実さんのブログを読みました

ブログをやっていらっしゃるとは聞いていたのですが、初めて読んでみました。城内 実ブログ

なかなかいいこと仰ってます。普通は、政治家の発言というと割り引いて読んでしまうのですが、この人の場合ちゃんとスジを通された方ですからね。

続きを読む
posted by 非国際人 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の政治
2005年10月26日

コメントへ応答(田中角栄の再評価)

10月21日付エントリー「田中角栄の再評価」に対し大勢の方にアクセスいただき大変ありがとうございました。薄っぺらな内容の割に(このブログとしては)アクセス数の多さにびっくりしております。遅くなりましたがいただきましたコメントに対してこのエントリーにてお返事させていただきます。

続きを読む
posted by 非国際人 at 01:19 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日本の政治
2005年10月21日

田中角栄の再評価

小泉首相ならびにその追随者たちの推し進める新自由主義を打破するために、今こそ田中角栄を再評価しようじゃないかという趣旨である。Speak Easy社会の真名さんがここに熱いエントリーを書かれているので、非力な非国際人でもその意気に応えたいと思う。

続きを読む
posted by 非国際人 at 04:25 | Comment(3) | TrackBack(12) | 日本の政治
2005年10月04日

再び自立する日本

森田実さんのサイトが大変すばらしい。特に、選挙後はますます舌鋒が冴えている感がある。氏は終戦時に中学一年だったと言うから、73歳か4歳。とてもそんな歳には思えない情熱である。

続きを読む
posted by 非国際人 at 21:02 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日本の政治
2005年09月28日

労使協調というペテン

そぞろ日記のエントリーで、トヨタの今回の選挙への異様なまでのいれ込みについての記事を読んだが、今日の森田実氏のサイトでも同じようなことが書いてあった。要約すると、トヨタのある愛知県は従来民主王国であったが、今回トヨタの、グループぐるみの運動で自民党が圧勝したというものである。

続きを読む
posted by 非国際人 at 02:51 | Comment(2) | TrackBack(2) | 日本の政治
2005年09月25日

後藤田さんの評価

9月19日死去。享年91歳でした。同じ時期になくなった中内さんと一緒に引き合いに出して、「一つの時代が終わった」などときれいに締めくくるのが優等生的なブログ作法なのだろうが、あいにくそうは行かない。

続きを読む
posted by 非国際人 at 13:36 | Comment(2) | TrackBack(4) | 日本の政治
2005年09月23日

猿マネの国、ニッポン

SYNCHRONICITYとでも言うのだろうか。つい最近、全くばらばらに届いた情報の断片が、同じ一つのテーマを異なる角度で語っていたことに気づいた。ニュースの発信元は、ニジェール、カメルーン、そしてわが日本である。

続きを読む
posted by 非国際人 at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の政治
2005年09月19日

秀才たちの選択

なにしろサンデープロジェクトも見ることができない世界の僻地に住んでおります関係で、大変情報が不足しています。が、とりあえず地球の裏側にいても、民主党の新しい党首が選ばれたことくらいはわかりました。続きを読む
posted by 非国際人 at 10:25 | Comment(2) | TrackBack(5) | 日本の政治
2005年09月16日

森田さんは立派だ

森田実さんは、昔は良くテレビに出ていた。10年くらい前、日本テレビの「ズームイン!朝」の前の番組だから6時半ごろ、毎朝、一言コメントみたいなことをしていた。フジテレビの「目覚ましテレビ」にも出ていたことがあったと思う。続きを読む
posted by 非国際人 at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日本の政治

ビルの谷間で生きていけばいい

選挙が終わってだんだん頭も冷えてきた。いつまでも小泉首相に憎しみをぶつけている場合ではない。我々は今こそ置かれた状況を冷静に分析する必要がある。

続きを読む
posted by 非国際人 at 07:51 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日本の政治
2005年09月15日

康夫ちゃんの野望:とんだ茶番劇

田中康夫という人は、左右の違いはあるものの、大学の先輩である石原慎太郎のようなポジションを狙っているのではないかと思える。政治の泥臭い世界とは関係ないような涼しい顔をして、わざとらしく局外中立を装い、見方によってはどうとでも取れるような曖昧な言辞を弄し、続きを読む
posted by 非国際人 at 03:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の政治
2005年09月14日

昆虫並みの脳みそと言うな

もういい加減政治の話は止めようと思いつつ、まだ書いている。ニュースを見ると、中曽根のボンボンが賛成派に寝返ったとか、政権支持率がまた上がったとか、はらわたの煮え返るようなニュースばかりである。野田聖子の自民復帰・入閣なんて説まである。しかしもっと腹の立つことが二つある。それは、続きを読む
posted by 非国際人 at 01:48 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日本の政治
2005年09月13日

ブログは民主主義を救うのか?

結論から言ってしまうと、そんな甘いもんじゃないと思う。例えば、考えてみて欲しい。今後ますますネットが発達したとして(もう飽和点にあるような気もするが・・・)有権者が全員ネットから情報を取るような時代が来ると思うか?
続きを読む
posted by 非国際人 at 04:33 | Comment(6) | TrackBack(5) | 日本の政治

我先にと、勝ち馬に・・・

選挙が終わった。しかしあらかた予想していたことだが、これほどとは思わなかった。日本を離れて6年、これほど日本が遠く思えたことはなかった。テレビに流れる、地球の裏側の選挙速報がまるで作り物のように見えた。それくらいリアリティーが希薄だった。
続きを読む
posted by 非国際人 at 02:39 | Comment(4) | TrackBack(10) | 日本の政治

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。